PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新クールのドラマを見て「瞳」がイジメられてる?と「脳」が勘違いしてしまった

気になる番組のCLIP10
 
 見た顔について

 最近は家庭の事を勉強する心づもりもあり、家庭や社会で生きるごく普通の子のドラマを見るようになった。昔は家庭用洗剤のCMを通して洗剤の勉強をしたように、今は気になるフレーズのドラマを見るように意識している。

 そこまでは概ね筋道としておかしくないと思う・・・でも、何故かフジテレビの「泣かないと決めた日」というタイトルに惹かれて、録画予約までして見始めたら、なんとヒロインが「瞳」に出ていた榮倉奈々さんだったので、軽くショックを受けた。 
 
 瞳のヒロイン役の時は賛否両論あり、わたし自身も少し無理めに見える里親の瞳の姿にハラハラしたっけ。

 そんな瞳のヒロインも、当然ながら違うドラマのヒロインになったのを見た時「里親辞めちゃった・・・」的な気分になり、次のステージがイジメられOL役だったので、心が妙に騒いで、まるで「瞳」がいじめられてる様な複雑な心境になった。



 これも愛着の変化したもの?

 わたしは生の、わたしに接した育て親がいない為か、時々、本の中に住む父親像や映画の中に住む母親像などに、少し依存的な好意を持つきらいがあるようだと気づいた。

 誰もいないまま、生きるのはたぶん生物として難しいんじゃないかな。何かターゲットを決めないと生き切れないんじゃないかなと感じた出来事だった。それがたとえ、物語に住む仮想の人だとしても、誰かが居てほしいのかもしれない。
 
 里親辞めちゃった(わたしの一方的目線)瞳がいじめられOLになっちゃったという感覚自体、自分では子どもじみていて、リアル世界で周囲の人に言える様な内容じゃないけれど、顔も知らない方々相手だからこそ、ちょっとだけ言えるのかもと思った。

 でも、施設時代も、わたしの事を好きだった?ように見える保母が仕事やめると言った時「あなたも、結局やめるんだ」という気分になり、すぐに意識が切り替わった・・・。それなのに、瞳のヒロインじゃなくなった女優の榮倉さんには少し特別で複雑な思いを持ったのは、自分でも理解しづらかった。

 保母は嫌なら辞めて行くに任せるけど、里親が去ろうとすると時は、なんだか心がざわめく・・・。

 ”誰か”を設定しようとする脳

 まだまだ整理途中にある自分なので、丸裸になりそうな記事を書いてもいる。一般の家庭で育ったら、まずハマらないわだちに、施設全部育ちだからこそハマりがち。そのファンタジーに自分を入り込ませてしまったら、リアル世界で生きるのが難しくなる。

 実際誰もいない現実しかないのに・・・里親ドラマのヒロインに、少しばかり思いを馳せてしまう自分の気持ちを知り、これもわたしのそのままの弱さだなと知った。

 なんてね。(読み返すとホントに耐え難い程消したい記事だ)
 すごく、おバカな気がしてきた・・・・。
 
 でも、Mariaは辞めないでいてくれてるし、わたしもウルフカブのそばにいるから、その関わりを知ったのは大きいと思う。何か、脳が愛着の部分で少し発達した影響かもしれない・・・今回の、元「瞳」のヒロインへの想いは。

 「さようなら、瞳」と言うべき事なのだ。

| 気になる番組のCLIP10 | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1121-26d242ee

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。