| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる本のCLIP10「火の人類進化論」

火の人類進化論 (ソシオ情報シリーズ)火の人類進化論 (ソシオ情報シリーズ)
(2007/03)
林 俊郎

商品詳細を見る


気になる本「火の人類進化論」を読んでいる途中

 #脳フェチですみませんが・・・

 脳進化のキーワードはブドウ糖

  何が人類の脳を電撃的に進化させたのか。その答えは、脳そのものにある。脳はきわめて特殊な組織であるる。他の臓器や組織にはないいくつかの特徴がある。そのひとつは、再生能力がない点である。

 たとえば肝臓は二十日で半分が新しく再生されるために、よほど悪くならないかぎり症状に現れないから「眠れる臓器」とも呼ばれる。肝臓はそれほど再生能力に優れている。
 肝臓だけでなく、筋肉や骨ですら絶えず分解と再生を繰り返して恒常性を維持している。

 このような生理機能を「新陳代謝と呼ぶ。

 ところが脳組織は一旦出来上がると再生されず、あとは崩壊の一途であある。一瞬でもエネルギー源や酸素の供給が途絶えると、脳組織は回復不能に陥る。



 紹介

 この部分を読み、さらにこの先を読み続けると思う。脳というのがいかにも動きが悪く、二足歩行と連携である脳の発達とういう事と、それは人類が多様な可能性を持っている事ではないかと思える事だったり、かといって、目先の自分の家庭を見ると・・・・なんとなく発達心理と自立が同義語のように見えて仕方ない。

 全部読んだら、感想文を書こうと思う
スポンサーサイト

| 気になる本のCLIP10 | 06時21分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる本のCLIP10 「トマトの子守唄」を読んだ

気になる本のCLIP10


トマトの子守り歌トマトの子守り歌
(2009/12)
福谷 則枝

商品詳細を見る
最初から里親になろうとしたのではなく、出会いによって絆が出来ていく様子が静かに綴られていて、とても心に染みてきました。


  例によってMariaから本を借りているので、せめて忙しい彼女の代わりに、さっと本のご紹介。#Maria、お先に失礼します。

≫ 続きを読む

| 気になる本のCLIP10 | 05時11分 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる本のCLIP10「部落差別とカトリック」を読み終わった

関連記事 「部落差別とカトリック」">気になる本のCLIP09 「部落差別とカトリック」

 感想文?

 カトリックは、女子パウロ会やカトリック教会における部落差別を自ら認知していますって感じの内容だなという捉え方をして読んだので、淡々と現実が綴られていて興味深い内容だった。シスターといえども日本人だし、シスターになる前は一般の家庭の娘だった事を考えれば容易に理解できる差別心だった。
 
 あとは、部落の方の体験話で構成されていて、差別が結婚や就職や、教会からも排除されている現実がわかった。

≫ 続きを読む

| 気になる本のCLIP10 | 12時34分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。