PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる本のCLIP10 「トマトの子守唄」を読んだ

気になる本のCLIP10


トマトの子守り歌トマトの子守り歌
(2009/12)
福谷 則枝

商品詳細を見る
最初から里親になろうとしたのではなく、出会いによって絆が出来ていく様子が静かに綴られていて、とても心に染みてきました。


  例によってMariaから本を借りているので、せめて忙しい彼女の代わりに、さっと本のご紹介。#Maria、お先に失礼します。


 里親になるんだ!という意気込みから入ったのではないから、とても自然で優しい空気を感じる事ができた。わたしは里親さんのストーリーからは距離を置きたがる傾向があるのだけど(自分に無い世界を直視できない時がある)、でもこのこの本は、自然に物語の世界へいざなってくれた。

 わたしは、この本を読み、やはり養育親に勝る親はないなあと感じた。いくら生物親が生きていても、育てていない以上、親とは感じられない。生物学的な親でしかないのだなあと思った。

 親が不詳な子については尚更の事、新しい出会いを与えるのが、大人のやるべき事だと感じる。施設に収容して、あとは放置ではなく・・・。


  

| 気になる本のCLIP10 | 05時11分 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

ありがとうございます

ありがとうございます。しっくりくる表現に編集する等させていただきたいと思います。距離感のお話、理解できるような気がします。

Leiさんが私の事を疑っているという発想さえなかったので、大丈夫です(お心遣いありがとうございます)

脱線してしまいますが、施設出身者といっても様々という事を最近、痛感させられる出来事がありました・・
いい大人なのに、いわゆる逆ギレや反社会的行動、地球は自分を中心に回っていると考えているようにみえる行動をとる施設出身者はいますね・・

私が言うのも変ですが、施設出身者には警戒が必要と痛感させられました・・

| DCI | 2010/03/13 02:30 | URL | ≫ EDIT

DCIさん、ゆっくりいきましょうね

DCIさん、他意が無い事は今までのやりとりでわかってますから安心して下さい。

 ただそれとは別に、

 人と安全な距離を取りながら交流する方法は、特に施設全部育ちが最も苦手にする項目なので、わたしは距離のコントロールを学ぶ必要もある事から、セカンドアドレスのサービス(#ごめん、まだ入会してない!ちょっとお待ちを)の話を紹介しました。DCIさんを個人的に疑っているとか、そのような事はけしてありませんので、そこは安心して下さい。

 実は仲良くなったMariaとも、わたしは時々距離感覚がわからなくなる癖があって、よく怒られてしまいます。
 
 だからゆっくりといきましょう、お互いに社会の色々なことを勉強中ですから。

 そして、コメントはどんどんご自分の納得がいくように削除や編集をしてくださいませ。わたしもほんとに混乱しまくり。どれが本当の自分の気持ちかが見えなくなる事も多いのです、自分でもとても、困ってしまいます。
 
 これもゆっくりといきましょう。でも、ゆっくりでもきちんと納得さえ出来れば、考えに中心が出てきて揺らがなくなっていきますから、考え続ける事、勉強し続ける事は大事な事なんだなあと、最近思うようになりました。

 いつも読んでくれてありがとう、本当に。

| Lei | 2010/03/10 01:24 | URL | ≫ EDIT

そして同時に

 こんばんは、akariさん。

 Mariaのこの言葉、ほんとに大事な事ですね。

 そして「虐待しない里親家庭へ委託されてほしい」という気持ちと共に、たとえ「虐待しない施設だとしても、乳児~高校卒まで、すべての子ども時代を施設だけで育つ事は社会的な放置である」という趣旨を持ち発信しています。

 わたしは特に虐待施設じゃない施設を出た筈の者です。STOPにも取り上げられた事はありません。でも、施設だけで育った問題が今全面に現れているという事が分かりました。

 それはひとえに、一度も家庭で育てられた事が無いという問題でした。だから、虐待しない里親家庭へ乳児院の子達が委託されて欲しいと望み、ふたりで発信しているのです。

 Maria、これからも細々とよろしくお願いします。

| Lei | 2010/03/10 01:12 | URL | ≫ EDIT

下のカッコ『 』は私が自分で入れました。あんまりにも良かったので!!!

| akari | 2010/03/09 22:07 | URL |

Mariaさん!

「あたしたちは、親のいない子どもを『虐待しない』里親へ」主張している。

この『カッコ』のところ、すごくいいと思いました。がんばれー

| akari | 2010/03/09 19:55 | URL |

ごめんなさい

自分でも訳のわからないコメントを一件削除させていただきました。

里親という選択肢の存在や施設での養育経費を教えていただいてからずっとどこか混乱しています。ごめんなさい

| DCI | 2010/03/09 12:53 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

特に他意はなく、ぼやかせていただいただけなのですが、予想外の展開に少し驚いています。

Leiさんにはお世話になりっぱなしで恐縮です。

| DCI | 2010/03/08 23:40 | URL | ≫ EDIT

ソフィーさん

 ソフィーさんを、親戚里親さんが何故カウンセリングへ繋げたのか個人的にとても興味がある位なんです。

 わたしはとにかくすべてが「問題なし」という事で、わたしにカウンセリングが必要などころか、わたしには自己責任や自立の道の模索ばかりが、指し示されていたのです。

 だからわたしは夫やソウルメイトと出会うまでは、わたしは何も間違ってないと思っていたので、間違いを指摘され続け、わたしはわたしの生き方を、なぜこの人から否定されなくてはいけない?と思った程、施設の中では何の問題もありませんでした。

 ただ、社会に出てから、社会のあうんの呼吸についてゆけないだけだと思ったのです。わたしがもし間違っていたら、子どもの頃のソフィーさんのように、何か、どこかへ繋げられていてもおかしくはなかったのに・・・。

 その為には、ソフィーさんがどのような部分があり、カウンセリングが必要だと里親さんが思ったのか、そこに興味がとてもあります。わたしは間違って生きていたと思いたくない気持ちがあります。

 ただ、別のコメントでも書いていますが、別の課題を持つ者同士なので、あなたにとっておかしい事が、わたしにとっておかしい事ではない場合があります。

 そこはわきまえて整理したい・・・。

 

| Lei | 2010/03/08 10:22 | URL | ≫ EDIT

Maria

 ごめん、電源入れた。

| Lei | 2010/03/08 09:26 | URL | ≫ EDIT

お互いに住所を知らせずにやり取り

 過去の自分レビュー
 http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/blog-entry-42.html

 DCIさん、ロジャーグッドマン氏の本をお譲りしたいと思いますが、(特に話すようになって日の浅い現時点では)個人情報をお互いに守っての、やりとりをしたいと思うのです。

http://aucfan.com/pr/myletter.html

 ネットオークション用の私書箱サービスのフリープランなどもあるようですが、実はまだわたしは入会してないのです。でもなかなか使えるサービスのような気がします。フリープランというのが気になります。

 自分の住所を明かさずにハンドルネームでやり取り出来るらしいのですが・・・ちょっと登録してみて、どんな感じかみてみます。

 本はわたしが持っていますので、お譲りかお安く¥500でしたいのですが・・・。ちょっと上記のサービスに入会してみます。怪しい感じがあったら止めます。

 とりあえず、お知らせです。ロジャーグッドマンさんの視点は非常に興味深かったです。日本人はまず、色々怖くて書けない部分が制約なしで書けているように思えます。でも本を必要としている方に読んでもらいたい気持ちがあります。

 後に、このサービスの事について書こうと思います、それでもDCIさんが、不安を覚えるといけないので、その時は価格が安くなっているのをネット上で探してみますね。

 追記

 こっちは、My Letter jp
http://www.myletter.jp/

 単に私書箱だけならこっちの方がいいかな・・・。



 

| Lei | 2010/03/08 09:19 | URL | ≫ EDIT

電話の電源が切れている。早くしないと話せない。

| Maria | 2010/03/08 08:22 | URL | ≫ EDIT

書籍の紹介ありがとうございます

最近、社会的養護に関する書籍を可能な限り読み漁っています。

ロジャー・グッドマン氏の書籍がお値段もはり、なかなか入手しづらくとても残念です。。

里親関係では「ケンちゃん友ちゃん遊ぼうよ」という本を読みました。“施設にはない日常”が描かれており、呆然としましたがお勧めかもしれません。また書籍のご紹介をお願いします(ロジャーグッドマン氏の書籍を安く入手する方法はないのか思案中のDCIのコメントでした)

| DCI | 2010/03/08 08:10 | URL | ≫ EDIT

幸せな家庭のイメージを持たない方たち

Leiちゃん、
いつもありがとう。
ごめんね、忙しくてなかなか記事が書けなくて…

あたしたちは、5000人ちかくいる親がいない・不明の子が、里親家庭や養子縁組家庭にいけるよう訴え続けようね。

 実親や養親に虐待された方の問題は、悪いけどあたしたちのテーマではない。あたしたちは、「親のいない子どもを虐待しない里親へ」主張している。

 家庭への不信感を持つ方たちは、結婚したら、どのような家庭を作るつもりかしら?

 あたしは、大変だけど幸せそうな里親家庭や、本当に親子になっている養子縁組家庭や、もちろん実親子家庭にもお邪魔している。家族ぐるみのつきあいをしている里親家庭もある。

 幸せな家庭のイメージを持たなければ、家庭への不信を持つ方は幸せになるのは難しいと思うの。でも、「里親家庭反対」ばかりで、ご自分の養親や実親から受けた虐待を整理できないなら、幸せな家庭は作れないと思う。

 あたしは、結婚する以上、幸せな家庭を作りたい。だから、不幸な家庭の話は見ない。あたしのモデル、目標にしたい家庭とおつきあいをする。Leiちゃん、幸せになろうね。

| Maria | 2010/03/08 07:29 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1149-688fbf44

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。