2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食について2:食の最低基準の囲いの中で生きていた

養護施設にいる間の問題

 某有名菓子メーカーで問題になった菓子のゆくえ

 わたしは少し前、ある菓子メーカーの菓子に問題があり、風評のため【自業自得ですが】一般の人の消費が落ちた為に在庫が増え、児童養護施設の子ども達へ送ったという話を聞いた時、何とも言えない気持ちになった。たしかその施設の施設長は「ありがたい事です」とか言っていたように思うが・・・残念ながらその記事はもう掲載されていない。

 当時は困惑していたので、その記事を紹介する事を忘れてしまったが、食の事を書いている流れの中で思い出すキッカケを得たので、偽らざる気持ちを語りたい。

 一般の人が、その安全性について不安な為、容易に手を付ける気にならない菓子メーカーの菓子を、わざわざ児童養護施設の子ども達に送る事や、子ども達が食べる事の不安に対して、自分は何故か一瞬にしろ言葉として表現するのをためらってしまった。何か見えない壁に押し返されたようなキモチだったように思う。

 当時の街頭インタビューでも母親世代の人は「うちの子はまだ小さいので心配です」と答えていた。子を持つ母親ならば当然の事なのだろう。

 しかし一方で、他の系列の県内新聞【どこかの県のニュース】では、養護施設の小さな子の口に入る話なのに、どこかまるで美談を語る論調であった。家庭にも施設にも幼い子がいるのは同じなのにと、内心で困惑していた。
 
スポンサーサイト

≫ 続きを読む

|  養護施設にいる間の問題 | 17時41分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食について:家庭生活を通して少し分かった事

養護施設の問題

 施設では依存しなくても生きていける

送信者 20080523-dragonvillage

 ↑ Maria、この魚、何だっけ?いくら聞いても忘れるのよ

 養護施設では無愛着でも生きていける理由の一つとして、もし保母から好かれなくても食うに困らないという現実。

 保母が自分を嫌っても、施設の食事はちゃんと支給される。だから一年中保母と口をきかなくても食事にはありつける。

 わたしはどこか、食事と家族構成の中での人間関係がリンクできなかった。わたしは生きたいけれど、生きる為の方法論の中に「固定された相手への依存が必要なかった事」に気付いた。

 しかし家庭の子は、親のごきげんを損ねたらご飯が食べられない、生きれないという死活問題を持っているのかな?と想像できるようになってきた。

≫ 続きを読む

|  養護施設にいる間の問題 | 10時02分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雑草根性:「健気でもなく弱くもなく儚くもない施設育ちの子たち」のこと

養護施設を出てからの問題

 施設では、花や木を植える作業は未体験なのに草むしりだけは徹底的に覚えた。雑草はいつも刈られてしまうけれど、いつも力強く生命力に溢れていた。

In a greenhouse

≫ 続きを読む

|  養護施設を出てからの問題 | 13時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

養護施設で学んだのは犯罪の手口ばかりだった

養護施設にいる間の問題

 過激な養護施設の世界

 児童養護施設には被虐待児が入所してくる。彼らは施設で自らの虐待体験を表現するが、そればかりではない。虐待されてねじれた気持ちが、今度は犯罪行為へ容易に至らせる。虞犯少年は少年院や自立支援施設へ送致されない時【年齢だけの事ではなく】大抵は児童養護施設へ入所してくる。

 しかし、この寛大?な保護処分が何を表しているのか・・・。家庭裁判所から保護処分という名の下に入所してくる虞犯少年・少女の為に、乳児院からきた小さな子たちがどのような危険にさらされているか・・・あまり一般の人の意識には上っていない。

≫ 続きを読む

|  養護施設にいる間の問題 | 07時01分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暴力:上級生から赤ん坊を取り上げられて川へ投げられた下級生のこと

養護施設を出てからの問題

 限りなく乱暴である事




 Mariaと話している時に、乱暴な環境で育った事の整理をしていない【とくに】施設全部育ちは、出身施設の集まり・イベントに出るべきではないという話になった。

 違う施設出身者同士でも気を付けないと施設時代の再演をやってしまいやすい。だから施設での乱暴な環境で育ち、その事を日常的に起こりうる事と感じている限り、特に子どもなどを連れて行くべきでないと考えている。その出来事を少し整理してみたい。

≫ 続きを読む

|  養護施設を出てからの問題 | 08時11分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多動:集団生活に馴染んだ脳を修正する作業

SOUL FAMILY-project.別館

 脳が多動とは




 昨日Wolfと会った時に「Leiは静かな態度とはいえ脳が多動だ」と言われた。「行動が大人しいからといって脳が忙しくない訳ではない」と言われた。

 その事はMariaからも指摘されている・・・。確かにレストランなどで会話している時、わたしは目の前のWolfの話に集中しているつもりなのに、そのレストランにいる見ず知らずの人々の会話に耳をそばだててしまう。それは人に興味があるのではなく、脳が、そこに居る全ての人の意識を勝手に受信しようとするから・・・。このレストランの空間にいる人たち全てを何となく把握しようとしてしまい、その結果、意識が削がれるのだ。

 だから当然ながら、目の前のWolfはわたしが彼の話に集中できなくなった事を知り、昔はそんなわたしの態度に傷ついていたけれど、最近はそれなりの対処をするようになってきた。

 居酒屋やレストランのような大勢の人々がいる所を避け、人が少ないカフェを選ぶなど、話す場所を工夫するようになってきた。

 周囲に人がいなければ、わたしも人の意識に刺激されず、静かに目の前の人に集中できるから。自分では気付けない事だった。静かに生きている以上、多動ではないと思い込んでいた。さらにわたしはADHDに似ているので、客観的でクールな態度もとってしまう為、理性的に見えてしまう問題があったのだ。それが問題のない児童の中身。

≫ 続きを読む

|  Soul-Family-projct・別館 | 09時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「仮定に基づいた乳幼児期の体験」を経て自分なりに伝えたい事

養護施設にいる間の問題

 乳幼児期の養育環境について、その仮定

送信者 Lei Pictures


 仮定に基づいた、乳幼児から一度目の施設までの時系列、

 わたしの人生の初めは親元ではないところで育ち、親戚縁者が里親として引き取った事もなく、生後すぐ~数年後は、集団の子ども達がいる場所で預けられていたと仮定している。幾つかの資料や文献などによると、その地域では人々が同じ生業を主としていたので、子ども達は、集団で数ヶ月から数年、親元から離されて育てられるのが普通であり、その為の保育所が、地域に根付いていたが、仕事の内容によって、子どもが預けられる期間が違い、引き取りに来る子もいれば、すぐに引き取りの無い子もいると想像できた。

 そういう感覚を持っている自分だけど、

 数年後、やや手が掛からなくなった頃、生物学的親が引き取りに来たと思われる。しかし、その生物学的の存在と自分の存在が定義づけられず、その生物学的親の元を何度も逃げ出そうとした結果、押入れに入れられたりしたと仮定。【公園でホームレスや、押入れに閉じ込められた事により推測】

 そして、要するにADHDや多動の症状を持っている自分が懐かず、しかも手に負えないので、生物学的親も児童相談所に「いたずらが過ぎて困る」と言い、就学時期を待って一度目の養護施設へ入所する事となったと仮定。しかしここまでの記憶は無い。そしてその後一度目の施設を経て、二度目の施設で卒園した。

≫ 続きを読む

|  養護施設にいる間の問題 | 06時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしは、胎児の頃から羊水の中で無愛着だった

養護施設にいる間の問題

 胎児の頃の記憶

 何故、どうして、なんでこんな目にアタシが・・・。
 という、メッセージが、文字を伴わない慟哭として流れ込んできた。

 わたしは目をつぶり、耳を閉じ、意識を遮断し、一人で栄養をむさぼった。
 【まあ、目が開くわけないとかのツッコミはちょっと・・・お願いします。】

 早く生まれて、早く生き抜いてやると思っていた。

 愛情とは無縁の慟哭と困惑と被害者意識の強い母体は牢獄だった

 はやくへその尾という楔(くさび)を断ち切りたかった。

 ここまでは胎児の頃の感覚をあえて文章化してみた。

 そして、ガラッと世界は変わり、乳児から始まった世界への移行・・・


≫ 続きを読む

|  養護施設にいる間の問題 | 05時23分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自己診断:自分はADHD(多動型)というものに似ている?

メンタル整理

 ここ数日、自分の無愛着を一体どうやってもっと判りやすく説明したらいいのか途方にくれていた。以前から途方に暮れつつあったが、今回はいよいよ本格的に途方に暮れてしまった。悪気はないとはいえ、人を切り捨てる言葉ばかりだった。気付いたらいつもそうなってしまう。

 でも落ち込んでばかりもいられないので久しぶりに資料を求めてネットの海を泳いでいた。そしてあるサイトの、発達障害の項目で、自分の普段の感じ方に似ているものを見つけた。


 自分を変えたい人 自分で治したい人のためのページ/ 
 発達障害・AC・躁うつ病、人格障害などの認知と行動の特徴一覧



≫ 続きを読む

| ├ メンタル整理 | 18時49分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。