PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とっくに卒園した施設出身者が「感謝」しようが「恨もう」が、施設の関心ごとじゃない

養護施設を出てからの問題

 自分の出生時の体重を知りたがる奴はいない

 わたしは2つの施設を体験しているので、1つの目の施設の事を聞きたくて、2つ目の施設の園長に相談に行った。それも自分の過去探しの過程でのこと。

 2つ目の施設の園長は、わたしが1つ目の施設へ行き、自分の育てられ方や委託された理由を聞きたいと言った時、このような返事があった。

 「1つ目の施設の職員も、覚えてもいない卒園児が来て、自分の事をあれこれ聞かれる程迷惑な事はないぞ」と。




 わたしはただ過去の情報が知りたいだけだったので、彼の言ってる事に対して逆質問した。それにわたしが知りたいのは1つ目の施設の事だから、その園長には迷惑にならない筈と。

 ・・・夫は彼自身の事を家族から聞き、育ったので彼の過去にブランクがない。その事が彼を安定させている。その事を夫から聞き、

 「わたしは自分の過去を探している、わたしは今何故わたしが出生地よりも遠く離れた場所にこうしているのか、理由さえ判ればいい」と言った。
 
 すると園長はたたみかけた。

 「お前な、どこの世界に自分の出生時の体重を聞いて喜ぶ人間がいる?そんなものを知りたい本人がいるわけないだろう」と。「それと同じように、過去をかぎまわる行為が仕事に迷惑だし、古い書類は焼却処分になってる筈だ」と。

 ・・・自分の責任じゃなく施設で全部育ったのに、過去を知ろうとする事を迷惑な逸脱行為であるかのように言われ、結局、自分がしつこくしている気がして、過去を探す事さえ諦めかけてしまいそう・・・。

 今のわたしは、里親家庭での真実告知の告知義務や、ライフストーリーの事など勉強している。しかし施設全部育ちの場合は、申し訳ないが程度の低い職員から、わけの分からない自論をぶつけられる。これでは本当に過去の整理にならない。

 嗚呼
 
 ・・・確かに今思うと、この園長と話した事が失敗だったかもしれない。でも2つ目の施設の園長なら、それ以前のわたしを知っていると思い込んだが、実際は何も覚えていないし、それどころか、全く調べようともせず下らない事ばかり言っていた。

 たとえば小学校時代の通信簿が欲しいと言えば「国家の地下の機密金庫に封印されている」と言い、出そうともせず・・・(TT)だったり、こんな言葉に引き下がるわたしもわたしだが・・・。今も通信簿ゲットしづらい(一応可能だとの事だが、職員総動員だったと言われ、かえってびびる)。

 ・・・。

 わたしは数年後、結局Mariaに付き合ってもらい、過去の施設へ訪問させてもらったが最初から彼女に相談していればよかった(って、あの当時はまだ会ってなかったか)。

 忘れられた児童たち

 最近のわたしは、育てた責任者がいないどころか、その児童が忘れ去られていることにも気付かされた。生きているか死んでいるか、幸せか不幸せか、全く忘れられた児童がどう生きていようと、育てた筈の施設環境の関知する所じゃないのだ。

 だから「施設で育ち、感謝してます」も「施設で虐待受け、憎んでます」も、施設にとっては何の関係もないのだという事だけはしっかりと感じる事ができる。STOPの掲示板などで宣言文を置いていく元施設児童がいるけれど、彼らが今もその施設の職員のたった一人で良いから、人生を掛けて関わり続けてもらっているなら別だけど(そうなるとすでに職員じゃないが)、単なる宣言を当時の施設職員の誰が聞いているだろうか?
 
 投げかけた言葉の先に、対象者がいなくては単なる独り言で終わってしまうんだと思う。施設へ宛てて書いてもいいが、施設という建物相手なのではなく、その施設の誰か、固有の相手が浮ぶのかどうか・・・。
 
 無愛着の源流

 わたしは「好きで無愛着になったんじゃない」という言葉を内面に持っている。もし過去において、わたしと個人的に関わろうとしてくれた人がいたとしたら、わたしは、自分で言うのもなんだけど、邪な人格ではなかったと思うので、その人を安心して好きでいられて、安心して後追いできたと思う。何も考えず、ただひたすらに・・・。

 無愛着っていうのは、捨てられたから生じるだけでなく、捨てられている状態の長期の放置、そして、捨てられた状態をそのままに大人として生き続ける事で、その状況はさらに自分の子に連鎖されやすいのだと思う。
 
 施設出身者のうち、施設全部育ちだけが愛着世界から放置されているのに、肝心の施設育ちはその事を知らない・・・知らなすぎると思う。施設育ちは、誰にも出会えなかった事を悲しむ道が確保されていない。

 わたしは・・・まず、勇気を出し、その道をまず作っておこうかなと・・・。わたしが感情表現する事で、感情のない他の子の感情の呼び水になるかな?・・・分からないけど、捨てられたままの子供達が、捨てられた事で悲しめない事がとても悲しいのだ。

|  養護施設を出てからの問題 | 09時00分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

最近、書くのが申し訳なくなって

 Maria、過去に何度も平気で記事にして来た内容だけど、だんだん晒しているような気持ちになってきた。昔は園長の物言いも、わたしの中ではごく当然の世界観だったから、言われた事を言われた通りに書いても、何も思わなかった・・・。

 でも今は不思議な事に、なんだか晒し者にしてるような気持ちが出てきて、なぜこういう風に感じるようになったんだろう?と思う。

 たぶん、物事の価値基準や社会での通念や、里親さんと交流する中で、何かが変化しつつあるんだろうなと思う。

 確かにこんな事は施設児童相手じゃなければ言えないかも。家庭の子相手にはとても言えない。相手が無知だからこそ言えるのであって、地域でも平気でこのような事を言ってたとしたら、施設が地域で浮くのも理解できる。

 ただでさえ施設は地域で浮きがちなのに、こういう世界観をごく普通に持たされていて、自分の謎を知りたいと思う事すらなく、単に生きてたんだなと思う。

 しかし、なんだか複雑な気持ち。昔よりも書き辛くなっている・・・。特に職員がこう言った、ああ言った話は、結構まずいのかな。

「国家の地下金庫に保存されているLeiの成績表の本人開示について」

 Maria請求するのはいいけど、その件名、それはお願いだからやめて。さすがに・・・恥ずかしい。最近、怖いもの知らずじゃなくなってるから。

 世間知らずだけならまだいい、そこに馬鹿が添加されて社会に出てしまったようで・・・。

| Lei | 2009/12/03 05:07 | URL | ≫ EDIT

出生時の体重は子育ての大切な話題

Lei ちゃん、
あなたの施設の園長は、とても頭が悪いのね。
ここまで程度が低いと、迷惑を通り越し、害悪になるのね。

>お前な、どこの世界に自分の出生時の体重を聞いて喜ぶ人間がいる?
>そんなものを知りたい本人がいるわけないだろう」と。
>「それと同じように、過去をかぎまわる行為が仕事に迷惑だし、古い書類は焼却処分になってる筈だ」と。

 あたしの周りの子育てママ達は、子どもの出生時の体重と自分の出生時の体重を知っているの。
 職場でも、話題になる。

 あたしは、この出生時の体重の話になると、どうにもやりきれなくなるの。自分が何グラムで生まれのか知らない人は少ない。だから、「Mariaさんの出生時の体重はどうでしたか?」と聞かれたことがあったけど、「早くに母を亡くして聞いたことがないの」と答えた。

 自分がどこで生まれたのか、誰から生まれたのか、なぜ物心ついたら施設にいるのか、いろいろ知りたいと思ってる。
 施設の中で、大勢の似たような子どもたちの間に立っていたのが人生の最初の記憶だから…

 あたしだったら、この園長、ひっぱたいている。もちろん、彼が一緒にいるときの話だけど…

>小学校時代の通信簿が欲しいと言えば「国家の地下の機密金庫に封印されている」と言い

 施設育ちの成績なんて、誰も歯牙にかけないことを知っているくせに、「国家機密」扱いで煙に巻くのね。この馬鹿さ加減は、本当に腹立たしいわ。
 こんど、個人情報の開示請求をしましょうね。

 請求件名は、「国家の地下金庫に保存されているLeiの成績表の本人開示について」よね。

| Maria | 2009/12/02 19:30 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1088-7697f928

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。