PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虐待とネグレクトは、わたしの中では明確に分けたいという意識がある

養護施設にいる間の問題

 迷う定義

 施設では上級生によるいじめ、リンチ、牢名主の命令、万引きの強要・・・などなど数え上げたらキリがない立場に立たされるのはごく日常と感じていた。そのような環境下におかれている施設児童が虐待環境にあると知ったのは最近のこと。

 ただ、児童養護施設を親のない子の孤児院イメージとして定着しているわたしの意識では、捨てられた子が捨てられたまま生きる施設の中では、何があってもおかしくないという漠然とした前提があったので、何を虐待と捉えればいいのか今も理解が薄いという、細かい概念に対する問題が残っている。

 手っ取り早く言うと、戦場で「人殺しはいけません!」と騒げば、まともに相手にされないという感覚が残っている。施設はわたしにとって「暴力はいけません!」と騒ぐ事の虚しさを教えてくれ続けた場所だった。


 わたしは、捨てられている子は親が未詳なまま施設にいる限り、その児童の存在も不確定要素だと感じていたので、まず捨てられ(続けて)いる状態が解決しない限り虐待というものに関する意識へ歩を進める事が難しかった。

 捨てられている児童は、まず、捨てられていない状態にすべきだと感じているから。

 ネグレクトとは

 わたしはWolfというソウルメイトから、わたしの場合は虐待の問題ではなくネグレクトである事を指摘された。確かに今までわたしの問題をわたしの感性に沿う形で伝えてくれた人はいなかった。わたしは、素直に納得できた。

 わたしにとって、Child Abuse と Neglectは同等に語られるものではないと日々感じていたのだ。

 例えば、施設に入って来た子がないしょで語ってくれた話として「親と共に住んでいるというのに食事を与えられない、ハグされない、愛されない」というのを、わたしはどうやら、ネグレクトというよりは「その子に悪意があり世話をしない虐待」のように感じていた。

 ないしょ話をするその子も、捨てられたというよりは、虐待の傷を感じているような訴えをしていた。その子は親による「無視」を虐待と捉えていて「分かっているのにワザと無視するんだよ、私なんかいないみたい」と言っていた。おそらくその子の目には、常に目の前にいるのに世話をしない親を、無視する虐待をする親として捉えているようだった。

 わたしはある程度、区分けできるようになっていた・・・。捨てられた気分と捨てられている事を。

 親から遺棄され乳児院に入れられてしまい、親が行方不明の状態を、わたしはネグレクトだと感じていた。その場合、親の顔すら知らない状況なのだ。実際わたしも大人になってから生物親と会ったが、今まで見た事のない知らない顔だった。

 そこの整理が今も進まないが、わたしが普段から感じている「捨てられたゴミの行方を気にする人は誰も居ない(今はエコ活動があるので、そうとも言えないが)」と感じていたので、それをネグレクトと感じていた。

 だから、ネグレクトとアビューズは、それぞれに別物で、施設という場所にはその別の問題を抱えている児童が収容されている為、親がいない子は施設の中の捨てられている子の問題として浮上しなかった。

 わたしは育児放棄の放棄と子どもを遺棄する事で孤児状態に陥る子どもの問題は、基本的に何もかも違うと感じているので、今まで、虐待問題にとても着手できる状況ではなかったと感じている。

 まず、捨てられていない状態である事が大事で、養育の質を問える。施設の親のいない子に職員は「衣食住与えてもらって、何の不足がある!」と怒るが、家庭で虐待を受けた子には、そのような言葉は言わなかったように感じていた。

 これはわたしの勘違いかもしれないが、わたし目線ではそう感じていた。捨てられていて、本来なら死ぬところを、住まわせてやったのだからありがたいと思え、といわれる養育環境で、その質を問う事ができるだろうか。

 捨てられている子ども達がひとりの大人と出会い、愛着を育てる必要性があるのはその為だと思う。まずは捨てられていない状態にすべき、養育環境を問うのはその後なのだと思う。しかし施設収容というのは捨てられている子にとっては、捨てられていた状態を救う事ではないので、養育環境を問えないという状況なのだ。
 
 以上、未整理なネグレクト感です。

 

|  養護施設にいる間の問題 | 20時25分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

了解しました!

akariさん、どうもありがとうございました。分かりました、いつも読解力が足りずすみません。でもフォローがありがたいです。
 
 わたしの措置費で職員の給料になっても、わたしだけの大人には成り得ません。でも里親手当が下りて、里親と個人的な相手として絆が作れて、なお家庭体験も味わえるのなら、わたしは施設だけで育つのは、やはりおかしい事なのだと思うので、

 愛情と絆は固定された相手とじっくり、という風に捉えて語っておりました。

追記

 >だからこそもしお金で買えるのなら、取り戻したい、でもそれはできないという

 出来ない筈の固定された大人、固定された家庭環境は、里親制度の元、構築する事が可能だったんだと大人になり知った時は言葉にならない気持ちでした。
 
 それを知った時、○○学園で育った事を誇りに思うと宣言した自分が、なんだか井戸の中の蛙で世間知らずの情報閉鎖の状況に置かれてたと知りました。

 

| Lei | 2010/03/23 09:21 | URL | ≫ EDIT

レイさんは、お金で愛情が買えるなんてまったく思っていない人という意味です。だからこそもしお金で買えるのなら、取り戻したい、でもそれはできないという言葉が出ると思ったんです。

| akari | 2010/03/23 09:02 | URL |

「そういう人」とか「真逆」とかの問題じゃなく

 お二人に一緒にレスを返させていただきます。
 
 ソフィーさん、差し支えなければいくつか逆質問させて下さい。

 ・里親家庭から何歳頃に施設へ戻ったのでしょうか?
 ・七歳まで乳児院・施設でその後親族里親へ行ったんですよね?
 ・あなたは家庭を体験してない子が施設にいる現状をどう思う?

 ・わたしは「愛情をお金で買える」と表現してるわけじゃなく、社会的養護下の施設育ちの元児童として、同じ措置費ならば、施設委託ではなく単に里親家庭へ行きたかったと思うのですが、ソフィーさんもやはり、里親に里親手当が出る事に不快感をお持ちでしょうか?

 無理に答えないで下さい、これは何故逆に質問したいのか、自問自答でもありますので列記しました。

 akariさん

 >そういう人じゃないです。むしろその真逆な人だと思います。

 そういう人というのがここで出て来たのが少し分かりませんが、わたしは、家庭体験を持ちたかったかつての施設児童として、里親との固定された関わりを課題にしているのです。

 真逆というのも又さらに・・・?ですが、読解力の問題かもしれません。すみません、至らなくて。ただ問題がそこではない印象はあります・・・。

 子どもに人生の最初から備わっていない機能を子どものうちに、まだ間に合ううちにボンドして欲しい、社会的な制度として里親家庭がこの世にある事を知らなかった自分としては忸怩たる気持ちがあるだけです。

 でも、どうも、わたしは冷たい印象を与え続けてしまい、不必要な軋轢を生み出しているのかもしれません。語り方が難しいです。

| Lei | 2010/03/23 08:37 | URL | ≫ EDIT

そういう人じゃないです。むしろその真逆な人だと思います。

| akari | 2010/03/23 07:01 | URL |

お金

やっぱり違うかな。とも思い、ました。独特な考えをleiさんはあるみたいで、お金をかけても愛情が手に入ると言う考えの人に何を言えばいいか、単に考えが違うので、なんて言えばなのか。すいませんでした、長々と。お元気で

| ソフィー | 2010/03/23 03:21 | URL | ≫ EDIT

生きたお金の使い方の問題

 ソフィーさん、

お金かけて欲しかったんじゃないのに、お金かけないと愛を伝えた事にならないの?

 ありがとうございます、確かに話だけを読むと、高額の渡航費やら色々とお金を使い、治療代に当てたと想像できます。

 でも、里親さんというものは、最近思うのだけど本当に一般のおじさんやおばさんで、里親になるために勉強してきた人ではない事が多い。
 
 あなたの心はとてもまっすぐ向かっているけれど、里親さんは、乳児院で誰も迎えに来なかったソフィーさんの姿を直視できないのかも・・・と、ふと、思いました。それか、捨てられてる子の態度が分からない。

 ゆっくりとしか考えられないと思います。ここで良かったら何か言葉を残していってくださいませ。多くて200カウント位の静かな場所だから、わたし相手でも練習してみてください。

 愛をお金で買いたいとわたしは少し前、書きました。でも、生きた措置費の使い道というものがあると感じさせられる話でした。もちろん、海外での治療があったソフィーさんの場合は措置費とは全く関係なく、里親の思いからのものだと思いますが・・・。ありがとうございます。

| Lei | 2010/03/20 13:56 | URL | ≫ EDIT

泣けなくて悲しくて治療されて海外行かされて、びっくりしていました。里親否定は私は無いんです。消さないで、体温のあるコメントだから。お金かけて欲しかったんじゃないのに、お金かけないと愛を伝えた事にならないの?

| ソフィー | 2010/03/20 08:10 | URL | ≫ EDIT

自由に編集削除は可能ですが

 ソフィーさん、わたしは思います。ソフィーさんが感じている事を批判しているのではないつもりですが、わたしも強めに反応してしまいます。ソフィーさんを拒否しているのではないので、もし可能なら、削除よりも編集してくださると嬉しいです。

 そうすると、時間をかけてわたしも考える事ができますから。

 ソフィーさんが乳児院から施設で過ごした時間の虚無や無力感は、里親家庭に引き取られても、なおさら親戚だからこそ、何故今まで放置されていたのかという部分も含めて、ソフィーさんの救われなかった気持ちを、うまく自己表現できないのではないかと思います。
 
 課題は少し違いますが、わたしは大人になってからソウルメイトと出会いました。最初はそうでもなかったらしいですが、やがて絆を作る目的を持ってわたしとの日々を維持する方向へ転換してくれたようです。それはわたしの努力の賜物ではありませんので、わたしはうまく言語化出来ません。出来るのなら体験記になってるのかもしれませんが・・・。

 二人が、知識を持っていたからです。愛着を作った事が無い状態を知っていたからです。

 ソフィーさんを、治療に繋げようと思った方、特に里父さんは非常にあなたの状態を見て悲しみ、このままではいけないと思ったと思います。

 ソフィーさんの立場とわたしの立場は、少し似てます。ただわたしは子ども時代はすべて施設で育ち、誰からも見つけられませんでした・・・。

 でもわたしは、ソウルメイトと絆を作り続けます、今度はほんの少しわたしからもアグレッシブに、彼らを迷惑にならない程度に後追い出来たらと思います。

 ソフィーさん、捨てられていた時期の事を悲しんで良いと思いますよ、泣いて良いと思います、安全な場所で守られながら。そうする事で、ようやく捨てられていた事の悲しみが体感出来ると思います。
 
 それから、コメントを削除されたのに、返事をしてすみません。
 #明日の午前中位には削除予定です。

| Lei | 2010/03/19 17:33 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1155-4211093e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。