PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「困っている人を見過ごしてはいけない」(不)真面目女

養護施設にいる間の問題

 迷う人に手を差し伸べる事が優先事項

 わたしはしばしば、知らない人の車に乗ってでも道案内をするべきと思い、その通りにしてた。車を運転する男性の多くは誰も彼も道に迷う人たちなのだと思い、わたしはその頃かばんに全国の道路マップを持ち歩くほどだった。彼らはしょっちゅう道が分からなくて困っているので、わたしは気づいたら地図が読める女になってしまった。





 でもわたしは外から見ると、どうカテゴリ分けすればいいか分からない女だったようだ。わたしは子どもでも知っているたしなみを身につけてなかったらしい。

 路上を歩いていると迷える男性が嫌になるほど多い事に気づいた。彼らのように困っている人々に対しては当然道を示さなくてはいけないと思い、助手席に乗ってしまうのが常だった。

 わたしはなにやらズレた人だったのだろう。施設しか知らない子たちの1人としては、とくに宗教施設の出身者の子たちは、人の困難には手を差し伸べる事をいつも教えられてきた。本当は自分の頭の上のハエも追えないのに・・・。

 でも、一方でわたしは自分をだらしないのかまじめなのか判らなくなる事が多い。何故なら自分なりに良い事をした体験談を語ると、その当時交際中の男性は引き始め・・・、やがては「君がそんなにだらしない人とは思わなかった」と怒り出すのだ。

 わたしはまじめなのに、何故理解してもらえないのか?と理不尽な気持ちでいっぱいだった。丁度今、わたしは誰にも迷惑掛けずに生きてきたのにソウルメイトのMariaから「無愛着!」と怒られた時の気分に似ている。ただ、彼らはMariaとは違い、こんな不真面目な女には付き合えないとばかりに去っていった。

 まじめとふまじめの境目

 わたしはまじめだった。・・・けれど何か、ズレていたようだ。



 
 でも、人生を舐めて生きてきた事などなかったが、世間から見たらまじめに見えなかったようだ。

 人生ナメてなんかないが

 ある日、相手の男性から「お前、人生舐めてるだろ」と言われた。目の前の、わたしより十分テキトウそうな男にそんな事を言われるなんて。まあ、慣れてるけど。

 でも同時に、本人がまじめである事と、世間の評価は必ずしも一致しないという現実も今は理解できるようになった。施設では一般社会では通用しない集団生活しか身に付かなかった。

 親が居ない環境のせいにしてはいけないと自戒して生きてきたけれど、今まで育てられ方や環境を振り返りもせず生きてきてしまったから、気づくのが遅れたといっても過言ではないと思っている。

 追記
 
 会社の帰り道を歩いていると「駅(または駅ビルとか)への道を教えて下さい、出来れば助手席で教えて下さい」と声を掛けられる事が社会に出てから大変多かったので、助手席に乗って教えてあげたが、いつもおまけが付いてしまって・・・という体験記です、念のため。

|  養護施設にいる間の問題 | 10時42分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

こちらこそ・・・

Larkさん、こちらこそ・・・

私のコメント、読み返してみると
短すぎてLeiさんを責めるようなコメントになってしまいました。
ごめんなさい。


 立ち入らなくても良い事を、少し強引にこじ開けてしまうようなレスを返してしまってごめんなさい。

 でも、この記事を読んだ瞬間のLarkさんの気持ちに正誤は無いように思うのです。わたしは今まで無節操に生きていると知らず、今まで他人から不快感は示される事はあっても、遠巻きにされていただけなのだと思っています。

 あなたとは何度かやり取りもあり、わたしはあなたの気持ちも少し分かるような気もします。文章での表現は難しいですね、お互いに。

 でも(虐待のない)里親家庭にいけば、里子にとっては窮屈で耐え難いしつけとなるでしょうが、やがてもっと大人になった時に、効いて来ると思います。

 わたしは今頃になって、捨てられていた事実、放置されていた事実が妙に効いています。

 だから、Larkさんの感じ方も、有りだと思います。わたしが一瞬、まじめに生きてきたからこそ、責められた(否定された)ように感じて、少し動揺してしまいました。

 あなたの心配しているその子、厳しい道を歩いている真っ最中なんですね・・・。あなたの心配が何かのきっかけになると良いんだけど・・・。

 コメントをいつもありがとうございます。


| Lei | 2009/09/03 15:40 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

私のコメント、読み返してみると
短すぎてLeiさんを責めるようなコメントになってしまいました。
ごめんなさい。

最初に記事を読んだとき、
私の知っている子供の事がとても心配になりました。
その後、Mariaさんの記事で紹介のあった
「家のない少女たち」という本を思い出し
買って読んでみたら、ますます心配になってしまいました。
虐待を受けたり、施設で暮らすことで
こんな問題を潜在的に抱え込まされているのかと思うと
哀しくなってしまいます。

本当はもっと色々コメントを書いていたのですが
長くなりすぎて余分なのをどんどん消していったら
あんなに簡素に書いてしまいました。

>施設の中だけで育ってしまうと
>自分を守る術も身に着けることができないのでしょうか。。
この文章は、誰かを責めるとかそういう意味ではなく
誰かの事を心配して書いた文なんです。


変な言い方かも知れませんが
Leiさんの記事は、程度の差こそあれ、
施設で暮らす子が共通に抱え込まされてしまう問題なのかな?とか、
施設の子たちの考えを推し量る時の参考になるのかな?と、
勝手に思っています。
(もちろん、みんながみんな同じ様に考えているとは思っていません。)
相手が何を考えているかなんて、なかなか聞けないですし
子どももそんなこと、赤の他人には言いたくないでしょうから。


記事を読んで不快になるとか、
私は特にないです。
(たまに驚きますけど。)

| Lark | 2009/09/03 00:57 | URL | ≫ EDIT

新鮮な表現

 Maria・・・

女の子のたしなみって、日々の生活の中で、母親の口やかましいほどの躾と、心配と愛情の中で身に付くものだと、家庭育ちの彼は言っています。姉を見ていて、そう思うようです。

 なんだろう、とても新鮮な言葉の響きで、自分にはないキーワードだなあと、今更ながら知った。

 施設児童はどれ程まじめでも、何処か傷んでるのかもしれない・・・。男の子も女の子も、そうでない子も。

| Lei | 2009/09/02 04:52 | URL | ≫ EDIT

責められているような気持ち・・・

 Larkさん

施設の中だけで育ってしまうと
自分を守る術も身に着けることができないのでしょうか。。


 あなたは、ただ、疑問に感じた事を書いただけなのだと思うのですが、一般の家庭の子には、ごく普通に身についている筈のたしなみが、施設の子たちが身に付いていない事を、何だか責められている気持ちになりました。

 自分を守るって、なんでしょうか。今もよくわかりません。

 ちなみにこの体験は、作り話じゃありません。施設の子なら多かれ少なかれ、社会で体験してしまった事だと思います。
 

| Lei | 2009/09/02 01:48 | URL | ≫ EDIT

女の子の「たしなみ」が身に付かない

Larkさん、こんにちは。

>施設の中だけで育ってしまうと
>自分を守る術も身に着けることができないのでしょうか。。

 女の子のたしなみって、日々の生活の中で、母親の口やかましいほどの躾と、心配と愛情の中で身に付くものだと、家庭育ちの彼は言っています。姉を見ていて、そう思うようです。
 でも、養護施設では、「子どもや女の子をだます大人がいる」ことは習いません。

 「人には親切にしろ」「困っている人を助けろ」と躾けられます。

 信じていい人、信じていけない人の区別はありません。「大人(職員)のいうことは聞け」という世界ですから、大人を疑って言うことを聞かないという選択肢はありません。
 学校の行き帰りの道しか外の世界を知らず、大人は職員と学校の教師だけ。あと、たまにやってくる見学者が大人のすべてです。

 あたしは、施設を出た後、公園の「痴漢に注意」という看板の意味がわかりませんでした。「痴漢」がどういう人で、何をする人なのか、なぜ注意をするのか、どうすれば注意することになるのか、まったくわかりませんでした。

 夜道を女一人で歩くことも、危ないことだという認識はありませんでした。養護施設は、夜でも、廊下やトイレは電気がつきっぱなしですし、夜道というものを知らないですし。

 あたしも、道に迷って困っている人に親切にしようとして、知らない男の人の車に乗ったことがあります。変な所に入りましたが、ここは違いますと言って、一人で帰りました。「知ってて乗ったんだろう」と言われたけど、親切で道案内することが、どうしてホテルの駐車場に入るのか理解できませんでした。

 養護施設の常識は社会の非常識

という言葉があります。

自分を守るという発想以前に、社会常識が欠如しているのが施設全部育ちです。

| Maria | 2009/09/01 18:45 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

このお話、最初読んだとき
何を書かれているのかさっぱり分かりませんでした。
いえ、意味は理解できたのですが
あまりにも常識からかけ離れているので
作り話?と思ってしまったのです。(すみません。)

施設の中だけで育ってしまうと
自分を守る術も身に着けることができないのでしょうか。。

| Lark | 2009/08/31 23:08 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1022-42a273ee

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。