PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ捨てられている子どもたちを見ずに「孤児院と思われかねない」事のみを懸念する

養護施設にいる間の問題

 孤児院と思われかねないだって?


 物心ついたら施設にいた自分の問題を通して、親から捨てられて乳児院に入れられ、そのまま施設へ措置変更になった子どもたちの事が居ない事にされている事は、とうてい放置しておけるものではなく、今までの自分のテキスト化を支えてきたように思う。

 施設には生存しているらしい親との交流もなく、子ども時代のすべてを施設で育つ子もいる。そんな放置状態なのに、戦災孤児の時代ではないという理屈から、養護施設は孤児院とは違う、孤児院と思われては心外だと感じている施設関係者や出身者の人が一方にはいて、その度にわたしは口ごもってしまうのだ・・・。

 でもわたしの本音としては、むしろ児童養護施設という言葉の方にフィットした事がない。養護施設という言葉はとらえどころがなく漠然としていて、本当に自分の問題に関係あるのかどうかもよく分からない。フィットしない言葉には、どこか他人事のイメージしかないからだ。だからここ数日、なぜフィットしないのか・・・考えてみた。




 YahooBlogを開設する前は、わたしもきっと養護が必要な児童だったんだろうなというポイントだけをたよりに、まあまあ納得しようとしていた。

 ただ、わたしにとっての実感を伴う「養護のイメージ」は、食付き屋根付き寝床付きで、それ以上のイメージがない。愛情によらずとも、固有の相手がいなくとも、それを養護というならそうなのだろう。

 しかし、家庭での問題を持つ施設出身者+当事者の方々も語るようになってきた。そして彼らが語る内容の中に、少しも乳児院からの子ども、物心ついたら施設にいる子の問題、絆を持たされた事のない子ども達の問題が語られていない事に気づいていった。

 それどころか、家庭での虐待で保護された施設出身者たちは、家庭への未整理状態のまま、家庭という名が付けば全てへの不信感につながっているようで、里親制度・里親家庭そのものを否定的に見るきらいがあると感じた。

 トドメは遺棄児・養育放棄児が放置されたままである、現実の施設の有り様を見ず「孤児院と思われかねない」「偏見を助長する」などと言い、児童養護施設の要素から「孤児院的な要素を排除しようとしている」ように感じられる表現をしたり、類する表現をしたりする。彼らも彼らで、なるべく孤児院的イメージを払拭しようとしているらしい。

 確かに彼らの立場にあえて立てば、彼らは虐待を受けたけれど、親から遺棄されたわけでもないのに、捨てられた子ども達と同等に見られたら激しい抵抗感を覚えるのかもしれない。
 
 虐待の有無よりも

 わたしは、YahooBlog時代から、虐待の有無よりも、捨てられている子ども達の問題を定め続けたのは、自分が子ども時代も社会に出てからも捨てられていたからなのだと思う。

 捨てられている状態の者が「虐待を受けたとか受けなかったとかを語っても、そこに何の意味もない場所に住んでいた」から。捨てられている分際で何を言っていると嘲る子ども達の世界に住んでいたから。

 だけど今も、家庭措置組の施設育ちの人々は、施設は孤児院じゃないと表現し続けるのだ。その為、少数派の、捨てられ続けている子ども達の声は抑圧状態に陥り、この間紹介した新聞記事にあるような、居ない状態のままだった。
 
 わたしは、施設を孤児院と思われかねない事を心配する人々の言葉を読むと、心理的に乖離状態に入ってしまう。

 社会的養護の内にある子ども達にとっては何よりも、固有の対象者が与えられる事が命題であって欲しいのに、固有の相手からの被虐待児のみに視線を向け、彼らばかりの声が大きく、固有の相手がいない捨てられた子ども達を素通りしていく。

 この国には孤児の問題を持つ子ども達がいる。しかし、施設の中でも捨てられているし、社会に出ても捨てられている・・・。

 声なき声をアクティブに
 
 わたしは、捨てられたまま死んでなるものかと心のどこかで思っていたので生き抜いてきた。死のうと思った事は一度もない。

 誰からも望まれない命だったかもしれないが、誰かから「出会ってくれてありがとう」と抱きしめてくれる里親さんに、今、乳児院にいる子たちが出会えるまで、ぶきっちょに語り続けたい。

 捨てられた子ども時代そのものに何の意味も意義もないけれど、だけどさすがに、捨てられたままでは単なる犬死だと、最近思うようになった。どんなに捨てられていても自分だけは自分を捨てなければ、きっとたぶん生きられる。

 声なき声はかつての抑圧された声だと思っている。
 

|  養護施設にいる間の問題 | 06時58分 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

未踏の心理領域

 DCIさん、大変なお気持ちなのにお礼コメントでお気遣いをありがとうございます。

 「施設だけで育った事の過去の整理」は、整理すればするほど、対象者のいない、相手のいない修復しようのない過去へ向き合う事になるんですね。

 どうか、くれぐれも安全な距離をとってくださいね。わたしもゆっくりと、認知の模索をして歩いてゆく心づもりです。

 ありがとう。それでは、少し心が楽になった時に、また、気軽にお声をかけて下さい。

| Lei | 2010/02/26 15:05 | URL | ≫ EDIT

取り急ぎです

Leiさん、お心遣いありがとうございます。昨日の内にブログを訪問していたのですが、心が暴れ出しそうでどうしてもコメントができませんでした。

Mariaさん、情報をありがとうございます。なかなか衝撃的な情報(今は傍観者的にそのようにしか捉える事ができません… 正面から捉えれば日常に支障をきたしそうですから、数日間は他人事のように見るしかありません。それでも衝撃は体に出ていますが何とか生きています)をありがとうございます。
心の整理と、情報収集の必要性を強く感じました。

取り急ぎですが、お礼のコメントです

| DCI | 2010/02/26 10:32 | URL | ≫ EDIT

養育費だけを考えたら

 Maria・・・

Lei ちゃん消したの?

 ごめんね、気をつけます。
 
 公立と民間でも違うし、里親とも違うし・・・。里親委託って、高卒が普通になりつつ(なってる?)んだね。

 養育費と、それ以外

 子どもの養育費だけを考えるなら、ひとりあたり月平均 55,000円くらいかな(どうなんだろう)。で、一年分×措置解除までの18年間を掛けて1200万くらいでしょ、その他のお金の使い道は、職員の給料とか施設の維持費とか、諸経費?に使われるのだよね。#実はそこが一番わかりづらいんだよね。 

 Mariaの紹介してくれた試算に出てきた96万円というのは、子どもひとり頭の養育費と職員の給料・施設の管理費などをまとめ金額、という解釈で考えていけばいいのかな。
 
 でも、いくら措置費が出ても職員じゃ親になってくれなかった。当たり前と言えば当たり前かもしれないけど・・・。

| Lei | 2010/02/25 10:25 | URL | ≫ EDIT

DCIさん、
そのまさかですわ。

里親連絡会のトップページからのリンクがなくなっているけど(Lei ちゃん消したの?)、直リンクを張っておきます。

http://satooya-renrakukai.foster-family.jp/datafile/20081005yobikake.html

「5.要養護児童の養育経費を公開し、里親委託増加への対応を行うこと」
に詳しく書かれています。

県立乳児院・児童養護施設… 96万円×12ヶ月×2.5年+45万円×12ヶ月×16年=1億1,520万円
民間乳児院・児童養護施設… 64万円×12ヶ月×2.5年+30万円×12ヶ月×16年= 7,680万円
里親養育(平成20年度まで)  8.2万円×12ヶ月×18.5年=1,820万円
里親養育(平成21年度から) 11.6万円×12ヶ月×18.5年=2,575万円 ※試案にはこちらを使う

| Maria | 2010/02/25 09:54 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとう

 DCIさん、おはようございます。ちょうど新しい記事を書いたところなので、オンラインでした。

 一億円の事。当然の疑問です、職員の給料、施設の管理維持費、などなどその他にも使われるのかな・・・厳密にしたいので、ちょっと待って下さいませね。わたしもここらへんの知識がすごい大雑把なの。疑った事がなかったというのもあるけど、ちょうどいい機会。

 とはいえ、今日は外出するので、お返事が明日以降になると思います。ありがとう、考える材料になります。わたしもわたしで、全てを自分の存在の虚無?に比例するかのように、すべての事象を過小評価している気がします。

 でもどうか飲みすぎないように体をいたわってね。(んな事、言ってられない気持ちの時の方が多いのだけど)

  
 

| Lei | 2010/02/25 07:06 | URL | ≫ EDIT

放置された(忘れられた)子ども達

Leiさん、Mariaさん、おはようございます(多少、睡眠不足ですが)

私は少しずつ自分が生き抜いた環境に怒り等を感じる事ができるようになってきているように思います…


私の知る限り、養護施設という場所は「放置」というキーワードそのものの場所でした。

子ども間の暴力も放置でしたし、本当に何もかも(思い返すと犯罪にあたる事さえ)放置でした。

子どもも大人も含めて入れ替わりが激しいですから「固有の相手」や「愛情」などを求める発想さえありませんでした。


本当に少しずつですが、私が育った(生き抜いた)環境のおかしさを思い知らされる日々です(今までも思い至る事はありましたが、過少評価していたように思います)



ところで一億円とはどのように使われるお金の事なのでしょうか?(どういった費用なのでしょうか?)

まさかとは思いますが、養護施設出身者を育てるのにかかる経費(施設で子どもを育てる費用)の事ではないですよね…?

コメント欄でのコメントの流れを拝見させていただいた上で、まさかとは思いますが念のために確認させていただければ…と思いましたので、書かせていただきました。




失礼します

| DCI | 2010/02/25 06:28 | URL | ≫ EDIT

いない事にしておきたい理由

 以前、出身施設の職員が言っていた。

 「ただでさえ生きるのが大変な子ども達に向かって、あんたは捨てられてるなんて、言えるものじゃない」と。

 これは乳児院や物心ついたら施設にいて、一度も家庭を体験した事のない問題について、訊ねた時の職員の返事。

 一瞬、まともそうに見えるけど、今なら、過去の整理を始めている自分には

 「子ども達が捨てられている事を直視すれば、当然里親委託の必要性が浮かび上がるので、職員としては、捨てられている子の問題に触れる事が出来ないんだという事情がよく分かる」ようになってきた。

 今回の決議文に乳児院・施設などが乗って来ないのも当然といえば当然なんだよね。

 今ほど家庭虐待が表沙汰にならなかった頃、施設の存続の危機があったと聞いた事がある。

 施設にとって一定数必ず頭数を揃える事が出来る捨てられた子ども達は、まさに金の卵を生むアヒルなんだと思う。あとは自立&自己責任という便利な追い出し機能もある。

 このような子ども達の事を表沙汰にしない事で、子どもの最善の利益とは遠く離れた、大人の利益につながっているのだと知れば、この職員の微妙な言い回しも納得できる。
 
 出がらしみたいなわたし達も、何時までも思考停止の羊の群れではいられないとつくづく思うようになっている。

 ありがとうねMaria。絆づくりの成果なのか、記事も消さなくなり、継続出来ているのは自分でも驚いている。

| Lei | 2010/02/24 00:38 | URL | ≫ EDIT

捨てられ続け、いないことにされ続ける子どもたち

Lei ちゃん、
書いてくれてありがとう。

 今回の、子ども手当が親のいない子どもたちに支給されない問題について行動を起こしてくれたのは、里親さんたちだけだった。

 養護施設や乳児院は、声明も出さなければ、厚労省に抗議もしなかった。すくなくとも、新聞に載るような動きはなかったと思うの。

 里親連絡会のパワーポイント資料を見ると、本当に捨てられ続けている子どもたちの現状と、原因が見えてくる。
 以前は、児相の担当福祉司が一度も会いに来ないことを問題にしていたけど、親のいない子に親権者である未成年後見人が選任されていないことが一番の問題だとわかったわ。

 法律の欠陥の狭間で、いないことになっている親のいない子どもたち…

 誰も、問題意識を持たない。
養護施設も、乳児院も、親のいない子どもに家庭と家族を与えようとは思わない。措置費を生み出す、長期入所児童は、養護施設・乳児院にとって、金のアヒルでしかない。
 18歳になって、金の卵を産まなくなったアヒルは、施設から用済みとなり、数万円の手切れ金をもらって追い出される。乳児院・養護施設に、18年間で合わせて1億円もの収入を与えたのに。

 一部の里親さんたちだけが、この問題に気付き、騒いでくれた。そして、今回、決議文を出してくれた。この機会を逃したら、親のいな子どもの問題は、さらになかったことにされる。

 あたしたちも、頑張って、親のいない子どもたちの声なき声を発信し続けたい。

 がんばろうね。

| Maria | 2010/02/23 18:18 | URL | ≫ EDIT

ごめん

 今見たら入ってなかった。

 とりあえずは記事へのコメントじゃなく、そこ?なんだね。
 今度は電源をオートオンにするね。(そんな機能あったかな)

| Lei | 2010/02/23 08:26 | URL | ≫ EDIT

電話の電源が切れている、どうして?

| Maria | 2010/02/23 08:23 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1143-dc2de169

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。