PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発達出来なかった項目をそれなりに把握したら今度は自分で自分を育て直して行く

メンタル整理

 施設だけで育った発達障害の部分

 ごく一般家庭では、その年齢では知らないとオカシイと思われる事は、その年齢のうちに出来る様に育てる事は必須項目になっている。子を養育している親は、子どもが何かしらの診断を受けている場合を除き、子どもが年齢を重ねる毎に、日常生活に於ける色々な知識をゆっくりと増やしていこうとするだろう。

 もちろん、子どもそれぞれに固有の発達のスピードがあるので一概には言えないけれど。



勉強ではなく日常生活が出来ない事

 わたしは小学生の頃、勉強が出来ない事よりも学校での日常生活に自分を合わせる事に知力と体力を使い、果てていた。

 そんな自分が大人になり、施設で育っただけで、社会人になっても日常生活を送る毎にいちいちつまづき、落ち込んでいた。しかし今自分が思う事は本当に知的な部分に問題があるのでは?と悩む様な事では、施設出身者の自立支援の問題以前の話では無いかと思う。わたしがもし、知的に問題があれば小さな頃に医者に掛かり、ケアを受けるべき話であって、わたしが勝手に自分自身を落ち込ませるままにしておく様な話ではなかったと感じている。

 わたしは施設を出てから実は・・・アパートの外へ出て歩くのも怖くなった事があった、まともに日常生活を送れないのだし、とにかく外は恐怖に満ちていた。

 でも布団の中で考えた。きっと恐怖というものは太古の時代から続く人類共通の未知なるモノへの恐れでもある筈。だからわたしは、今どういう状況なのかを自分を把握しなくちゃならなかった。でも当時は本当に外の世界が怖かったので、ビバーク中のテントの様なお布団から出るまで、何度も、戦った気がする。そうやって、未知なる一般社会に参加し始めたのだ・・・。

 だから、その、子ども時代に教えて来られなかった事を大人の今語るのは、施設への責任転嫁とは思わない事にした。確かに以前は、わたし固有の問題を施設の問題にしてはいけないと思っていたが、それでは、わたしの様な世間知らずに悩む他の施設育ちは、自分自身を責めがちな心のクセを修復出来ないから。

 自分で自分を育てなおすしか道はない 

 でも大事なのはその先の考え方。自分がきちんと教えてもらえなかった事、大事に育てて貰えなかった事も含め、等身大に把握したなら、次にそれらを踏まえて、自分で色々な事を積極的に学んでいく事が必要になってくる。後は具体策になるので割愛。

 施設全部育ちは誰も育ててくれなかった部分を、自分で育ちなおすしかない、それが家庭を一度も体験した事のない者達に課せられた課題の1つ(他にもあるんで・・・)
 
 いかに大事に育てて貰えなかったかという事実一つ一つに向き合わされる度に嫌になってしまう過去の整理作業。夫が言う事、ソウルメイトが言う事、施設職員が言う事は、どれも違うが、一番ふざけていて無責任に見えたのは施設職員の言葉だった。

 責任取らない事が責任などという責任は無い

 施設職員語録というものは、けっこうあって、ある職員は「守れない約束はしない、取れない責任は取らないのが責任」などと教えてくれた。

 しかしソウルメイトは

 「あなたは捨てれ切っている」とわたしに言った。
 
 だからわたしは、施設職員とは違うソウルメイトの言い分に驚き、固まったまま10年経った。さすがに責任取りなさいよとはいえずここまで来たが、最近、しみじみと、もしかしたらやっぱり本当に自分ってどうしようもなく捨てられてたのかな?と思い始めている。
 
 ただ、これから先の生き方はわたしの責任だと思う、確かに。ただ、自分の責任ではなく、子どもでしかなかった時代の部分まで、自分が責任を取り切れるものではない。その部分をわたしは、今、社会に向けて発信しているつもりなのだ。

 つまり、親が育てられない子を里親家庭へと。

 わたしは、わたしの責任ではなかった頃の時代を語っていて、誰からもわたしの育ちの責任者が居ない事を語っていて、今は、これから先の生き方自分の責任に寄ると覚悟しているに過ぎない。その為の、現状把握であって、責任転嫁ではなく、責任の所在を示してるのだ。

 

| ├ メンタル整理 | 07時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1111-9615102e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。