PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設育ちのわたしにとって、過去への探索の旅は必要な事

過去探索

 追加されたテーマ

Mariaからメール添付画像
 Mariaからのケータイ・メール画像です。萌えにゃい猫だよ


 子は何をもってこの世界はこうであると感じるのだろう

 施設全部育ちにとって、物心つく前~物心付きそうな時期~物心ついた時、どこに居たか?が、潜在的に影響している事を、大人になってもあるとは感じていた。

 ・・・たとえば街を歩いている時、働いている時、つい導かれる世界観、つい拾ってしまう言語、つい眺めてしまう風景・・・それらはみな、わたしが原初の頃に受け取った世界観からのスリコミのようで、自分意識だけではコントロールしづらい。わたしの感覚は、どうしても無自覚の領域に埋没しているので、今も未分化なまま放置されていて取り出せない。

 それをテキスト化作業だけで、カウンセリングも受けず、どこまでやれるかわからない・・・が、気になってしょうがない。物心付く前の世界が今に影響していると思えるが、補強してくれる人の居ない中、一人よがりになってしまうかも・・・。

 わたしは物心(ものごころ)付いた時に児童養護施設にいた。集団の世界の子ども達がわたしの目に常に映っていた。それなら、物心着く前はどこに?物心付きゆく頃、どこに?わたしは「この世界はこういう風なんだ」と感じた時、わたしは「目に映る、聞こえる事柄の何」をもって「この世界はこういう形なんだ」と思う為の判断材料にしたのだろう?

 などと、非常に抽象的な表現をしてみる。


 埋められないものをとりあえず想像力で埋める

 「無意識な領域~意識の領域」がここ最近の追加された新しいわたしの探索テーマになっている。「物心付きゆく頃に、この世界に固定された大人が誰もいない中、初めて目に写る世界が、自分以外の多種多様な子ども集団だったとしたら?この世界をどんな風に感じるだろうか」というようなテーマだ。

 過去のどの時系列にも自分が居た痕跡がないのが、捨てられていた事実であり、それを見ず知らずの様々な人々へファンタジーボンドしてみても、すぐにハリボテの舞台設定は崩れてゆくのだ。アニーのように、アンのように、オリバーのように、誰かに出会いを果たせたのではないから。

 だから、大人の自分に影響を与えたであろう、物心の付き始めた時間を想像力で補おうとしているのだと思う。

 精神衛生上考えた方が良い事

 たまに夫は「施設育ちが捨てられた事実を確認する確認作業なんて、精神衛生上良くない」と言うが、それは家庭育ちの夫の感覚だと思う。夫は養育者から一度も捨てられた事が無いので、捨てられる事をイメージするだけで精神的に不安定になるのだ。それは彼の感覚なので彼自身、大事にしてほしい。でもそれはわたしの感覚ではない。

 しかしわたしの過去探しの旅はわたしにとっては精神衛生上悪いわけではない。捨てられた事実を納得させる事も、これまた、わたしにとっては穴を埋める作業なのだから。

 家庭育ちの夫はムリに分かろうとしなくて良い。しかし、里親養親については、里子や養子を育てている中で、この(ミッシングリンク)問題は避けて通れないテーマだと思っている。

 この世界への適応の困難さ 
 
 日本に住むわたしや他の施設児童は 金髪のヨハネス よりも、絶対的な情報が無いのだ。

 彼のストーリーを知る事で、戦時中の一つの国の極端なイデオロギーによって操作された命の、その取り扱い方について、わたしは昨晩、とても色々と考えるヒントを得る事ができた。

 だがそれと共に、戦時中でもない、平和だ(平和ボケとも言う人が)と言われてるこの日本の国で家庭を与えられた事もなく、乳児院・児童養護施設で育ち切り、根源的社会的弱者(社会的排除者)として大人になってしまう子ども達がいる事に、今更ながら、わたしは生物親だけじゃなくこの国からも捨てられていたのだというお墨付きを与えられた気分になった。

 誰も関係者が過去に居ないという事は、自分過去の中に見つけ出す事もできないのだ・・・。そして、現在を経て、未来の世界の中にも、わたしはやはりどこにも居ないように思うのだ。


 ・・・という事で、カテゴリを一つ追加するという、どうでも良い個人的メモ書き。

| 過去の探索 | 05時47分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

マーベリックさん

 
 マーベリックさん

 ちょっと忙しくて返事を書き換えてる途中でしたが席を立ってしまいました。わざわざレスを削除しなくてもそれほど酷い事を言われたとは思っていません。・・・でも何だか責める言い方になりすみませんでした。

 わたしもそうですが施設全部育ちはやはり独特な空気を持ってると思います。わたしに限らず・・・。

 それに施設育ち同士だからといって相手の事を理解しなくちゃいけないと思うのも、それは施設時代の考え方の名残だと思います。施設では多数派になる事を求められますから。

 それよりも一番分からないのは自分の事なんだと思います、施設全部育ちは虐待のあるなしとは別に、自分の事が全く分からない事も、それはそれで大変なことだと思います。
  
 他人の事よりも、自分を探す事をしても良いのではないかと思います、自分本位とはそういう事です、わたしにとっては。

| Lei | 2009/09/13 17:37 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1042-58740930

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。