PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設時代、無愛着なわたしでも多少の怒りはあった

養護施設にいる間の問題

 誰もいなかったわたしの本音




 社会に出てから少しずつわたしは成長していった。児童養護施設しか知らない自分にとって、二度目の施設での、人間的な親からの虐待などの影響で騒ぎたてる家庭からの措置組の子は、本当は、とてもうざったい存在だった。

 精一杯お祈りをしている時も邪魔をしに来る子達、何かと施設内で騒ぎを起こす子達、何かと警察沙汰、何かと・・・少しも放っておいてくれない、いつもうるさくて、施設はぐちゃぐちゃだった。


 わたしはいつも「いい加減してよ!家庭で虐待を受けた事は、施設で騒ぎを起こし、他の子を巻き込む事の免罪符にならない」といつも思っていた。実際に怒りをぶつけたかどうか覚えていないが、耐え難い思いはあった。

 わたしの中には、いつの間にか、問題行動を起こす子たちへの蔑みのような気持ちが芽生えていたように思う。

 わたしには、彼らのように始終騒がしく「自分の訴えを聞いてほしいの、私は虐待を受けたんだから何をしても許されて当たり前」とばかりに、昼夜騒ぎ続ける子を見て、単にバカらしく感じる事が多かった。




 そんな気持ちが沸く度に、神様にお祈りしていたように思う。自分に生じる怒りの気持ちがとても怖かったのかもしれない。彼らの殺伐とした日々の表現が施設の中に満ちていた、机が飛び、椅子が飛び、誰か小さな子が火がついたように泣く・・・・。
 
 わたしは静かに生きていきたかった。ただでさえ、あの頃、無自覚とはいえ、命そのものを捨てられて今までひとりで生き延び、ほうほうの体なのだから、自分自身の問題を静かに考えたかった。

 しかし、家庭育ちの愛着障害児たちは静かにいられず、いつも施設をかき回した。彼らの怒号と激しい呪いの言葉と、真っ赤に塗りたくられたペンキのような心理とに施設はいつもかき回された。

 わたしはあの頃、彼らを心底軽蔑していたのだと今なら思う。虐待を受けても、他人を巻き込まず、自分の問題に真正面から向き合う道はあるのに、他人(職員や、周囲の子)に依存して、騒ぎ立て、リンチし、破壊し、関係のない子をかき回す、家庭からの虐待の子がとてもきらいだった。

 わたしは、彼らを当時、心底軽蔑していたと思う。虐待を受けたからといって、自分が何をしてもいいかのように振舞う彼らに、一片の共感もなかった。

 そして(無自覚ながら)思っていた。「何故、親から捨てられた誰もいない子たちが、親との関係性、親からの虐待の問題を抱えている子たちの表現の犠牲にならねばならないの?」

 ・・・その思念が今も大人になった自分の内面に残っている。

 施設には静かな場所などなかった・・・考える場所などなかった。もう家庭虐待の子の訴えはこりごりだと、あの頃には思っていたかもしれない。

 これが、ストレートな気持ちのわたしの本音なのだ・・・。改めてわたしの敵はわたし、実はちっとも昇華できてなどいない・・・だめだ、ほんとうの自分は、こらえ性がないのだ。

 大人になった今も、まだこの部分は整理できていない為、怒りをぶちまけ続ける家庭虐待の子の気持ちを理解しようとする事に、大変なカベを感じる。
 

|  養護施設にいる間の問題 | 19時53分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

施設は箱庭

 Leiちゃん、殴られる者に殴る者の痛みを知れと・・・・、
 レ イプされる者がレ イプする者の哀しみを知れと・・・。


 施設ではやられる側に、やる側への理解を求められていた。施設全体が箱庭であり小さな子や弱い子、真面目子は、その箱庭のパペットだった。

 施設という箱庭でパペット達をもて遊び、弄り回し、壊していった、

 被治療児たちは家庭虐待の傷を癒し、実親との関係修復を次のステップとして施設を立ち去った。

 そして後には、壊されボロボロになったパペット達が取り残された。

 そのパペット達もいずれ施設から吐き出される。

 養護施設は家庭虐待の子達の箱庭療法の場だった。

 施設でパペットだったあたし達は、
 社会に出ても、家庭虐待の子からパペット扱いされてないかしら・・・。

| Maria | 2009/08/27 09:07 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1029-204064e8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。