PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この年齢ならこの位の事が出来る事を目指して、世の親は子を育てようと奮闘するらしい

養護施設にいる間の問題

 @1施設育ちの着眼点

 ・・・わたしの脳みそは最近(いつもより、もっと)変です。

 最近わたしが考えている事のキーワードとして、今までの集団生活、宗教観、愛着、の他に最近、発達段階、社会性、常識のレベルメーター、ライフストーリー、ライフプラン、というような事が浮んでくるようになった。


 施設時代という永久凍土

 わたしは施設時代を永久凍土として取らえていたけど、社会に出てから結婚し、特に絆を殊更意識して過去の整理作業を始めた時、次々と脳が勝手に動き出している。

 それをわたしの脳みその温暖化だと感じていて、今、氷河が崩落していて、何億年もまえに閉じ込められた様々なものが息を吹き返し、主張し始めているようにも思え、地球に勝手に共感してしまうのだ。

 そして本来なら・・・年齢が進むにつれてアルツハイマーになるリスクが高くなる筈が、わたしの場合、妙に脳がフル回転している感じがある。最近わたしもかなり戸惑っている・・・。これは固有の相手との絆づくりの影響・遠因なのだろうか・・・。
 
 わたし版の知恵熱

 その代わり、副産物あれば副作用もあり、脳がとにかく疲れるので眠気が酷く、一日の半分以上を脳を休めないとならない。これをわたしは、知恵熱と位置づけている。(もちろん家事はやっているよ)

 こんな面白い自分の状況なので、分からない人にはさっぱりわからないと思うけれど、分からなくても良いから読みたい方は引き続きよろしくお願いします。

 次なる整理へ

 で、最近わたしは「児童養護施設だけで育った事の何が問題なの?」と八年前、わたしを心配して出会ってくれたMariaに向けて放った言葉に、自分がさらされている気分なのだ。

 「児童養護施設で育った事の何が問題なの?」
 「家庭で虐待受けるよりマシでしょ?」
 「わたしは虐待施設ですらないんだよ、単に施設で育っただけ」

 と言い、わたしは自分で生きて来た、誰にも迷惑掛けずに生きて来た、むしろ胸を張ってがんばって生き続けるよと。もしわたしが、後輩からこれと同じ言葉を投げつけられたら、

 少し発達したわたしは、何と答えるだろうか。質問をしてきた相手にもよるが施設全部育ちの非常識さ加減は病気レベルだと感じている自分が、うっかりそんな相手に同意できるだろうか。

 児童養護施設は子どもの発達なんかいちいち見てない。集団という総合的な対象としてしか見ていない。結果的に放置になっている。でも世の親達は責任感を持っている。

 「親の顔が見てみたい
 「おさとが知れる」
 「子を見れば親が分かる」

 などのように、親が子を育てた責任を問われるという了解の元、子育てしている。しかし児童養護施設は違う、育て親ではないのだ。
 
 施設育ちは、その集団生活の中で勝手に生き抜いた事を「自分で生きて来た」と胸を張って生きているに過ぎないのだ。それは、自分自身はともかく、周囲の大人の目には寒い状況なのだという事だけは、他の施設育ちに言っておきたい部分だ。
 

|  養護施設にいる間の問題 | 07時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1065-4a355c11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。