PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設的生き方を変える為には幼少の頃に固定された養育者に育てられて欲しい

養護施設を出てからの問題

#育てられ方の整理をしてなかったらとっくに離婚していたに違いない。
 メインタイトルを、ちょびっと変えました。いろいろすいません。

 施設時代のままでは何処へも行けない

 施設長期・全部育ちは施設時代に問題児とされなかった事をもって、自分の生き方は基本的に間違ってないと思いがち。年齢が高くなるに従い、放置の期間もそれだけ伸びるのでますます自分の考えを変えようとしない。そして卒園していく。



 しかしこの時にもし里親家庭へ行く機会があるとすれば、施設での真面目人間は一発で問題児とみなされる。その理由は愛着のなさ、里親や里親家庭の実子やその他の人の気持ちを汲み取れない事、そして自分勝手に生きる事。何も虞犯行為さえ犯さなければそれでいいのではない。里親家庭では、里親家庭のメンバーと愛着関係を築けない事が問題なのだが・・・。

 でも自分の行動を施設で放置され、誰からも指摘された事が無いので、結婚しても家庭が理解できず、宛てもなく逃げ出してしまう(体験あり)。もし子どもが出来ても普段から世話の仕方も分からないので、施設の年長児童のような接し方しかできない。子育てする大人を施設では見た事がないのだ。

 家庭というのは子どもを育てる為の巣箱のようなものらしい。だから愛の巣という言い方もあるが、最初はこの言葉の意味が全然理解出来なかった。でも愛というのは男女間だけの事じゃなく、親が子を育む為の巣という意味もあるらしい。わたし達は巣から転げ落ちたんだろう、幼い頃に。コウノトリの巣に運んでもらえなかっただけ・・・。

 わたしは今、施設を出て家庭を勉強しているつもりだけど、どうあがいても家庭で育った人には遠く及ばない。その、概念的なものばかりで実感がない。それでも生き方を変える必要性を発信する為には、自分の今やってる整理をテキストでおすそ分けできれば・・・と思う。やってる事の、自分の整理の正しさではなく、こうせざるを得ない気持ちがあるから。
 
 それは間違ってる整理方法だと言う人がいるかもしれないけれど、ここは個人ブログだし自己主張なので、その点はこのブログに限りご容赦願いたい。間違いを主張していても、せっかくのコメントに切れても、時間が少し経ち自分が間違っていたと感じられるようになりたいと思う。

 思考のクセの切り替えの必要性

 施設を出る時、施設丸出し宣言してしまった過去の自分をこづきたくなる時がある。○○学園を誇りに思いますとノリで言った自分を世間知らずで無知と思う。誇りに思う程なら愛着がある筈なのに、それは違ったのだ。そう宣言するのが当然という空気があっただけなのだ。それが流れ行く集団的バトンタッチだった。

 何故なら自分達より前の先輩方も皆、同じように宣言して去って行ったから・・・。それを見続けた後輩の自分達も同じようにしただけ。誇りのないプライドのない自分にはノリと突っ込みしかなくて、結構軽いだけの人生だった。

 わたしは真面目に生きて来た思考は肯定するけど、誰も居ない人生を誇りに思うなんて宣言を、もし目の前の子どもが堂々と言ったら、いさめると思う。その言葉の軽さの重さ(何のこっちゃ)に言及したい。生まれて来たのだから誰も居ない事に誇りなど持たないでほしい。

 そんなわけで

 わたしは今、丁度今、たぶん思考のクセの切り替えの時期なのだと思う。だから多少変な記事を書くかもしれないが、生暖かい目で見て下さるとうれしい。施設全部育ちも絶対に過去を整理すべきというべき論をあえて言いたいくらいだから。まずは自分がやってみる。わたしが顔も知らない施設全部育ち達へできる事は本当に少ないのだ・・・。

 以上
 

|  養護施設を出てからの問題 | 13時42分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

Leiちゃん、
ずっといそがしくてごめんね。

>生暖かい目で見て下さるとうれしい。

あの…
「生暖かい目」って、すごく受けるんだけど…

どんな目だよ…

「温かい目」でいいと思うけど…

| Maria | 2009/11/15 22:58 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1080-ed267925

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。