PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる記事のCLIP10 「未成年後見人:施設入所児らへ選任、134人 過去20年」

気になる記事のCLIP

未成年後見人:施設入所児らへ選任、134人 過去20年
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100220k0000m040146000c.html

 児童養護施設などで暮らす子供のうち、両親と死別するなどの理由から親権者がいなかったり不明の子が08年時点で約5000人いる一方、そうした子のための「未成年後見人」が89年度からの20年間で134人しか選任されていないことが分かった。未成年後見人の引き受け手不足は長年指摘されており、制度が機能していない実態が浮かんだ。【野倉恵

 親を失った子など親権者がいない未成年者について民法は、親族らの申し立てにより家庭裁判所が、法定代理人となる未成年後見人を選任すると規定。施設などで生活するケースでは施設長らが親権を代行することが児童福祉法で定められている。同法では、必要な場合に児童相談所長が未成年後見人の選任を家裁に請求しなければならないとしている。

 厚生労働省によると08年2月現在、虐待や親の病気などから児童養護施設や里親家庭で暮らす約4万人中、約3万人は実親らの親権者や保護者がいる。親が「いない」か「不明」の子は4833人、「不詳」が2400人。これに対し毎日新聞が集計したところ、89~08年度、児相所長が後見人を請求したのは計179件、承認は計134件にとどまっていた。

 ◇子どもに不利益重く

 父母と死別した場合、多くは親族が引き取り未成年後見人にもなる。一方、00年度までの厚労省統計で毎年100~300人台いた「棄児」(いわゆる「捨て子」)は親も親族もたどれないまま施設入所となる子も相当数いる。このため、施設入所児や里子で親権者がない子の後見人は「ほとんどいないのが現状」(日本子ども虐待防止学会制度検討委員長の津崎哲郎・花園大教授)という。

 各地の施設長らは親権の代行で対応しているが「代行では限界がある」と指摘する。

 首都圏の施設長は、施設長の同意でできる子の預金通帳の作成を金融機関で断られた。都内の里親男性は、子が手術する際の同意について「本当は親権者でないと法的効力がない」と医師に言われた。里子が携帯電話料金を滞納したまま家出し電話会社に「親権者以外は契約解除できない」と言われたうえ、20万円を立て替えた里親もいる。近畿地方の児童養護施設長は、私的に保険加入して後見人になった。

 施設を出た子らの中には、本来なら未成年後見人が対応する保証人が見つからず転職や転居でつまずき、路上生活に陥る人もいる。

 未成年後見人は、社会福祉法人などが登録でなれる成年後見人と違い、個人が選ばれる。子の戸籍に氏名が載るため負担感が大きい。津崎教授は「全員に未成年後見人をつけるのが本来だ。法人や職名で後見人になれるなど法整備が不可欠」と指摘している。



#いろんなところにダブルポスト(すでにダブルじゃない・・・)中です。

| 気になる記事のCLIP10 | 05時53分 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

akariさん、ありがとう

 最近、akariさんの事も忘れる暇がなくなりつつあります。定期的に声掛け?をしてくれるので、だんだん定着するんですね。Mariaなんかケータイの電源が切れるとメールじゃなくてコメント欄に書くし・・・。

 あれ?でも今日はいつもの応援していますから、見守っていますに変化してる・・・。なんだか嬉しいです、この言葉も。

 akariさんも体を壊さないように日々お過ごし下さいね。

| Lei | 2010/02/23 15:04 | URL | ≫ EDIT

いつも見守っています。

| akari | 2010/02/22 21:44 | URL |

非公開を望む方々へ

 #その方はここでのコメントを削除されましたがメールで届いたので(たぶんその事も織り込み済みと思われるので・・・)実質非公開コメントのような感じの、ある方へのお返事です。

 ええっと了解しました。
 
  このブログの記事を紹介して下さってけっこうです、このブログについては。

 でもMariaのブログについては、彼女自身は何もあなたに意思を表明していないので(ちょっと忙しいのもあり)現段階では、紹介をお控え下さい。

 ただ、基本はオープンの場所でのやりとりを願います。
 どうぞ、お気楽に。

| Lei | 2010/02/22 08:23 | URL | ≫ EDIT

DCIさん、安全が一番

 DCIさん、おはようございます。

 ゆっくりといきましょうね。わたしも自分で書いた言葉に自分で驚いている時が多く、記事が現れたり消えたりするのは、そのせいです。(もちろんアルコール原動力で書き込み、我にかえり削除)

 今まで、本当に、誰からも問題にされなかった事、実質孤児問題を背負う施設出身者として、未踏の場所の語りを、わたし達はしていると思います。

 色んな事に気づいてしまったら毎日、キツイですね。それでも生き延びて語り続けたいと思います。だから、まずは心の安全領域の確保が第一に必要だと思っているわたしにとって、あなたの言葉をけして「出すぎた」と思った事がありません。

 でも今まで言葉にすら、声にはもちろん、語る事などなかったのですから、それだけで十分、自分の声に驚くのだと思います。

 捨てられていた子ども達は、対象者がいない事を語る事は難しいのですね。でも、その声はけして、出すぎたものではありませんから、どうぞご安心して下さい。

 何よりも、あなたが少しでも安心して整理作業できる事が一番大事な事ですから、ご自分を守って下さいね、ゆっくりといきましょう、わたしも、ゆっくりと静かに語りたいと思っています。
 

| Lei | 2010/02/22 07:49 | URL | ≫ EDIT

一つコメントを削除させていただきました

出過ぎた真似をしてしまったような気がしましたので一つコメントを削除させていただきました。

| DCI | 2010/02/21 12:48 | URL | ≫ EDIT

責任者のいない子どもたち

Leiちゃん、
記事をアップしてくれてありがとう。

 ようするに、あたしたち親のいない子どもたちは、「責任者」がいないままに放置され、15歳または18歳で措置解除され、社会から捨てられ続けたということなのね。

 措置解除までに、施設長や里親が就職やアパートの保証人になっても、措置解除後はまったく親権者がいない状態になる。
 もし、仕事を辞めたり、いえ、辞めさせられたり、アパートを追い出されたら、その後は公的には保証人がつかないのね。

 ワンチャンスしかない。

 あたしも、就職して1年も経たずに工場が閉鎖され、寮を追い出され、ホームレスになった。16歳になったばかりの年末だった。そして、ホームレスで迎えたお正月だった。
 「措置解除後は、施設には責任も権限もない」と職員からいわれていたから、施設には相談しなかった。
 半年ほどして、いい人に巡り会えて仕事と住むところが確保できたけど、運が悪かったら、今頃は路上生活者か水商売だったと思う。

 あたしには責任者がいない…
 子どものあたしに責任をとってくれる大人がいない…

ずっと、そんなキモチで20歳まで生きてきた。

施設の子どもたちは「自己責任」を問われるけど、「責任」を果たせるだけの法的な権限も与えられず、未成年のままつぶれていく。

まさに、捨てられ続けた子どもたちなのね。親から捨てられ、未成年後見人をつけられないことで、社会からも捨てられ続けた子どもで有り続ける。

今回、里親さんたちの問題提起で、この問題がクローズアップされて良かったと思うの。捨てられている子どもたちの問題がはっきりと前面に出てきたのだから…

| Maria | 2010/02/21 04:09 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

教えていただきありがとうございます。

本当に複雑な気持ちですが、言葉にできません。

気持ちの整理をする必要性を感じました。

| DCI | 2010/02/20 23:43 | URL | ≫ EDIT

かいつまんで

 DCIさん、こんにちは。確かに何をする人かっていうのが、実際ピンと来ませんね。わたしも勉強不足だけどちょっとかいつまんで書いてみます。

 法テラス: 未成年後見人とは
http://www.houterasu.or.jp/houritsu_yougoshuu/yougo_mi/mi_4.html

 #これは民法の制度です。

 実際今までは、親がいない上に財産の管理も必要ない(捨てられてるんだから)児童養護施設の児童にそんな心配皆無だったんです。だからわたしもDCIさんも、自己責任で生きているので、何の事か分からないのは当然だと思います。

 今までは施設の子でも、親の遺産の問題が発生する子にしか関係しない問題でした。

 でも今回何故、今までは知りもしなかった未成年後見人の話が出て来たかというと「子ども手当て支給」を児童養護施設の親が居ない子どもにも支給される事を前提としたからです。

 現実の今国会はいろいろ不安で、本当に支給されるのか予断を許さない気分にさせられる状態だけど、親の不詳な子にも子ども手当が支給されれば、将来社会に出た時の子どもの最善の利益として役立つので、ならば、当然の流れとしてそのお金を管理する人が必要だという思考へ至ったわけなのです。
 
 乳児院から中卒で社会に出ても、施設にいる間に子ども手当がきちんと貯蓄されているとしたら、その子はずいぶん金銭的に救われるのです。#わたし達は数万の支度金で施設から出されましたね。

 本来は、子ども手当は親権者に支払われるので、親権者が養育者であり、同時に金銭的な管理もその役割のうちに入るのですが、親が不詳の子にはその親権者がいないので、子ども手当の支給対象から外れていたのです。

 で、今回、いわゆる親権者のいない、親のいない子にも子ども手当をというのと同時に、その子ども手当をきちんと財産管理する人が必要であるという発想から、この問題が見え始めたという段階です。それは、措置解除後の未成年期間の問題でもあります。

 たぶん、この新聞記事での、未成年後見人が承認された事例というのは、遺産相続などの現実的な問題が起こった時に承認された数だと思います。

 今までは、天涯孤独の財産も何もない施設児童には全く関係のない話として、問題にすら上がらなかったのです。そこで、里親や施設長は措置解除があるので、十五歳で里親家庭や施設を出たら、その児童には、財産に関する責任者が全くいない状態でした。

 でも昔わたしは、借金も財産のうちと聞いた事があります。その時はわからなかったのですが、今考えると、この新聞記事のように、高い買い物をしたとか、金銭に関する問題が起きた時も、財産管理権のみを有する大人がいれば、ずいぶん違ったのではないかと思います。

 ただ、未成年後見人には報酬が支払われます。その報酬の支払われ方も、子ども手当の中から支払うのか、などなど、考えるべき課題があるというところまでは何とかわかりつつあります。

 かいつまんで語ってしまいましたが、後でもう少し勉強して記事にできたらと思います、取り急ぎで、ごめんなさい。ざっくばらんに。でもDCIさんの複雑な気持ち・・・わたしも分かる気がします。
 

| Lei | 2010/02/20 14:35 | URL | ≫ EDIT

要解説です…

Leiさん、こんにちは。

このニュース、他人事のような気がしません…(と言いますか・・)

ですが、よく理解できない点もあります。



もっと早く注目されれば良かったのに…と思う私もいて複雑な気持ちです・・

| DCI | 2010/02/20 12:56 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

 
 おはようございます、お二人とも早いですね~。

 この記事の内容を読み続けていると、どうやら同じ記者さんが同じ視点で継続的に書いているのが分かります。このような視点を持っている記者さんがおられて、本当に嬉しいです。

 akariさん、いたち猫さん、いつもありがとう。
 
 このため、施設入所児や里子で親権者がない子の後見人は「ほとんどいないのが現状」

 (必ずしも・・・というか)里親や施設長が後見人となるわけではないので、こういう、後見人が必要である、という言葉がわざわざ出てくるわけですね。

 未成年後見人には後見人への報酬の支払いが発生するけれど、もし(公的などで)未成年後見人が与えられ、財産管理をしてもらえれば、子どもの未来設計へ直接繋がると思います。#それは里親や施設長がしなくてはいけないという性質のものではなく(実際そうなので)これから社会的養護の措置が切れても、親権者のいない未成年者に後見人が付けば良いのです。


「不詳」が2400人。これに対し毎日新聞が集計したところ、89~08年度、児相所長が後見人を請求したのは計179件、承認は計134件にとどまっていた。


 ここら辺は特にチェック。承認されない理由の条件ってなんだろ?親が不詳なのに?少し周囲に聞いてみます。

| Lei | 2010/02/20 07:22 | URL | ≫ EDIT

この制度について少し分からなかったので聞こうと思っていました。聞く前に教えてくれてよかったです。いつも応援しています!!!

| akari | 2010/02/20 06:58 | URL |

カキコミ有難うございます。
里子にも後見人をつけてほしいです。

| いたち猫jtw | 2010/02/20 06:57 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1142-77b329e7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。