PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明らかに意味のない頑張りか、後に深くなる頑張りか

めんたる整理

 頑張り方

 頑張ると言えば頑張れる気がしていた子ども時代。だけど今はエネルギーを効率良く使いたいと思うようになってきて、意味のない頑張りへの疑問が湧いてきた。

 わたしはいつも根性と頑張りがセットだった。頑張る人間には必ずそれなりの結果がついてくると思った・・・。しかし、捨てられた事を前提に頑張っても将来に繋がらなかった事実を知った。もちろん結果は・・・。

 何を頑張る?と考えた時、今まで生きてきた生き方をそのまま問われてしまう。頑張らなくても良い事を決定づける知識を持たず、またその立場に無かった子ども時代が、今の生き方に影響している。

 実は施設全部育ちは、苦難に対峙した時に乗り越えようとする癖がある。「これは神から与えられた試練」と思い、ますます頑張ってしまう・・・。



 頑張らないでと言いたい癖

 わたしは今思うと、不必要に頑張る男性を探していて、その理由は「もう頑張らないでいいよ」という言葉を伝えたいからだった。

 それなのに実際結婚した人は、頑張らなくてもいい生活を日常として来た人だった。自分に向かないと思えば簡単にそれを止め、いじける癖もあり、どうすればいいか分からなかった。

 わたしが見ていた幻の頑張り屋は、真面目施設育ちの男子達だったと知った。真面目施設育ち男子は、わたしが知る限り精神病院に入っている。虞犯少年はそうではないので、別枠だ。

 どうして施設真面目男子がこうも精神病院へ行ってしまうのかを職員に聞いた事がある。すると「あの子は真面目すぎたのよ」と言われた・・・。

 わたしは、職員の半笑いの「あの子は真面目すぎる」という発言に一瞬カッとなった。真面目な生き方をする子が、マジメである事の何がいけないの?

 頑張らない人は、頑張る人を嘲笑う。それが施設での日常だった。自分の課題と戦う子を戦わないで済む子は嘲笑う。

 わたしは今思う、真面目の何がいけない、真面目で悪いか、

 だけど、それを誰もフォローし切れない。いっそ、不真面目な子の方が施設では扱い易い・・・。その実体験もあり、真面目な自分の行く末が今も分からない。

 頑張る事は必要だが、意味のない頑張りをしてしまい、結果的に周囲から物笑いの種になり、精神科へ通院・・・というのはおかしいと思う。

 むしろ、調度良い自己主張を身につけていければと・・・。これ以上はわがままだけど、これ以下では、自分が無いとされる。

 人間としてどのような環境下で育っても、やらされ感がある限り、その人は不満を持ち続けると思う。


 わたしは、心もセレクトして自分にあったモノを選ぶ必要があるとおもう。でも、誰も居ない子たちはどのように扱われても文句をいう人はいない=明らかに高リスクの旧タイプの家庭と結婚してしまいやすい問題は近いと思う。

 頑張り屋の真面目な施設育ちは、試練と思えば乗り越えようとする癖がある。しかし、意味もなくエネルギーを無駄遣いするのではなく、効率良く生きなければ命がいくらあっても足りない、心だって同じ。だから、結婚後の問題も語る必要があると感じている。

 
 施設全部育ちの問題は、根がない上に、だからこそ虚無の井戸に石を落とすようなもの。自分への答えが何もないのだ。親も親戚も生まれた場所も、記憶も・・・だけど根を下ろしたい、この国に。

| ├ メンタル整理 | 08時31分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

アムリタさん

 アムリタさん、ありがとうございます。

だから、Leiさんが施設の真面目な男の子に感じていたような感情を、私もLeiさんに感じているのかもしれませんね。
『頑張らないで良いよ』って言いたくなってしまいます。


 施設出身者にも真面目な子がいたのですが、とかく虞犯少年の話が多くて、ちょっと反省します。

 わたしは真面目な男子が壊れてゆく様を見ていたように思います。ただ真面目に日々を生き、真面目に勉強していたのに、他の不良少年から絡まれたり、イジメられたりするのです。

 アムリタさんの息子さん、真面目なんですね、ステキです。わたしは真面目な態度っていうのは、学ぶ姿勢があるって事のように個人的に思っていました。

 いろんなことを吸収したい、教わりたい、知りたい、考えたいという心理が強いと、自分を教え導く教師(師)を探そうとするように思います。

 自分を教える教師を探している状態なのですから、それはどうしてもマジメにしか映らないように思います。
 
 でもわたしの場合ですが、結構真面目にいろんな事を考えるのが大好きで、とても楽しい時間で・・・言うなれば知識の翼を与えられたような不思議な気持ちでした。本人は楽しくてしょうがないんです、実は。(って、成績悪いわたしが言うか?)

 アムリタさんの感受性などを、コメントで伺う折りに、今回の息子さんのお話を知り、きっと彼の好奇心もいろんな分野に向けて、枝葉が伸びるように成長しているようで楽しい気がします。色んな事を学んで大きく育っていきそうだなと思いました。

 ありがとうございます、良い休日をお過ごし下さい。真面目っていいです。わたしは子どもの頃、いっぱい考えて良かったし楽しかったですから。

| Lei | 2010/04/29 17:48 | URL | ≫ EDIT

akariさん

 akariさん、ありがとうございます。わたしのブログは施設全部育ちの問題を、ちょっと風変わりな視点から見てる気がします。他の施設育ちは、施設の役割とか、施設がどうあるべきか、とかに中心点を置きがちですが、わたし個人は、それでは施設を出た施設育ちの問題を考える役割にはなりません。

 Mariaも、少しニュアンスは違いますが、やはり地域社会で生きる、ごく普通の感覚を手に入れてゆこうとする戦いをしています。施設を地獄と感じている彼女の日々の努力には本当に頭が下がりっぱなしです(ここだけの話)

 施設育ちの本当の試練は施設を出た後、家庭を築き、子どもを育て(子どもが居ない場合も、地域の大人として子を守れるように)、地域の中に生きる事にあると感じています。

 わたしは、だからたぶん、家庭の方のご意見をも取り込み?ながら、試行錯誤を広げていってる状態だと思います。施設育ちだけ固まり、施設の話だけをしていては、その先をどう生きるかについての、発展性が乏しいとも感じ始めています。

 わたしはこの社会に馴染みたいです。#ただ、その前に何も吐き出せてない施設全部育ちは施設での過去の整理の為に語る必要があります。

 いつも、たぶん風変わりな発言が並んでいると思いますが辛抱強く聞いていただき、ご意見もいただき、本当にありがとうございます。

 信用に足るかどうか分かりませんが、わたしの思考は複雑ではありません、たぶん。今まで人間関係が複雑ではなかった(対象者がいないため)ので、ただシンプルなだけと思います。

 でもありがとうございます。良い休日を。

| Lei | 2010/04/29 17:12 | URL | ≫ EDIT

先日、保育園と家を繋ぐ連絡ノートに、先生から我が家の長男の印象を 『様々なことに、凄く真面目に取り組む子です。』 と書かれていて、親として嬉しい反面とても心配になりました。
真面目というのは素晴らしいことだと思います。
でも、自分が大切に想っている相手となると、無理してるんじゃないかなぁとか、我慢してるんじゃないかなぁとか、凄く色んな想像をしてしまいます。
このブログ内の記事を読んでいると、私もLeiさんを本当に真面目な人だと感じます。
だから、Leiさんが施設の真面目な男の子に感じていたような感情を、私もLeiさんに感じているのかもしれませんね。
『頑張らないで良いよ』って言いたくなってしまいます。

| アムリタ | 2010/04/28 21:05 | URL |

真面目に考えると、うんざりするような組織とかある。そうした中に生きざるをえない時は、真面目な人ほどまいる。不正義がルールみたいな所とか。建て前と実際の乖離がものすごい所とか。

私がレイさんに言えることは、そうした真面目な生き方は損だっかもしれないけど、それを生き抜いたレイさんは何か不思議な信用力みたいのを人に与えてる。レイさんは信用できる。

| akari | 2010/04/28 20:25 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1173-4e0f8a36

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。