PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これから感謝の気持ちの実際的な表現方法を勉強していくつもり

SOUL FAMILY-project別館

 プロジェクトとしての自己表現の練習へ

 いわゆる感謝状では近しい人に喜びの気持ちとして受け取ってもらい辛いという事に気づかされた。知らない人、または距離の遠い人、常に逢い続ける間柄ではないような人にはカードを贈る事で、自分の気持ちを伝える事は有効だと思う。

 でもその手法はあくまで距離(精神的距離も含めて)の遠い人へ向けた最低限のマナーでしかないのだと思う・・・。


 毎日話し、しょっちゅう逢う人に対しては、感謝状以上の表現方法を相手から期待されているのだという事を、特に施設全部育ちの無愛着児は理解しておいた方がいいと思う。わたしは今、この部分で手こずっている。

 わたしはいつも感謝状は、うまくないけど何とか書けているから大丈夫と思った。でも実際は毎日会う人に、うれしそうな笑顔を向ける、という事をやれていないらしい・・・。この、うれしそうな態度が身についていない為、どうやったら良いのか分からないのが実情。

 感謝しているのはホントウのこと、うれしいのも、全てホントウのことだけど、もし、大好きな相手の期待通りの感謝の気持ちを届けられないとしたら、とてもそれは互いにとって不幸な事と思う。
 
 ・・・特に気持ちのある者同士ならば、ほんとうに寂しいことではないかと思う。

 感謝の気持ちの現し方は施設で覚えた気になっていたけれど、それは、近しい相手には全然足りない表現。Mariaが言うには「感謝の言葉なんて家庭ではしょっちゅう言わないわよ」ということ。それにはびっくりした。

 そうなの・・・・?

 それはじゃわたしがしつこく感謝状のような表現をしても、あまりうれしくないのかもしれないと気づく。しかしその一方で「うれしそうな顔、うれしそうな態度」をどうやって示したらいいのか分からないので、今度教えてもらう事にした。

 いや~、自己表現は難しい。

 こんないい大人になって「うれしそうな態度を教えてもらう自分」とは一体何歳だよ(自分自身へさらにムカッ)と思いつつも、こんな事を教えようとしてくれる人に逢えたのも最後のチャンスだと思って、自らこのお勉強に飛び込んでいくしかない。

 わたしは感覚に任せたらいつまで経っても変われない。全く変わる為には、全くやった事のない世界を体験するしかないのだと思う。

 これが子どもだったら、うれしくてピョンピョン跳ね回ってしまうのだろうな・・・と、現実的には子どもでない自分を虚しく思う。こんな自分が嫌で、過去には演劇を勉強したのに大根役者だったので、どうにもならなかった。

 一から構築するって事は、今までの感覚を捨てる事でもあるのだと思った。施設しか知らない子は施設の感覚を、捨てなければ、新しい世界へ飛び込むのが難しい。
  

|  Soul-Family-projct・別館 | 07時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1012-2dca3243

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。