PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる番組のCLIP09「金髪のヨハネス・ナチにさらわれた子どもたち」2

気になる番組のCLIP09

気になる番組のCLIP09「金髪のヨハネス・ナチにさらわれた子どもたち」


 心動かされるテーマ

 非常に心が動かされ、食い入るように見つめてしまった。自分のテーマが改めて見えて来たようで、心が逸る思いを止められない気持ちになった。人種も違う、政策も違う、時代も違う彼の話だけど、わたしは彼の気持ちが手に取るように見える気がして、午前中ずっと録画をテレビで流し続けている・・・。(気づけば眠い)わたしにこんな情熱あったっけ?


 自分の存在証明を誰も与えてくれなかった人は、長じて、今度は自分の過去を探す旅に出る。ヨハネス(otto)は同じ時期に施設にいた(生き延びている)他の人とリアルメールを通じて、やりとりしながら、当時の世界へ潜行していく。

 彼は自分の事は施設に収容されていた以上の事はわからないが、やがて自分を生んだ両親の過去を探し始める。この間、彼が何故、過去を巡る旅をしたのか、そのキッカケも詳しく語られている。

 彼がせっかく家庭を築いても、子ども達とのコミュニケーションがうまくいかず、やがて子どもの一人が自殺してしまう。その自殺の遠因に自分の問題があるのでは?と考え始めた・・・。

 施設で不特定多数の集団として生き、家庭で育てられなかった子、愛情を与えてもらえなかった子が、今度は固定された親として子を育てるイバラの道を見せ付けられた想い・・・。正直、少しきつかった。

 施設の子のメンタルについての記述

 でも、最終的にこの番組を見てよかった。自分のメンタルの持ち様の理由を、その全てかどうかわからないが自然体で受け入れる事ができた・・・。わたしのテーマは、ここ、に関連がありそう。

 今までは家庭で育った夫から訳しり顔に指摘をされても、何か違和感があったのだ・・・たとえ、指摘されている症状の見た目が同じでも、彼の意見を受け入れてしまったら、施設で全て育とうが家庭で育とうが同じになってしまう事に、強烈な違和感があったのだ。

 ライフストーリーを巡る

 この、隠され続けてきた彼のルーツを探す旅を、放浪していた自分の中にも感じる。乳児院から施設にいた子、物心付いたら施設にいた子、大人になっても自分の両親が居ない、見た事も聞いた事もない親戚縁者、それらの現実の中で、アイディンティを持つ事をどのように進めていくのか、海外よりももっと取り残されている日本の児童養護施設全部育ちは、ほんとうに厳しい現実を生きていると感じた。

 施設だけで育つという事は、社会から断絶された状態なのだと理解出来る。自分が自分である事をどのように納得させたらいいのか判らない、判らないままに家庭で主婦をやっている。

 夫は「先祖代々続いた○○家の血を繋ぎたい」のだと言うけれど、わたしは自分が何者か分からなくて、繋げていいのかどうかもわからない。

 わたしはたとえ子どもを虐待しなくても、子どもを何処かに置き去りにしてしまうような気がするのだ。それはきっと、虐待をしながら子どもを手放そうとしない親とは違う、真逆の傾向を表してないかと、そのように思う。

 自分探しの旅をソウルメイトと共に進めている。遅々として進まないけれど、自分を過去の中に見出したいのかもしれない。しかし2人とも偶然の一致なのか、お互いの施設には、小さな頃の写真一枚残されていなかった。・・・そんな体験を、ふと、この物語は思い出させてくれた。

 見てよかった。

|  養護施設を出てからの問題 | 11時35分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

勘違いしてたよ(大汗)

Maria、ヨハネスは養子に引き取られてたし、同じ施設で過ごした女の子もドイツ人の里親家庭へ引き取られてた・・・。

施設で不特定多数の集団として生き、家庭で育てられなかった子、愛情を与えてもらえなかった子が、今度は固定された親として子を育てるイバラの道を見せ付けられた想い・・・。正直、少しきつかった。

 ごめんなさい。↑ の部分の、施設全部育ちの問題とは丸々重なるわけじゃなかった。

 戦時中のドイツだって、ドイツに忠誠を誓うエリート人間を生ませて選別するのに施設を必要としたけど、そのまま、施設で育て上げるなんてしない・・・。

 ごめんね。親記事直すのは大変だからレスで言い訳する。


 

| Lei | 2009/09/11 07:51 | URL | ≫ EDIT

Leiちゃん、

録画してくれてありがとう。
今度のお休みにゆっくりと見るわね。

| Maria | 2009/09/11 07:14 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1041-42ff28ae

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。