PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる番組のCLIP10 追跡!AtoZ「無縁社会の衝撃」

気になる番組のCLIP10

 4/3(土) 22:00 ~ 22:45

NHK 総合 [1]
ドキュメンタリー > その他
ステレオ文字放送

 無縁社会ネットに衝撃30代独身女性のおびえ私も無縁死するかも!?急増!共同墓ビジネス

追跡!AtoZ◇1月31日に放送した「NHKスペシャル」では"地縁""血縁""社縁"という社会のつながりを失い、「無縁社会」という孤独の中で死んでいった人たちの現実を取材した。同番組を中心に、NHKでは1月から2月にかけて「絆はじめよう」というキャンペーンを展開。「ニュースウオッチ9」「おはよう日本」でニュース企画を集中的に放送し、視聴者から大きな反響が寄せられた。今回は「無縁社会」のその後を徹底的に追跡。インターネット上に「無縁社会」という言葉が急速に広がった背景や"無縁ビジネス"の実態、NHKスペシャルで紹介した人々のその後を追い、無縁社会をどう生きていくのか解決策も探る。



 取り急ぎ、今日の夜の番組です。
 感想は、後で、続きを読むで。


戸惑っている

 世の中の人が、将来無縁死するのではないかと不安に怯えている様子に驚いている。施設全部育ちには無縁のまま死ぬ可能性の方が高く、それを社会やマスコミが取り上げる事も無かったので・・・「親が居なくてもそれを言い訳にせず、しっかりと生きていきます」と施設を出てごく当然のように生きてきて、自分自身も結婚しているとはいえ子どもが居ない事、全て不安に思った事はなかった。(#というか、結婚している現在は無縁ではない)

 まず施設全部育ちとって必要な事は「無縁死になりそうな将来を」不安に思うという事かな。

| 気になる番組のCLIP10 | 16時39分 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

こんにちは

(Leiさん、Mariaさん)
別記事ではくどくど書いてご迷惑をおかけして、
すみませんでした。
返信を読んだことを伝えようと思ったのですが、
スレッドが長くなっていたので、
ここでお返事しました。
ご丁寧にお返事、ありがとうございました。
・・・・・・・・・

記事の番組、私も観ましたが、
番組中の「普通の幸せ(結婚などを指していたように思います)が高騰してしまった」という発言は非常に印象に残りました。こういうのを普通って考えるのか…と驚かされました。

| れお | 2010/04/13 13:23 | URL | ≫ EDIT

あれ?

 Maria、ごめんね、へんなトーンで声掛けて。

 「よろしくてよ」

 と言われると思った・・・。

| Lei | 2010/04/05 10:03 | URL | ≫ EDIT

よろしい。

| Maria | 2010/04/05 01:35 | URL | ≫ EDIT

そばにいる

 Maria、そばにいたいし、そばに居るために、血縁じゃなくてもつなぎあえるようにしたい。

 将来(数十年先だよ)うちと、Mariaんちと、Wolfんちが、ある意味シェアハウス的に、信頼関係をもとにした、ソウルファミリーのプロジェクトとして、しっかりと位置づけられたらうれしい。

 わたしはあなたをひとりで野垂れ死なせたくないと感じるようになってきて、自分でも自分の気持に驚いているんだけど・・・。
 
 なるようにしてなってきたと思う。
 

 ただ・・・ネットの繋がりの幻めいたものと、施設時代のあてもない相手への感謝状を書く時の気持ち、何ら、わたしの中では変化がない、同じなの・・・あの頃と。

 ネットだけが繋がり・・・というのと、顔も知らない全国の優しい人が、最近わたしの中では区別できなくなっている。

 Mariaはわたしに言ったよね・・・。

 「Leiちゃんはネットを表と言い、リアル世界を裏と言う」って。たぶんわたしは、ずっと物心ついた時から、ツイッターでひとりごとつぶやいていたんだと思う。

 絆なき施設世界の中で、脳内で、幻想世界を自分の真の繋がりとして、生きるしかなかったんじゃないかと思う・・・。ただ、寂しくも苦しくも不安でもなかったので、ずっとひとりで当てもなく日記を書き、感謝状を書かされ、なんとなく世界と繋がっている気分になっていただけ・・・。

 でももう、わたしには、あなたがいるんだよねMaria・・・。リアルに人間を確認した気分だよ・・・。今までは夢幻、ネットもそういう部分があるからこそ、現実世界を充実しないといけなかいんだ。

 大事な事は、パソコンやケータイをオフした時、リアル世界の自分の大事な人がちゃんと、残っているかどうかじゃないかと。

 わたしはMaria、Wolf、夫と(彼の血縁ご一同)も含め、電源が切れても残っている、あなた達は幻じゃない、だから、そばにいるしそばにいてほしい。

 よろしい?


| Lei | 2010/04/04 12:48 | URL | ≫ EDIT

旅に病んで夢は枯れ野を駆け巡る

http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/list/100403.html
↑番組案内

再放送
[字]追跡!A to Z「無縁社会の衝撃」
4/7 (水) 1:05 ~ 1:50 NHK総合・東京

 Leiちゃん、案内してくれてありがとう。

 前回のNHKドキュメントに引き続き見たけど、「無縁死」に家庭育ちの人がこんなにも反応していることにビックリしているの。

 施設にいたときも、「父親がどこかの公園で死んだ」という話はたまに聞いた。ホームレスになった人の死は、特集にもならないけど…

 あたしは、松尾芭蕉の辞世の句といわれる「旅に病んで心は枯れ野を駆け巡る」が気持ちに重なっていた。あたしが死ぬときは、どこかの放浪先で、野たれ死ぬのかな…と漠然と思っていた。
 子どもの頃から、布団で死ぬイメージは無かったし、誰かに看取られるイメージもない。一人で生き、一人で死んでいく。そう思ってた。

 だから、30万人もの人の反応があったことに、あたしも驚いている。

 絆があった家庭育ちは、絆を失い一人で死んでいくことへの不安をもち、
 絆の無かった施設育ちは、一人で死ぬことへの不安を持たない。

 もうすぐ結婚するあたしは、一人で死ぬことに不安を感じる人間にならなければならないと思うの。
 LeiちゃんやWolfさんが死ぬとき、そばにいてあげたいと思うようになったきた。と思うの。自信は無いけど…

| Maria | 2010/04/04 12:01 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1165-81431a4c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。