PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる番組のCLIP10 「NNNドキュメント’10 「片道切符 最終地“あいりん”の冬」

気になる番組のCLIP10

http://www.dai2ntv.jp/player/index.html?corner_id=000001167z
4/5 (月) 0:50 ~ 1:20 (30分)
日テレ (Ch.4)

報道 - 特集・ドキュメント 番組概要大阪・あいりん地区
地図に載らない“日雇い労働者”の街に、今、若者達が流れ込
んでいる・・・

番組詳細
【ナレーター】三島ゆり子

20年前、日本一の日雇い労働者の街だった大阪・西成区のあ
いりん地区。そこが今「日本一の生活保護の街」に変貌してい
る。仕事や住まいを失った人たちが流れ着く最終地だ。しかし
この街で暮らす人が唯一輝くときがある。それは働いていると
き。金を稼ぐためだけではない。社会の一員として自分がいる
ことの誇り、生きがい…あいりんの長期取材を通して見えてき
たものは、働くこととは何か、生きる事とは何かという本質だ
った。
讀賣テレビ



この日のテレビ視聴歴

 今日はほんとによくテレビを見た・・・。

 前日の夜 NHK 追跡!AtoZ「無縁社会の衝撃」 → 朝 介護施設 夢のみずうみ村の特集(日テレの朝の番組でやっていた)
 → 夜中 「NNN ドキュメント’10 「片道切符 最終地“あいりん”の冬」

 これらをざっと通して視聴して、最後に あいりんの番組を見たので不思議な気分だ。あいりん地区に「連絡ちょうだい、心配している」という家族からの立て看板が幾つか立っているのを見て、少なからず衝撃を受けた。そうか、無縁社会を見た時も感じた事だが、この中には家族がいても帰れない、帰らない、という状況にある人がいる・・・大卒で、デスクワーク希望で、あいりん地区にたどり着いた人の事と、年配の仕事を選んでいられないおっさんの対比が、何ともいえなかった。

 やはりを断ち切る生き方をしては、変な言い方だけど、すごく勿体無く見えた。代わりに親がいない乳児院の子たちにその縁を譲って欲しいとまで一瞬、わけの分からない事を考えているうちに朝がきた。ラジオ体操を終え、書いている・・・ふう。

 無縁というより、@一施設育ちのわたしの目には 疎遠状態では?と思えてしまった。一度も家庭を体験した事もなく親戚縁者もいないわたしは自分を無縁と最近知ったが、一連のテレビ番組である、あいりんも、衝撃の無縁社会も、わたしの目には、最初にはあった筈の縁から疎遠になっている人々の姿だと思え、それを放置していると、疎遠が定着し、無縁状態になってゆくと感じた。
 
 捨てられている事を受け止めて生きてきたわたしの目には、その状況が、ただひたすら全てが勿体無い・・・。



 フトンの上で死にたいと

 そういえば・・・

 もしかして、フトンの上で死にたいと言っているが、ベッドかフトンかという意味ではなく、彼女にとって「家・家族に看取られる」という意味なのかもしれない・・・。たぶん、きっと。

 はきちんきちんと子どもを守り育て、を維持してきた人なのだから、ひとりにしてはいけないと実感。

| 気になる番組のCLIP10 | 18時12分 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

れおさん、ありがとう

 れおさん、家庭の虐待の事も詳細で無ければ全くOKですから、説明の為に簡単に語らなくてはならない事をもお察ししますので、どうぞフラッシュバック等については、わたしについては現時点で大丈夫とお伝えします。#くどくなってすみません。

 わたしも施設の虐待の話の過程で避けられない問題ですから、その都度、もし辛いならその方の声を尊重し、声を上げあって語れればと思います。

| Lei | 2010/04/16 09:39 | URL | ≫ EDIT

ソフィーさん

 ソフィーさん、あなたとは施設育ちといっても違う経過を辿っているのですから、意見がそれぞれの見方を反映するのは当然の流れだと思っています。あなたのコメント不快ではありません。もしわたしのレスを気にしてしまったのでしたら、心配しないで下さい。

 後で読み返すと、少しわたしの側がナーバスになり過ぎていて、批判されたように感じさせたかもしれません。大丈夫ですから、その誤解がもしあったら、ここで言っておこうと思います。又、レス出来そうならお願いします、ありがとう。

| Lei | 2010/04/16 09:33 | URL | ≫ EDIT

またお会いできたら…

>ソフィーさん
あれれ、レスが消えているけど、読みました。
はじまして。またお話しするときがあるかもしれませんね。よろしくお願いします。

| れお | 2010/04/15 21:39 | URL | ≫ EDIT

感謝

こんばんは。お返事、ありがとうございます。

>Leiさん
こちらこそ、こういうブログを書いておられたことに感謝です。ご自分の心の整理や施設内の問題の提起という目的で書かれてあることは存じていますが、Leiさんの言葉が私の心に響いたり、自分の心の整理にも繋がっております。

あの番組だと、「無縁」はあの出演者達のような状態という認識をもたれそうに感じます。映像というのは強烈な印象を残すし、無縁、無縁と番組内であれだけ言われれば、「ああいうのを無縁って言うんだ~」と思われる可能性は高いと思います。映像には人を説得させる力があるし…。まぁ、最近はメディアも信用できないと思う人々もいる一方で、私も他人のことは言えませんが、考える力がない人も増えていっていますし…と思うと怖いです。

家庭で育った身ではあるのですが、虐待(実父の性虐待:こんなことを書いてトラウマとか呼び起こしそうだったら、今後はこれは書きません)だったので、現実をかなり冷めた目で見ているのかもしれません…。今でもやっぱりあれは「疎遠」だよねって思います。

現在私を支えてくださっている方々は私と同じ経験はありませんが、似たような視座を持っているのだなぁと感じます。私も「へ~、私みたいな経験をしていない人でも、こういうことに???と思うんだ~」とびっくりすることもあります。

| れお | 2010/04/15 21:29 | URL | ≫ EDIT

捨てられた事よりも

 ソフィーさん、横レス失礼。

 さっきのレスを消しました。もし読んでいたらごめんなさい。

 色々言おうとしたけれど、結局一番感じてしまった事は・・・。

 誰かに捨てられた事よりも、誰にも出会えずに此処まで来てしまった事にわたしの問題があると知りました。

 もう他に何も言いようがありません、ごめんなさい。

| Lei | 2010/04/15 11:10 | URL | ≫ EDIT

れおさん、こんにちは

 れおさん、いつもわたしにとって的確なレスコメントを感謝します。#過去のやりとりを読みました、あの時はとてもスッキリした事を思い出しました、ありがとうございました。

 実は、

 わたしはこのNスペの無縁死・無縁社会という言葉がキャッチコピー的に感じられてなりませんでした。タイトルの衝撃度は高いけれど、その意味を考える暇も与えない雰囲気に戸惑いを覚えました。

 なぜならわたしにとっては、絆なき者という意識すらなく施設で育ち切った後で、何故こんなにも人資源=大人資源がわたしには無かったのかという所の、その理由を紐解く作業を通して、自分の生きていた施設という世界を考えながらブログを書いて来たからです。

 そんな日々の中での、この番組の「無縁」という言葉はわたしにとっては、今まで衝撃的ですらなく、単なる現実でしかありませんでした。・・・なのに、社会的現象であるかのように、テレビでは「無縁」の問題を語り続け、言葉の持つイメージが広がっていたという印象でした。

 はっきり言ってまるで、社会の一般の人に対して無縁状態が社会現象であると語りだす事で、乳児院・児童養護施設で育ちきる子ども達の声が奪われてゆく気持ちで・・・スーっと心が冷えていきました。

 れおさんのレスを読み、わたしも又考える切っ掛けをいただきました。

 家庭で育った方にとっても、このNスペの出演者達の姿は、無縁というよりは、人生の初めにあったもの(信頼関係の喪失、関係性が希薄になってゆく、などなど)としての絆が薄らいでゆく様子を表している、疎遠状態であるという事に、どこかピンとくるものがあると知りました・・・。

 書いて下さって感謝します、整理に役立ちます、ありがとう。

 

| Lei | 2010/04/14 09:16 | URL | ≫ EDIT

度々書き込んですみません

※施設で育ったことはなく、家庭内虐待経験者です。その…自分の気持ちを共感して欲しいとか、そういう目的での書き込みはしないように気をつけているつもりです。


そうか…とこの記事を読んで、
この前の「無縁社会」への違和感が無くなりました。
どうもずっと、違和感があって…。
このところ忙しくて、落ち着いて考えることができずにいました。

「無縁」じゃなくて「疎遠」だと、
「そうなのかー」と多少は歩み寄れるかなぁと思いました。
一人で考えているときは
どうしても出演者に共感できない自分がいて。
世代も同じだけど、さっぱり分かりませんでした。
結局、このレベルで(馬鹿にしているわけではありません)
「無縁」と呼ぶことにひっかかりを感じていたことが
ようやく分かりました。

| れお | 2010/04/13 18:59 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1167-de1ecec7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。