PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる番組のCLIP09「金髪のヨハネス・ナチにさらわれた子どもたち」

気になる番組のCLIIP09

 気になる番組のご案内をさせていただきます。
 以下はMariaからのメールの引用です。
 

放映局:NHK BS2

番組紹介
↓↓↓↓
http://www.nhk.or.jp/archives/bsbest/lineup/program07.html#01

再放送:2009年9月9日 24:40~
番組タイトル:
BS20周年ベストセレクション
金髪のヨハネス 〜ナチにさらわれた子どもたち〜

 ナチスドイツがつくりだした、秘密組織レーベンスボルン(生命の泉)。“金髪”、“青い目”、“長身”という特徴を持つ、アーリア系人種による国づくりを進めていたナチスドイツ。レーベンスボルンは、ドイツ人男性とアーリア系女性との婚外交渉により生まれた子どもをドイツ各地の施設で育てるというナチの人種政策によりつくられた組織だ。
 現在ドイツのミュンヘンで暮らすヨハネス・ドリガーさんもこの政策によって生まれた子どもの一人。

 ドイツ人兵士の父とノルウェー人の母との間に生まれたが、生後すぐに親から引き離され、レーベンスボルンの施設に送られた。

 本当の親の存在すら知らないまま生きてきたドリガーさん。両親のその後の人生を辿ろうとするヨハネスさんを取材したこの番組は、丹念な取材と緻密な構成が評価され、ギャラクシー賞選奨を受賞した。

 この番組を振り返り、知られざるレーベンスボルンの実態と国の政策によって翻弄されたドリガーさんの自己回復の試みについて考える。

<ギャラクシー賞選奨>
スタジオゲスト:芝健介(東京女子大学教授)
コメンテーター:佐藤忠雄(映画評論家)



 いつもお読み下さるみなさんにも、この番組をお知らせしたいと思います、よろしかったらご覧下さいませね。

 わたしは落ち着いたら鑑賞文を書こうと思います。

 追記

 一本70分のストーリーをトータルで二回見たので、夜が明けそう・・・。

| 気になる番組のCLIP2009 | 13時40分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

あした

 判ったMaria、気合入れて?Gコード予約するね。
 

| Lei | 2009/09/09 13:39 | URL | ≫ EDIT

leiちゃん、

これはsidoさんの里親掲示板で、まにさんが案内してくれたの。
http://foster-family.jp/bbs/yybbs/foster-family-yybbs.cgi

うちはBSを契約していないから、leiちゃんに録画をお願いしたのよ。

| Maria | 2009/09/08 19:05 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1039-493abeb0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。