PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

里親家庭で虐待を受けても「施設だけで育つ事はいけない」との気持ちを持つ元里子さん

養護施設にいる間の問題

 わたしに足りない重いコトバ

 わたしは、施設はたとえ虐待が無い施設でも施設だけで育ってはいけないと思う。ある元里子さんは「里親家庭で虐待を受けた傷を自覚しながらも施設だけで育ってはいけない」と言う。



 わたしはその元里子さんがそのような考えに至るまでの道のりの厳しさを完全には理解できていない。しかし、その方が施設も里親家庭も両方体験している事が、今の考えに影響を与えているのではないかと思う。

 施設全部育ちのわたしが「子ども達を里親家庭へ」と発信するのと、その元里子さんが「子ども達が施設で育つのはいけない」と発信するのは、重みが違うように感じるのだ・・・。

 家庭をリアルに考えられる元里子

 わたしは「体験した事のない家庭に憧れを持ちすぎる」と夫からからかわれる。夫から見ても、地に足が付いていない家庭観があり、心元ないのだろう・・・。そう指摘されるとコトバもない。
 
 ・・・その元里子さんはご自分の場所で本音も書いていらっしゃる。 

 「私は愛着障害児だった(ADHDの診断も受けておられる)ので、年齢的にも里母は大変だったと思う」と、里親の側の苦労を具体的に説明している。

 ここまでご自分を分析しておられる方の言葉は深く刺さる。わたしにとっての家庭はリアルではないが、その元里子さんにとっては間違いなくリアルで、施設全部育ちのわたしの感覚では到底追いつけないのだ。しかし言わんとしている事は何となく見えそうだ。

 毒親からこねくりまわされたり、捨てられた後に毒大人からツール化されたりしているうちに、子どもは愛着障害になっていくのだという事。

 後手後手の行政では、すっかり立派な?愛着障害児になった子どもを里親家庭が引き取る事になり、その結果、情報の少ない里親は、愛着障害児に対応しきれなくなり、施設へ戻すというパターンではないかと思うようになった。それは里親の資質の問題だけではないのだ。

 里親家庭へ委託されるまでの、里子の道のりが複雑すぎる、あるいは、放置されすぎなのだ。可愛い子どもを抱きたい筈だったのに、戦いが生まれるのは、とても悲しい事なのだ・・・。

 怒りは怒りとして

 里親と施設職員は役割が違うと思う。職員は親ではないが、里親は親的なイメージを持ってしまう相手だと思う。施設全部育ちは怒りもないが、元里子さんは、そのあたりの「期待値の裏切り」への怒りを持っているのではないかと思う。

 元里子さんは、施設へ行きたいのではなく、虐待のない里親家庭で育てられたかったのだと思う、だから、この方は、ご自分が苦しい中にあるにの、里親家庭で虐待を受けても乳児院・児童養護施設だけで育つ事へ意義を唱えておられるのだと、わたしは解釈している。 

 ただ、わたし個人としては、里親からの虐待を怒りを怒りとして整理しやすい状況になりますようにと願う。怒りの後に、許しやそうでない選択を大人として持てると良いのだけど・・・密かに彼女を応援しています。

|  養護施設にいる間の問題 | 07時19分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

なんだよ・・・

 Maria

えらい、えらい。

 まったく、大人に向かって何がえらいゞだよ・・・。
 
 でも、言葉を覚えるのが遅かったわたしだから、言葉をじっくり観察しているんだ、今。日本語は本来きれいな筈だから、それを信じたいし、勉強したい・・・。

 と言ってる、このレスの言葉は乱暴で、ごめんね。

| Lei | 2009/09/19 08:23 | URL | ≫ EDIT

施設で虐待を受けたら里親家庭に出してくれるのかしら?

たまさん、こんにちは。

たまさんのお気持ち、まったく同感ですわ。

里親家庭で虐待を受けて施設に行くのなら、施設で虐待された子は、全員里親家庭に行かせてほしいわ。もちろん、子どもを虐待しない里親家庭に。

虐待のない里親家庭と、虐待のない施設を比較し、どちらが子どもが幸せに育つのか、発信していきたいと思っています。

| Maria | 2009/09/18 19:56 | URL | ≫ EDIT

子どもたちは虐待のない里親家庭に行って欲しい

さとみさん、こんにちは。
共同管理人のMariaといいます。

里親家庭の虐待記事の紹介の後に、何の感想もなく、

>この子が一日も早く里親家庭に戻れることを祈ります。

と書かれたのでは、誘導尋問の印象を与えてしまいますわね。
 あたしたちは、里親家庭の応援をしていますし、里親サイトの管理も手伝っています。
 だけど、いくら里親さんと親しくしても、里親家庭の虐待を許す気は毛頭ありませんのよ。

 最近、あたしたちのブログが、2チャンネルや某里子サイトでネタにされているようですので、「わざわざそこから来て、釣りコメントをしたのかしら?」と勘繰りたくなる気持ちを理解してくださるとうれしいですわ。
 どこの県から来ているかもわかるので、よけい疑心暗鬼にかられてしまいますのよ。
 よろしかったら、どんなつもりでコメントを付けたのか説明して下さると、あたしたちの誤解も解けると思いますわ。

Leiちゃん、

>なんのつもりですか。虐待記事の直後に、こんな誘導のような言葉を書くなんて・・・。

 「そうですね…」なんて返事したら、「里親家庭の虐待を認めるのか」と叩かれそうね。 よく釣られなかったわね。えらい、えらい。

| Maria | 2009/09/18 19:50 | URL | ≫ EDIT

 はじめまして、たまさん。

私は養護施設の酷い面を多々知っているので、養護施設には誰も預けて欲しくないと思ってます。

ここでの内容は、少し難しいことも多く、ちょっと消化不良気味なのですが、
物事を多角的に捉えるために、参考にさせてもらってます。


 本音を言ったらたまさんと同じ考えです。わたしも施設には虐待と意識すらさせない体罰や強制やリンチがごく普通に転がってましたから。

 わたしも、本音のままに書いたら自分の気持ちのままに書きたいけど、愛着の問題を抱えているようなので、その側面を無視できず、結果的に多角的というか、広く浅いブログ内容になっています。

 今、里親関連の記事書いてるのは、子どもの養育環境を広い目線で見る必要性を感じ始めたからです。いつか自分自身の養護施設での問題に向き合いたいけれど、何が出てくるか分からず少し逃げてます。

 施設は子どもの地獄だったのに、問題はそれをごく普通の措置内容の中の指導でしか、扱われて居ない事に怒りがあります。同じ内容が家庭で行われれば、発覚しようがしまいが、問題家庭として認識できるのに、施設だから、指導になる・・・。

 もう施設に戻りたくありません、絶対に。
 

| to たまさん | 2009/09/18 04:58 | URL | ≫ EDIT

うっかり答えられない内容です

 さとみさん、初めまして。


http://www.asahi.com/national/update/0914/SEB200909140007.html
この子が一日も早く里親家庭に戻れることを祈ります。


 なんのつもりですか。虐待記事の直後に、こんな誘導のような言葉を書くなんて・・・。

 虐待のある里親家庭へそのまま戻す事は出来ないですが、そのまま施設で残りの子ども時代を育ち切ると、今度は、家庭に対する間違ったイメージをコピーしたまま生きる事になると思います。
 
 この子が六歳で委託された時期の遅さも理解できる里親家庭でじっくりと、家庭イメージを修正していって欲しいです。施設で育ち切るのではなく。

 

| to さとみさん | 2009/09/18 04:52 | URL | ≫ EDIT

複雑です。

私の居た施設では、私は小学5年になるまでは、毎日が暴力の連続でしたから
私でしたら、そのような里親でも、里親の方がマシと思えるでしょうね。
その少年が入った施設が、良い施設だと良いのですが・・・としか言いようがありません。

ただ、尻に噛み付いて、1ヶ月のケガって? 肉を噛み千切ったのかな?
としか思えない位ですから、相当酷かったのかも知れないです。
私の場合、職員の暴力で肋骨2本が折れても、学校の階段から転んだ事にされましたし、
「肋骨の骨折はケガに入らない」
と言われて、普通にどぶ掃除や、庭の草引きみたいな作業はやらされてましたし、肋骨の痛みを訴えると、
「顔なら痛くないのか?」
と言って、顔を殴られたりしてましたから、そういう施設に預けられない事を願います。

色々と考えさせられる記事が多く、いろんなケースがあるんだなと、勉強になります。
特に、里親と施設の両方を経験した方の発言は、片方しかしらない私にとっては考えさせられました。

私は養護施設の酷い面を多々知っているので、養護施設には誰も預けて欲しくないと思ってます。

ここでの内容は、少し難しいことも多く、ちょっと消化不良気味なのですが、
物事を多角的に捉えるために、参考にさせてもらってます。

| たま | 2009/09/18 01:05 | URL |

同感です

 育てていた里子にけがを負わせたとして、宮崎地検は14日、宮崎市青島西2丁目、小学校教諭安波圭容疑者(38)を傷害罪で宮崎地裁に起訴した。安波被告は「日頃から子供の態度にいらだっていた」などと起訴事実を認めているという。地検は継続的な虐待があったとみている。

 起訴状によると、安波容疑者は4月1日ごろ、自宅で寝ていた里子の男児(6)の尻に2回かみついて約1カ月のけがを負わせ、同26日には移動中の車内で男児の太ももを指でつかんだりつねったりして約1週間のけがを負わせたとされる。

 地検によると、男児は昨年8月から里子として養育されていたが、継続的な暴行を少なくとも今春から受けていたという。地検は、里親(母親)としての心理的な圧力や仕事のストレスなどから、安波被告のしつけがエスカレートしていったとみている。

 里子として迎えられた教員の家庭で起きた悲劇。県内でも子供が犠牲になる虐待事件は後を絶たない。

 県こども家庭課によると、県内の昨年度の虐待に関する相談件数は287件。07年度の195件、06年度の220件と比べて増加。逮捕に至った重大事案は今年5件(8月末現在)で、昨年1年間の4件をすでに超えている。

 県警少年課の黒木寛史理事官は「虐待は親の立場では、しつけの一環。線引きが難しく、家庭内なので表面化もしにくい」と指摘。今回の事件は児童相談所(児相)からの通報がきっかけで、「子供や赤ちゃんは被害をうまく表現できない。学校や医療機関、児相などが協力し合い、小さなケースから対応していくことが重要だ」と話した。

 児相関係者によると、男児は県警への通報後に児相に一時保護され、現在は児童養護施設で暮らしている。一時保護された段階では無表情で落ち込んでいたが、職員が「お母さんのところに帰らなくてもいいんだよ」と声をかけると、笑顔を取り戻したという。

http://www.asahi.com/national/update/0914/SEB200909140007.html
この子が一日も早く里親家庭に戻れることを祈ります。

| さとみ | 2009/09/17 22:17 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1040-3de19e7b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。