PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家庭を知らない女が料理を作れない男の嫁になるのは上級者コースにいきなり挑む様なもの

メンタル整理

衣食住足りてって・・・

 今現在、わたしは時々ご飯を食べ忘れる時がある。どうも、ご飯というものは自動的に出てくると感じるようだ。自分で食事を作らなくちゃいけないのは理性で分かっているけれど、そこまでして、料理に夢中になれない自分がある。ご飯を食べ忘れるから確かに一定以上は太らないけれど、全てにおいて栄養不足になる。だから必須栄養をサプリメントで補う。でもこれは味気ない。

 施設ではたぶん、食事家庭的であるという発想はなかった。ただ、食事の時間になると放送が入り、わらわらと子ども達が集まり大食堂でもぐもぐ食べるだけ。でも考えてみればあの頃、今、自分は何を食べてるのか知らなかった。食事の楽しみが無いのだ。また、食事は生きる為であり、楽しみであるという発想が無かった。

 味も、この子の好みや体の為にわざわざ作った味では無いので、非常に一般化されている。その一般化された味はコンビニのお弁当の様で、特に自分で無くても良い様な、人を選ばない味だ。わたしはコンビニ弁当がなんとなく懐かしい。


 わたし、衣食住は足りてたと思うけれど、自分でめし作れるほどの自立は難しかった。今も食事の時間になれば放送が入る様な感じ・・・。そうすれば、行けばご飯にありつけるという、動物の本能の様な。

 の場合

 彼の家にゆくと、の前に自信たっぷりに料理を出す。は何も言わずにもぐもぐ食べる。わたしももぐもぐ。でも、田舎の根菜類中心なので歯が折れた事もあり。でも不思議においしい。料理を手伝われるのを嫌がるなので、そこは、お客様な嫁であり続けているのだけど・・・。

 はおさんの料理を不味メシ扱い、でもなぜか食べていてほっこり満足できるのだから不思議だ。子どもの事をおさんはよく知ってるのだなと思う。はやはり嬉しそう・・・。


 コックは殺されないという自論
 
 戦争で捕虜の中で一番殺される確率の少ない人はコック料理を作れる人だと、は言う。わたしが料理ベタなので、そう言うのだろうが、食べるという行為は人を安定させるのだと思う。

 でもそんな夫も料理を作れない男。かいがいしいに育てられたので、料理は女が作るべきと思っている。料理を作れなかった妻は責めるに値するが、料理を作らなかった夫はとくに責められない。

 それは共働きでも同じ、どんなに夜遅く帰ってもご飯を作るのは妻の仕事、夫は主に麺当番。皿は洗えない、散らかし放題。その状況に慣れなかった自分は、嫁としてダメなんだと悩んだ日々。

 家庭で育った事がない嫁。家庭で育ったけれど料理は女が作るものと育った夫との、微妙な感じは今も続く。しかし、1つ分かったのは、本当に外食や弁当が続くと、やっぱり体調を壊すという絶対的な問題がある。
 
 施設家庭的処遇の限界

 わたしはご飯を炊いた事がないと言った時、キャンプで作っただろう?と言われたので、ピンときて、それ以来石釜でご飯を炊いている。家の中でキャンプの食事状態。それが唯一の自炊だった。さすがに今は、色々お勉強しているが・・・身についていないので、わずらわしさの方が勝ってしまう。

 家庭から来た子は、信じられないと思うだろう。でも、家庭を知らないって事は、自炊したり生き抜く知恵や力もないという事なのだ。食堂に集合して、一般的な味の調合で飼いならされて、それを衣食住足りてというのは簡単だが・・・。

 わたしは、料理を克服しなければ、きっと自然に死んでゆくだろうと何度も思った。施設育ち女子が夫を選ぶ時、料理を全く作らない、作れない、作るのは妻の役目と信じてる、古いタイプの人を選ぶ時、相当の覚悟が必要と思う。しかも、自分には実家が無いから、料理の作り方を気楽に聞く親もいないのだ。

| ├ メンタル整理 | 16時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1103-a141ab0d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。