2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虐待が無いなら施設で全部育つよりも家庭で育つ方が自然な事

メンタル整理

 虐待がないなら家庭が良い

 家庭で虐待が起きてしまうと傷つく子が多いのは、家庭は基本的に安全な場所である筈なのに、親により信頼を傷つけられたから。

 施設で暴力行為があちこちで起きても傷つきもしなかったのは、元々施設は常にそういう場所で、固有の大人との愛着関係も無かったので傷つかなかったから。
 
 安全であるなら、基本的に子どもは家庭で育てられるべきだと思う。「べき」という言葉を使うのは、それが動物としての人としての生き方の自然な流れだから。
 
 いくら安全であっても、衣食住足りても、乳児院・児童養護施設だけで育つ子どもは将来、地域社会に馴染む人として、うまく育たないのだ。わたしもそうだったけど、児童養護施設という地域に馴染まない集団生活に特化した思考を育て生きてきたので、今になって、社会に適応しきれず非常に苦労しているのだ。

 虐待がなく、衣食住があっても人としてうまく発達し切れない問題を見てみぬフリをし、被措置児童本人の問題だという事で、卒園時に切り捨てられる現状が続いている。
 
 今回、里親の虐待容疑について考えた時、凹みそうになったが、だからと言ってこの世界から一切の家庭をなくし、世界中の全ての子供たちを乳児院・児童養護施設(だけ)で育つ事を良しとは出来ない。これを最初Wolfから聞いた時はよく分からなかった・・・でも、それだけ施設環境というものが、とても特殊で一時的であるべきという姿が浮んでくる。

 里親の資質の問題などを考える事は必要だが、この問題をもって、里親家庭は要らないという発想になってしまってはいけないと考えている。

 虐待がない施設が仮にあったとしても・・・

 乳児院・児童養護施設だけで子ども時代を育つ事とは、

 固定された養育者を必要としている乳児・児童にとってはニーズに合っていないと、今頃になって気づいた。気づくのが遅れたのは、わたし自身が施設育ちの無愛着だから。でも、今更・・・施設の集団養育により欠損した子ども時代を取り返すすべはない。

 たとえ、仮に虐待がない施設があったとしても、捨てられた子、施設でしか育った事のない子ども達にとっては、虐待が無いのは当然ではあるが、もっと見えにくい放置の問題がある。

 誰か1人でもこの世に自分を思ってくれる人がいれば生きていけたかもしれないのに。誰もいない事を居ないままに生きる子どもたちは、捨てられた過去の自分を捨てて、子どもに向かわないと、子育てが出来ないのかもしれない。
 
 そんなひとりごと。
スポンサーサイト

| ├ メンタル整理 | 06時44分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる記事のCLIP10「滋賀、わいせつ容疑で里親逮捕 14歳女子生徒に」

気になる記事のCLIP10

[全文引用]--------------------------------------------

2010/10/21 13:53 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102101000449.html

 滋賀県警甲賀署は21日、里親として自宅に短期滞在(ホームステイ)させていた中学2年の女子生徒=当時(14)=の胸などを触ったとして、強制わいせつの疑いで、同県甲賀市土山町山中、無職杉岡博容疑者(62)を逮捕した。

 甲賀署によると、杉岡容疑者は「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

 滋賀県によると、ホームステイは県内の児童福祉施設などに入所している子どもの自立や育成のため、里親家庭での生活を体験してもらう制度。女子生徒も、入所していた施設から夏休みを利用し11日間の予定で杉岡容疑者宅を訪れていた。

 杉岡容疑者は、2002年に滋賀県が里親として認定。事件当時、女子生徒と別に里子2人を養育しており、女子生徒が施設に帰った後、さらに1人を受け入れていた。

 女子生徒は06年から杉岡容疑者宅でホームステイを繰り返しており、事件当時で11回目。事件後も1回滞在していた。

-------------------------------------------------------



 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20101021-OYT8T01159.htm

別の子どもには虐待か 
わいせつ容疑里親逮捕 女児「たたかれた」

 里親として自宅で預かった中学2年の女子生徒(当時14歳)の体に触ったとして、甲賀市土山町山中、無職杉岡博容疑者(62)が強制わいせつ容疑で逮捕された21日、県子ども・青少年局と県中央子ども家庭相談センターが記者会見し、佐竹吉雄局長は「子どもの安全・安心を守れず、責任を痛感している。再発防止に真摯(しんし)に取り組む」と陳謝した。

 同センターなどによると、女子生徒は家庭の経済的理由などから児童福祉施設に入所しており、施設側が家庭の雰囲気を感じてもらおうと短期ホームステイ(最長2週間)を勧めた。

 女子生徒はこれまで十数回、杉岡容疑者方に滞在。今年3月27日になって、杉岡容疑者が施設を訪れることを知ったことから職員に被害を相談したという。

 発覚当時、杉岡容疑者が受け入れていた女児3人について、同センターは5月に一時保護した上で、7月に杉岡容疑者の里親委託を解除。うち1人は「たたかれた」と話しており、同センターは虐待があったとみて調べている。

 同局では事件発覚後の6月から、検証部会を開いて再発防止策を協議している。これまでに、里親に預けられている子どもに「子どもの権利ノート」を渡し、悩みや困りごと、里親から受けて「嫌だ」と感じたことなどを書いてもらうことを決めた。
(2010年10月22日 読売新聞)



≫ 続きを読む

| 気になる記事のCLIP10 | 21時00分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる記事のCLIP10「当事者の視点で児童福祉考える 宇都宮でセミナー、実態や課題発信へ」

気になる記事のCLIP10


当事者の視点で児童福祉考える 宇都宮でセミナー、実態や課題発信へ
(10月18日 05:00)

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20101018/398622 

 児童養護施設や乳児院などの社会的養護を、子どもたちや退所者ら当事者の視点で考えるセミナー(特定非営利活動法人人権センターとちぎ主催)が、宇都宮市内で開かれた。県内では今年、社会的養護の下で暮らした当事者グループ「だいじ家」が発足。当事者の視点で児童福祉を考える流れが、生まれつつある。

 「社会に出て大人になっても『施設にいた』と言いづらい現実がある」。セミナーで、宇都宮市の認定特定非営利活動法人(NPO法人)「青少年の自立を支える会」の福田雅章理事長は指摘した。

 「家庭で育つことと施設で育つこととの間に、大きな垣根がある。それを取り払わねばならない」。福田理事長はさくら市内の児童養護施設長で、その施設で小学生時代を過ごした当事者でもある。

 東京都内で活動する社会的養護の当事者参加推進団体、NPO法人「日向ぼっこ」の渡井さゆり理事長も施設退所後、孤立感から社会で生きづらさを感じ、当事者同士が支え合える場として同法人をつくったことを説明。その上で、社会的養護の課題として「同じ行政の措置で入所するのに施設間格差がある。第三者評価を入れて、各施設が改善していくようにする必要がある」と強調した。

 2人のような当事者の声はこれまで社会に発信される機会が少なかった。入所者は社会的に力の弱い子どもたちで、退所後も福田理事長が指摘するような実情があったからだ。

 だが近年、各地で当事者たちがお互い支え合い、自分たちの声を社会に発信する活動が見られるようになった。「だいじ家」は今年1月、「青少年の自立を支える会」がつくった。宇都宮市内の自立援助ホーム「星の家」に当事者たちの居場所となるサロンを開設。食事会やハイキングなどを通じた交流活動を行っている。

 「だいじ家」によると、社会的養護の当事者グループは全国でまだ6団体。セミナーで福田理事長は当事者の切実な思いを訴えた。「社会的養護は行政の責任において行われている。なのにこの分野は長く日が当てられてこなかった」


≫ 続きを読む

| 気になる記事のCLIP10 | 22時12分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何にせよ「その意味をずっしり理解した時」心の整理作業を理性で進める必要がある

メンタル整理

 自己流メンタル整理と客観性

 捨てられた事を連呼していても、捨てられた実感を持っていなかった。物心付いたら施設にいた者は、捨てられる以前を体験していない。だから、いわゆる親から強制的に分離された事の傷を受けていない。だから、捨てられている事実は頭でしか理解できない。
 
 施設では暴力・体罰をわざわざ虐待と捉えた事はなかった。わたしは2つの施設を歩いてきたが、どちらの施設も大差ないと感じていたと思う。

 捨てられたと感じるには、捨てられてない状況を知っていなければ理解しづらいし、虐待されたと感じるには、虐待されない環境を知らなくては理解しづらい。

 今、とても大切にされていると実感する為には、かつて大切にされていた体験を持った事が無くては認知しづらいし、重い荷物を持ってくれる人がいなくては、今まで自分が重い荷物を持っていた事になど気づけない。

≫ 続きを読む

| ├ メンタル整理 | 08時06分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる記事のCLIP10「中学までの体験の豊かさが思いやり、やる気につながる」

気になる記事のCLIP10


中学までの体験の豊かさが思いやり、やる気につながる 青少年調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101014-00000546-san-soci

産経新聞 10月14日(木)11時34分配信

 国立青少年教育振興機構の調査では、幼少から中学生までに動植物の世話や地域活動、家事手伝いなどの体験をした高校生ほど、思いやりややる気などの意識が高いという結果も出た。自然に触れる体験や家事手伝いなどの教育効果が実証された形だ。

 同機構は、成人と同じように全国の高校2年生2844人を調査。それぞれ体験の多いグループ、中間的なグループ、少ないグループに3分類し、それぞれの意識を集計した。
 「友達の幸せを知ったら、うれしくなる」と答えた高校生は、「動植物の世話」体験が多いグループでは77%だったが、少ないグループは68・9%。また、「何でもチャレンジしたい」と答えた高校生は、地域の子供たちと遊んだ経験が多いグループでは71・2%だったが、少ないグループでは53%だった。

 同機構では、小中学生に対する意識調査も行ったが、その結果、体験豊かな子供の方が携帯電話を持っている割合が1割ほど低いという結果も出た。ただ、高校生では、ほとんど差がなかった。

 一方、自然体験を体験する小中学生は約10年前と比べて減少傾向で、「チョウはトンボなどの昆虫をつかまえた」は59%、「海や川で泳いだ」は70%で平成10年度の調査と比べるとそれぞれ約20ポイント減少した。半面、買い物や掃除などの「お手伝いをいつもする」割合は増加傾向を示した。


 

≫ 続きを読む

| 気になる記事のCLIP10 | 05時52分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分なりに同姓に対する理解しがたい感情について整理しておく

メンタル整理

 女子について思うこと
 
 資料(STOP!児童養護施設内虐待にUP中) → すべての児童養護施設から暴力と性暴力をなくせ 
 
 という資料をSTOPにUPしたので、こちらでもご紹介。

≫ 続きを読む

| ├ メンタル整理 | 18時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分の存在証明を自分自身で探すための旅は永遠に続く

存在証明と存在理由

 存在理由をかき集めても

 「誰もいないけど、しっかりやっていく」

 「親の顔も見た事ないが、産んでくれただけで感謝する」
  
 「命があるのは施設のおかげ。施設が無かったら死んでいた」

 自分が生きている事の存在証明をどうやって確かめれば良いのか、それも知らず、誰も自分を覚えていない世界を生きる。親から捨てられても逞しく生き残った命である事だけが存在証明のように・・・。

 わたしはかつて、そんな無存在な立場でものを考えていたし、他の施設育ちはそんなものだと感じていた。
 

≫ 続きを読む

| ├ メンタル整理 | 13時45分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる記事のCLIP10「児童虐待 撲滅目指す市民集会」

NHKニュース「児童虐待 撲滅目指す市民集会」

児童虐待 撲滅目指す市民集会
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101010/k10014504681000.html

10月10日 17時45分 動画あり

全国各地で虐待によって子どもが命を落とす事件が相次いでいることから、虐待の撲滅を目指す市民集会が、10日、東京で開かれました。集会のあと、参加した人たちは都内をパレードし、虐待の撲滅に向けた運動への協力を呼びかけていました。

この集会は、児童虐待の問題に取り組んでいる専門家などで作るNPO法人の「児童虐待防止全国ネットワーク」が開いたもので、東京・千代田区の日比谷公会堂には、およそ600人が集まりました。集会では、去年、虐待で亡くなった25人の子どもの名前と、死亡したときの状況がひとりひとり読み上げられ、全員で黙とうをささげました。また、保育士を目指す大学生のグループが、ことし7月に大阪市で幼い子ども2人がマンションに置き去りにされて死亡した事件などでは、虐待の背景に子育てをする親の孤立化や貧困があるとする研究結果を発表しました。そのうえで、子どもを虐待することは誰にでも起こりうることで、地域に住むひとりひとりが支援をしていくことが必要だと訴えました。集会のあと、参加した人たちは都内をパレードし、虐待の撲滅に向けた運動への協力を呼びかけていました。児童虐待防止全国ネットワークの吉田恒雄理事長は「児童相談所や市町村などの行政任せにするのではなく、国民ひとりひとりが関心を持つことが必要だ」と話していました。



 

| 気になる記事のCLIP10 | 01時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になる記事のCLIP10「元王者坂本博之さんがボクシングジム開設 「施設の子の受け皿に」」

気になる記事のCLIP10

元王者坂本博之さんがボクシングジム開設 「施設の子の受け皿に」
http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201010030090.html

2010年10月3日12時28分

 「平成のKOキング」と呼ばれたボクシングの元東洋太平洋ライト級王者坂本博之さん(39)が今夏、東京都荒川区に「SRSボクシングジム」を開いた。「親と生活できずに育った児童養護施設の子の受け皿になりたい」。坂本さんにしかできない夢だ。

 自身も両親の離婚などで幼少期、福岡市の児童養護施設で過ごした。そこで目にしたボクシング中継に引きつけられた。1997~2000年に世界戦を4度経験。頂点には届かなかったが、不屈の闘志でファンの心をつかんだ。

 07年の引退後、児童養護施設を回り、ボクシングを教え始めた。自分のミットを子どもに力いっぱい殴らせる。「施設の子は喜怒哀楽の表現方法が分からない。うれしかったこと、悲しかったことをぶつけてほしいという思いだった」。約40回、北海道から九州まで足を運んだ。

 ジム開設も、施設の子の存在が後押しした。古巣・角海老宝石ジムのトレーナーとして、自分にあこがれて入門した鹿児島の施設出身の練習生を指導するうち「家族の支援がない彼らは、社会に出るとマイナスからのスタート。自立サポートの色を強めたい」と、独立した。施設出身の練習生は21歳と18歳の2人。いずれもプロ志望だ。

 今、全国の施設を訪れた際には名刺を配って入門を呼びかける。ボクシング指導だけでなく、就職先あっせんや、家電製品をそろえるなどの生活支援も考えている。

 ジム名のSRSは「スカイハイ・リングス」の略。「天まで届くほど高い人々の輪」との思いを込めた。「子どもたちを傷つけたのも大人だけど、受け止めるのも大人。施設育ちでも、運命はいくらでも変えられる」。KOキングの遺伝子は、次代へと引き継がれる。

(広部憲太郎)


| 気になる記事のCLIP10 | 13時10分 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。