PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設全部育ちの真面目な自分が結婚後に開けてしまったブラックボックス

めんたる整理

 #この記事は少し立ち入った内容ですが、自分の整理の為にも必要と思い書きました。今となっては「真面目な施設全部育ち」という言葉が皮肉めいて感じられます。

 真面目なわたしの行く末

 わたしは自分が思うよりもずっと、施設で真面目に生きてきた自分を肯定していた。だからより施設で長い時間掛け構築してきた思考の癖から離れられなかった。


 けん制に弱い

 施設育ちのわたしにだけ通じる言葉がある。わたしは施設で育った事を誇りに思うと言い残し施設を出たのに、その施設へ近づけない。その施設はわたしの帰る場所じゃないし、他の子が帰る場所でもない。

 時々、他の施設育ちがわたしの言葉を読み「施設育ちを侮辱するのか」と怒るので、わたしはその度にいらぬショックを受け、せっかく書いた本音を消す事が多かった。わたしは自分の言葉が他の施設育ちを侮辱してはならないと思うあまり、施設を少しでも批判するような発言を、押し止める癖がある。

 Mariaはそのたびに「ばっかじゃないの、そんな言葉にまんまとはまって」と言うけれど、わたしは、彼女のように「バッカじゃないか!侮辱だって、ふざけんな」といつ言えるんだろう。

 けん制にここまで弱いともはや強迫観念かもと、自分で自分を心配する。

 責任とる人はいない

 でも、施設であれほど真面目に生きていたわたしが、社会で困っていても責任とる人は誰もいなかった。わたし達は自己責任という足かせをはめられて、社会で施設内でも捨てられていた事の問題は、誰からも問題視されなかった。

 遅れてやってきた思春期

 わたしは、数年前、家を飛び出し車でSAで数カ月暮らした事がある。あまりに自分がぐちゃぐちゃで、一度も家庭を体験した事がない事に気づいた時に、ショックのあまり、家にいられなくなった。#もし乳飲み子がいたらこれは絶対許されない事なので、わたしはそれを踏まえた上で書いている。

 もちろん、夫の許可を得て、安全とされるSAめぐりで、ちょうど仕事先も倒産した直後なので、色々金銭的にも面倒な事はなかった。わたしは、諏訪SAという温泉もお食事処もついている、素晴らしい場所で、なんと、半年位?生活した。

 わたしは、家庭という世界にわたしのような捨てられている人間が入る余地が無いと感じて、旅に出る前に「離婚しろ!」と詰めより、彼は「少し頭を冷やせ」と言い、車で旅に出る事を許してくれた。

 車とケータイとがあれば、彼はいつでもわたしの行動を把握出来るので、わたしはサービスエリアぐらしを始めたのだ。

 家という場所に馴染めない自分がいて、急に固定された人間関係が現れ、急に嫁としての責任感がおしよせ、何よりも、夫婦生活がうまくゆかなくて、子どもが無く、わたしは姑から「嫁して三年、子無きは去れ」と言われ、本当にパニくった。

 それでも仕事してれば、社会で生きていると思っていたのに、世はだんだん不況になり、働いていた会社は倒産し、給料は払ってもらったものの、もぬけの殻になった。

 真面目だからインパクトあり

 わたしは子どもを産む為にこれ以上仕事を探すのを止められ、それからだんだんウツっぽくなり、いや・・・ウツというよりは、檻の中のドラゴンのように過激な感覚になり(不良行為というよりは、自分が自分で分からない感じ)結局サービスエリア暮らしを決めた。

 もし実家がある嫁なら、
 
 「実家に帰らせていただきます」という事に等しいのだと、無理に思おうとした。

 これを夫は「今までマジメで自分の言いたい事もハッキリせず、俺なりにイライラする事もあったけど、君の遅れてやってきた思春期のおかげで、どうやら何かに悩んでいたのは分かったよ」と言われた。

 わたしは、でも、何に悩んでいるのかわからなかった。ただ、もういっぱいいっぱいだったかもしれない。真面目に生きてきたけれど、真面目の基準がもうわからなくなりそうで、相手に迷惑掛けると思い、帰る実家のないわたしはサービスエリア生活を始めた。


 今思うと、施設時代は何も吐き出すものはなかった、ただ、生きていた。ただ何も悩み事もなく、すべて自分の事は些細な事にかんじられ、自分自身はずっと、心に蓋をして生きていたようだ。

 でもある日、家庭を持った時、ブラックボックスの蓋が開く・・・開けてはならなかったというよりは、勝手に開いてしまった。箱の底には希望はない、そういう箱を開いてしまった。

 結婚の意味が理解出来なかった事をその時知り、子どもを産む責任を突きつけられてる自分を知り、性的にも家庭にも、自分が全くなんの整理もできてない事を知った・・・。

 たぶんわたしは、その時、突きつけられたその箱を覗き込まないで、逃げ出してしまったんだと思う。

| ├ メンタル整理 | 13時39分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

恥ずかしい話ですが

 アムリタさん、ありがとうございます。

 施設で育ち切った人間にとって、子どもを産み育てる事が幸せな女の姿と思うには、ちょっと、心の整理が必要でした。

| Lei | 2010/04/19 17:37 | URL | ≫ EDIT

初めてコメントします。
少し前から、記事を読ませていただいていました。

コメントがズレているかもしれませんが、強く思ったことを書きます。
Leiさんのお姑さんが言った言葉、充分半年間の家出理由にはなります。
私が同じ立場なら、謝罪されるまでお姑さんとは一生口利きません。
結婚したからって、子どもを生まなければいけないなんておかしい。
なんて酷い話だ!と思いました。

| アムリタ | 2010/04/16 18:48 | URL |

ありがとうございます

 akariさん、

 でもずっと見守っていて下さるあなたは、たくさんの人というよりは、akariさんとして認識しつつあります。いつもありがとう。

| Lei | 2010/03/27 06:30 | URL | ≫ EDIT

たくさんの人がレイさんやマリアさん、ウルフさんのことを見守っていますし、応援しています!!

| akari | 2010/03/26 21:55 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1160-6f14dba1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。