PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CM「親と暮らせない子ども達の為に里親制度を知って下さい」~12月末まで公開

里親さん応援サイト・別館


関連記事:

Yutube 川島あい里親制度を知らせる;【注意!2009.12.末までの公開】     
月刊「里親だより」第20号 里親制度のCMができました 


 
 

里親の大切さを私は知っています。

            川嶋あい


 子どもって自分を見守ってくれる大人がいるから頑張れるんです。

 知ってほしい、手をさしのべてほしい

 親と暮らせない子ども達の為に里親制度を知って下さい。
 
 (財)全国里親会 (独)福祉医療機構 厚生労働省推薦 「長寿・子育て・障害者基金」 助成事業




 このCM、公開が切れたらもうリンク切れてしまのだろうか。とてもよく出来ているのでもったいない。公開し続けたらダメなんだろうか・・・ダメなんだよね、きっと。サイドバーとかにさり気なく置いておきたいんだけど。

 それにしても今まで海外に孤児院を建てている彼女が、海外だけでなく同時に「日本にも親と暮らせない子どもが増えている事を知りました」と言ってくれた事は本当にうれしく感じた。

 名も無い施設全部育ちが吼えても、それなりに限界があるのは事実・・・だから、このような有名な方が言ってくれる事、それだけでとても貢献度が高い事と思う。川嶋あいさん、少し大人びたように感じる・・・。

Mariaの言葉より

 あたしやLeiちゃんは、ことも時代の全てを施設で育ち、もう手遅れではあるけど、いま、乳児院・児童養護施設にいる乳幼児が里親家庭で育つことが出来たらと祈っているの。



 そう、わたしもMariaも里親さんを応援する一方で、たまらなくどうしようもなく自分には誰ひとり居なかった事を知る。その思いの中で語る語りは時として、迷い道に入り込むような気持ちになる。もちろん・・・それでもがんばるけど・・・。 

 だから「施設全部育ちなんていう言葉が将来、過去のものになりますように」と願わずに居られないのだ。

|  里親さん応援サイト・別館 | 05時03分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

Akariさん、

お気持ち、とても嬉しいです。
世界中を「敵」にまわしても、あたしたちの言うことは変わらないと思います。
と言ったら、ある人に注意されました。「少しでも理解してくれる人を増やしていって、世界中を味方にしていくことが社会を変えていくことだ」と。

これからも二人で、「子どもたちを施設ではなく里親家庭で育てて欲しい」と訴え続けます。
ありがとうございます。

| Maria | 2009/12/08 07:03 | URL | ≫ EDIT

akariさん、うれしいです

 akariさん、おはようございます。
気持ちを向けて下さってありがとうございます。最近のわたしは少しエモーショナルな感覚に陥りやすくなり、ちょっと恥ずかしいレスなんかしてしまいました。取り消しづらいなあ(照)
 
 だから応援のコメントうれしいです。少しでも前に進んでいきたいです。

 わたしが最近紆余曲折の末思う事はシンプルな事で、虐待の無い家庭が子どもにとって一番必要な環境だという事です。虐待を家庭で受けてしまう事、施設で受けてしまう事、そして里親家庭や養親家庭で受けてしまう事、そしてわたしに係る問題として、放置されてしまっている事、施設長期入所児童の問題、子どもが一番の被害者ですね、ほんとに。

 コメントいつもありがとうございます。(なんかよく分からない返事でごめんなさい)愛着を知りつつあるのって、少し悲しいところもあるように思う今日この頃です。
 
 でも、akariさんのレス、胸がキュンとなりました。Mariaもさっき電話でうるうる?していました、継続していきます。(← 実は月曜日昼に最終編集です)

| Lei | 2009/12/07 08:06 | URL | ≫ EDIT

LeiさんやMariaさんの頑張りは、きっと通じます!

| akari | 2009/12/06 23:21 | URL |

応援しています!!!

| akari | 2009/12/06 18:10 | URL |

道は1つじゃないから

 Larkさん、おはようございます。

今の私には何一つできないと知り
愕然としてしまいました。


 わたしは里親という道を選ぶ事が出来ない事に気付きました。でも、その方向性の正しさも分かってしまいました。わたし自身施設だけで育った事、それはある意味、施設の後遺症だと感じていますから。

 でも「里親関連の何かに関わっていたい」と思うようになりました。自分自身が里親になれれば、それは自分の気持ちに一番沿う事ですよね。

 わたしもそれは何度も悔しい思いをしました。この手に、出来れば・・・と。でも、頭を切り替えました。

 「神輿に乗る人、担ぐ人、そのわらじをなう人」って言葉を、ある里親さんから教えてもらいました。わたしは、自分が直接里親さんになれなくても、里親さんを応援したり、里親さんとお話する事でガス抜き?したり、色んな道があるんじゃないかと・・・。
 
 だからどうか、今は衝撃を受けているとしても、社会全体で、それぞれの出来る範囲で里親さんを応援できることがとても大事だと思うので、どうか、落ち込みすぎないでね。

 あなたの力には、いろんな種類の力があると思います。わたしのブログにずっとレスしてくれて、そんな事も力になりますし、だから、オールオアナッシングではないという事を

 お知らせしたいと思います。社会全体が親が育てられない子をもっと、意識して見つめてほしいんです、被虐待児の子にも必要な眼差しを、捨てられた子にも。

 

| Lei | 2009/12/06 08:56 | URL | ≫ EDIT

分かってはいたけれど。

こんばんは。

里親制度のCMを見て
里親になる以外、
施設の子どもに何もしてあげられないのだと
改めて認識しました。

分かってはいたのですが
川嶋さんの言葉を聞いて
今の私には何一つできないと知り
愕然としてしまいました。

| Lark | 2009/12/06 00:21 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1090-a51e4ef4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。