| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

元・無愛着児童の置手紙「あの集団生活を通して、今わたしは一般社会での「集団性」を会得したと思えない」

集団生活について整理した事

 #今日は慣れない「です・ます調」で。
スポンサーサイト

≫ 続きを読む

| └ スタンス | 10時49分 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かつて捨てられた命が生き延びる事が罪であると蔑まれても生き延びたい気持ちを削ぐことはできなかった

 他人の承認のあやふやさ・・・

 職場で先輩から言われた事がある。自分の育ちを休憩時間に思わず打ち明けた事への彼の反応・・・。理系職場は身も蓋もない面があり嫌な自称(履歴書も)エリートも多かった。

 「動物の世界じゃ、親が育てなかったらすぐ死ぬよね、それで君は自然淘汰という考えからすれば、神の計画に逆らい生き延びる事が罪に感じない?」と。

 どうやら、生物の一般的な進化の事と、神の計画をごっちゃにしてる先輩の事は放っておいても、その先にある言いたい事というのはなんとなく、浮かんできた。付き合わなくて良かったと思える男だ。

 わたしは「生き延びられた命というのは、新しい環境に馴染んでゆく順応性」だと思っているので、彼の堅苦しい凍りづいた尺度では、思考を広げる事ができなかった。

 「君はここで生き延びたかもしれないが、その報いで、君は必ずすぐに命を落とすか、短い一生を終える。それが君の罪と報い・・・」彼は自然の摂理に合わない行動をして生き延びた命は、その時生き延びても結局、短命に終わるので、全体的には神により、常にコントロールされていると。

 職場の先輩はわざと言ったのだと思う。彼は家庭で傷ついた人かもしれない、彼の言葉には歪みがあった。彼は、捨てられているわたしの態度を知りたかったんだと思う。でもわたしは彼に情報になるような態度を見せなかった。当時は整理もしてない、単に、施設で育った事しか言えなかった。
   

≫ 続きを読む

| └ スタンス | 10時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子どもが性的対象になるコミックなどを子どもの目に触れさせない条例について賛成

スタンス-2010

 ソース元 ○東京都青少年の健全な育成に関する条例


(不健全な図書類等の指定)
第八条 知事は、次に掲げるものを青少年の健全な育成を阻害するものとして指定することができる。
一 販売され、若しくは頒布され、又は閲覧若しくは観覧に供されている図書類又は映画等で、その内容が、青少年に対し、著しく性的感情を刺激し、甚だしく残虐性を助長し、又は著しく自殺若しくは犯罪を誘発するものとして、東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるもの
二 販売され、又は頒布されているがん具類で、その構造又は機能が東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるもの
三 販売され、又は頒布されている刃物で、その構造又は機能が東京都規則で定める基準に該当し、青少年又はその他の者の生命又は身体に対し、危険又は被害を誘発するおそれがあると認められるもの
2 前項の指定は、指定するものの名称、指定の理由その他必要な事項を告示することによつてこれを行わなければならない。
3 知事は、前二項の規定により指定したときは、直ちに関係者にこの旨を周知しなければならない。
(平一三条例三〇・平一六条例四三・一部改正)
(指定図書類の販売等の制限)
第九条 図書類の販売又は貸付けを業とする者及びその代理人、使用人その他の従業者並びに営業に関して図書類を頒布する者及びその代理人、使用人その他の従業者(以下「図書類販売業者等」という。)は、前条第一項第一号の規定により知事が指定した図書類(以下「指定図書類」という。)を青少年に販売し、頒布し、又は貸し付けてはならない。
2 図書類の販売又は貸付けを業とする者及び営業に関して図書類を頒布する者は、指定図書類を陳列するとき(自動販売機等により図書類を販売し、又は貸し付ける場合を除く。以下この条において同じ。)は、青少年が閲覧できないように東京都規則で定める方法により包装しなければならない。
3 図書類販売業者等は、指定図書類を陳列するときは、東京都規則で定めるところにより当該指定図書類を他の図書類と明確に区分し、営業の場所の容易に監視することのできる場所に置かなければならない。
4 何人も、青少年に指定図書類を閲覧させ、又は観覧させないように努めなければならない。
(平四条例一九・平一三条例三〇・平一六条例四三・一部改正)


≫ 続きを読む

| └ スタンス | 06時36分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

加害児童は児童養護施設内虐待を語れないと思う

スタンス

 施設での虐待の連鎖の特徴

 わたしが施設にいた頃、暴力行為、精神的な暴力、性的な暴力、が、職員から児童、児童から年下児童、そして年下児童が年長者になった時など、施設内虐待の連鎖がごく普通にあった。

 施設の子の虐待の連鎖は施設にいる間に起こりやすいが、家庭内虐待の子の虐待の連鎖は、当人が親の年齢になった時に問題化・表面化するのだと思う。被害者から加害者になっていく経過の時間が、大きく隔たっている。

 施設内虐待は、いわゆる児童間暴力という名の連鎖に陥り易く、非常にそのリスクが高い。上級生はたいがい小さな子を使って自分の事を無自覚に語ろうとする。

 なので施設内の場合は、児童間暴力というよりは、上級生から下級生への虐待の連鎖なのだという捉え方をした方が分かりやすい。

 家庭の子は明らかに養育者である大人からの虐待なので、幼い自分として被害者の立場で語れるが、しかし施設の子は、自分が上級生から何を受けたか無自覚なまま、加害者となる。つまり、施設児童の場合は、同じ場所に住みながら、加害と被害を同時に合わせ持ってしまっている状況だと思う。

 大人になっても、本当は自分の被害を語りたいのに、被害を語るという事は年少児童への自分の暴力も語る事となり、被害を語れないジレンマに陥り、その結果、施設を否定出来ずにいるのだと思う。 
 
 最近、わたしはそう思うようになった。

≫ 続きを読む

| └ スタンス | 15時37分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからは「絆無き者の記録」を終えて「絆作りの記録」へ

 スタンス

 これからは絆無き者としては記事を書けないと思う。かつて絆無き者だったとは言えるかもしれないけれど・・・ここを卒業して次の場所で書こうと思う。

 施設集団の呪縛を解く

 わたしをわたしらしめていた「虚無」「絆無き者」は、施設時代を通して作り上げてきた自己だった。施設という集団の世界で一人生きる中、自分自身で自己を作らなくては、すぐに集団に引きずられ、自分を保つ事は出来なかった。施設の児童は自分で自分を育てるしか、施設という暴力のリスクの高い世界では生き残れなかったと感じていた。

 しかし施設を出て、一般社会に出たら、もう児童養護施設集団の独特な思考ではやっていけない。今度は会社や地域コミュニティと交わり、関わりながら健全な(特殊な集団ではない一般社会)大人としての意識を作らなくてはならなかった。

 児童養護施設の集団世界しか知らない元児童にとって、それはとても困難な作業で、それゆえ、育てられ方の整理作業が必要だった。ソウルメイト(絆相手の二人)はそばにいて、このお砂場的ブログでのわたしの表現のそばにいてくれた。

 時には自分の表現のまずさの為に荒れてしまった時も辛抱強く見守ってくれて、アドバイスをくれた。この日々の積み重ねがあるから、もう「絆無き者」とは言えなくなった。
 このブログは、わたしにとっての、児童養護施設という集団で身についた考え方から脱却する為に必要な場所だった。

 無自覚から自覚へ至る

 わたしは結婚後、彼(夫)の家庭のありのままの家庭観を教えてもらった事になるが、惜しいことに彼は、自分の育った家庭を言語化できなかった。非言語的に教え伝えられて来た彼の家族の歴史なので、彼は無自覚なままでも有り続けた家庭を勉強しなくとも良かったのだ。

 だからけして彼が間違ってるわけじゃない。一般の家庭で育つとはそういう事ではないかと思う。むしろ施設全部育ちの自分が、大学のゼミに通うかの如く、家庭や親子や愛着や心理を学ばなくては家庭の概念が分からない事こそ、自分の過去の育ちに欠損があったと感じている。

 そこを無自覚なまま結婚したが、悩んでいた頃、ネットの掲示板で語るようになったWolfが、今ではリアル世界での指導員のような役割として向きあってくれた。

 わたしが夫と意思の疎通が出来にくい時は、家庭でそだった夫の言いたい事と施設で育ったわたしが困惑している事を、うまく翻訳してくれていたのだと知り、だんだん自覚へ至らせてもらえた。
 
 わたしはそのお陰で、曲がりなりにも整理作業が出来ていると思っている、WolfとMariaには感謝。


 次へ

 このブログでは、言いたいことが次の段階へ向かってしまい、語れなくなってきた。いくら無愛着な気持ちや虚無の感覚を書こうと思っても、今となってはソウルメイトがいるので「さほど虚無でも孤独でもなく・・・」これはこれで、もう、虚無の吐き出しは緩やかになったのではないかと思う。

 次へ向かう事を考えようと思う。今度は絆づくりを言語化してみようと思うのだが、さて、これも又大変な事なのだが。

 覚書でした。
 

| └ スタンス | 06時37分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の思考の整理を語る(テキスト化含む)事は自分に嘘を付かない最低限のルールの上に立っている

わたしのブログ・スタンス

 #無愛着なわたしも最近は、少し根に持つようになりましたので、さっそく整理・・・テーマは、うそつき。


 わたしには嘘を付く動機がない

 わたしは、自分の考え方を整理する人は嘘を付いていては整理が出来ないと思っている。

 なぜなら、自分の心と対峙しているのを文章化しているわけだから、わたしのベクトルは自分に向かっているのだから、語る内容について嘘を付いてしまったら、自分の心と向かい合えないからという単純な理由の為だ。

≫ 続きを読む

| └ スタンス | 08時55分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

記憶と発言の矛盾と説明責任と自分の今までの生き方とこれからの趣旨と発信

スタンス

 記憶に伴なう事

 少ししか記憶がないので、そのままを書いている。だから読む人によっては、わたしに残っている記憶と、わたしの普段の性格や主張との間にズレを感じてる?と、ソフィーさんのレスコメントから伺い知れた。

≫ 続きを読む

| └ スタンス | 06時16分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親のいない子どもたちへの「子ども手当」の支給等を求める決議文

 元記事 親のいないこどもたちへの「子ども手当」の支給等を求める決議文
 

引用文
 
 
 民主党は、選挙のマニフェストに「子ども手当」の支給を掲げ、政権交代を果たしました。現在、マニフェストを実現すべく、制度設計が行われています。1月18日、厚生労働省で自治体に対する説明会が行われ、子ども手当支給の概要が明らかになりました。

 児童手当の制度設計を踏襲しているため、
1.親(未成年後見人含む)がいない子どもには支給されない。

2.実親がいても、虐待を受けた子ども、親が服役中の子どもなどには支給されない。

3.支給対象とならない子どもは推定5,000 人程度。 4.児童養護施設・乳児院、里親家庭で育つ子どもの養育者に支払われるのではなく、養育していなくても実親に支払われる。

など、残念な実態が明らかになりました。

 長妻昭厚生労働相は2月3日の参院本会議での各党代表質問で、児童養護施設などに入っている子供にも「子ども手当」の代替措置として、子育て支援のための「安心子ども基金」から「子ども手当相当分」を支給する方針を示しましたが、根本的な問題の解決とはいえません。

 親が育てられない子どもを育てる施設職員や里親の立場からも、親がいないというハンデを負っている子どもに対し、さらに差別的な扱いをすることは、断じて承認できるものではありません。

 私たちは、緊急集会を開催し、子ども手当制度について学ぶとともに、親が育てられない子どもたちを差別しない「子ども手当制度」の実現を求めるために意見交換をしました。

 そこで判明した親が育てられない子どもたちの実態は、驚くべきものでした。  児童養護施設や里親家庭などで暮らす子どもたちのうち、実に4,833 名の子どもが「両親がいない」「両親とも不明」であるにも関わらず、未成年後見人の選任も12年間で79件と低く、大多数の親のいない子どもたちには、未成年後見人が選任されていない現実が明らかにされました。

 そもそも、これら親のいない子どもたちに未成年後見人が選任されていれば、今回の「子ども手当の不支給問題」は起こりえないことでした。



 # Mariaのところとダブルポストです。

| └ スタンス | 17時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「親がいない子どもたちにも子ども手当をください」緊急集会

  当該ページ(詳細はバナークリック) 

期 日 平成22年2月11日(木・祝)
午後1時半~午後4時15分(開場 午後1時)

会 場 日本財団 大会議室  於いて


 
本文引用

 民主党は、選挙のマニフェストに「子ども手当」の支給を掲げ、政権交代を果たしました。現在、マニフェストを実現すべく、制度設計が行われています。

 さて、1月18 日に厚生労働省で行われた自治体に対する説明会において、その概要が明らかになりました。

子ども手当は、子どもを育てる親に支給する手当であり、子どもに支給する手当ではない」との児童手当の原則から、

1. 親(後見人含む)がいない子どもには支給されない

2. 支給対象とならない子どもは推定5000 人程度

3. 児童養護施設・乳児院、里親家庭で育つ子どもの養育者に支払われるのではなく、養育していなくても実親に支払われる など、残念な実態が明らかになりました。



 自分の生物親もそうだけど、施設に入れっぱなしの生物親のゆくえが分かっていればその親に支給され、親の行方が分からなければ支給そのものが無いという解釈。

 なので、この現実について緊急集会をアナウンスします。
  

| └ スタンス | 07時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。