PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる本のCLIP10「火の人類進化論」

火の人類進化論 (ソシオ情報シリーズ)火の人類進化論 (ソシオ情報シリーズ)
(2007/03)
林 俊郎

商品詳細を見る


気になる本「火の人類進化論」を読んでいる途中

 #脳フェチですみませんが・・・

 脳進化のキーワードはブドウ糖

  何が人類の脳を電撃的に進化させたのか。その答えは、脳そのものにある。脳はきわめて特殊な組織であるる。他の臓器や組織にはないいくつかの特徴がある。そのひとつは、再生能力がない点である。

 たとえば肝臓は二十日で半分が新しく再生されるために、よほど悪くならないかぎり症状に現れないから「眠れる臓器」とも呼ばれる。肝臓はそれほど再生能力に優れている。
 肝臓だけでなく、筋肉や骨ですら絶えず分解と再生を繰り返して恒常性を維持している。

 このような生理機能を「新陳代謝と呼ぶ。

 ところが脳組織は一旦出来上がると再生されず、あとは崩壊の一途であある。一瞬でもエネルギー源や酸素の供給が途絶えると、脳組織は回復不能に陥る。



 紹介

 この部分を読み、さらにこの先を読み続けると思う。脳というのがいかにも動きが悪く、二足歩行と連携である脳の発達とういう事と、それは人類が多様な可能性を持っている事ではないかと思える事だったり、かといって、目先の自分の家庭を見ると・・・・なんとなく発達心理と自立が同義語のように見えて仕方ない。

 全部読んだら、感想文を書こうと思う

| 気になる本のCLIP10 | 06時21分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

広い空さんへ

 こんにちは、コメントをありがとうございます。

 >随分難しい本を読まれているのですね…(^o^;
学生の頃脳についてもかじった程度に講義受けたりもしたはずなのですが、今では素人並みなので頭を抱えてしまいました。難しかった。思いもしない場所で脳のつくり諸々の話を目にしてドキリとしてしまいました。


 そうなんですよね、漢字がいっぱいです(TT)でも、楽しいような不思議な印象の本です。
 
 うん?広い空さんは医療関係の方と以前おっしゃってましたね。完全に素人のわたしですが、これからも前向きに読書しますね。

 たぶん、発達心理とか、愛着障害とか、そういう流れが、ひょんなところから、こういう本への興味へ向かった感じがしていて、我ながら単純な思考です。

 特に脳と発達については、食い入るように読んでみたい傾向が自分にはあるみたいです、全部読んだら感想書きますね。

 広い空さんのコメントには、不思議と癒されています。いつもありがとうございます。

 このブログをクローズにしていたのは、書けなくなったからですが、考えてみれば、過去の記事も見えなくなってしまうので、別にクローズにしなくても良かったんだなぁと思うようになりました。

 絆についても、今までの絆づくりを整理したい気持ちがあります。家庭・家族から得られなかった絆を、信頼できる人と紡ぐ作業は、とても有意義な作業だと感じました。

 本当にいつもありがとうございます。

| Lei | 2010/09/08 13:17 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

お久しぶりです。しばらく閉まっておいでだったので、開いていて安心しました。
随分難しい本を読まれているのですね…(^o^;
学生の頃脳についてもかじった程度に講義受けたりもしたはずなのですが、今では素人並みなので頭を抱えてしまいました。難しかった。思いもしない場所で脳のつくり諸々の話を目にしてドキリとしてしまいました。今回もこのテーマに沿った書き込みではなく、すみません。何といっても、今ごろ過去の記事を読ませてもらっている身なもので…。話が大きくずれてしまいますが、お許し下さい。記事やコメントを拝見してMariaさんやWolfさんの存在を知りました。素敵ですね。三人にしかない、他では築けない絆を繋いでいるのですね。絆と言われて思い付くのは家族なんだと思っていました。だから私にとっての絆はあまり良いものとして捉えられないものでした。たとえ家族でもたやすく出来ない絆…、あると思っていた家族の絆…、繋ぐはずだった家族の絆…。自分達にしかない強い絆がある事はとても羨ましいです。私には友人はいても、そんなに強い絆のある人物はいないかな…。一人だけあると思いたい友人がいるけど、本人からすればどうなのかわからないといったところです。でも、息子を産んで、自分の過去に苦しむようになってから愛着障害や児童養護施設の子ども達について勉強しているうちに、子どもにとって親や特定の固定された相手との絆が如何に大切なのかが見えてきました。そして、児童養護施設に対する違和感や疑問も多く…。そんな中でこの先やっていきたい事もいくつか出てきて、その為に資金や場所等が必要になるものもあるので、考え中です。その為にもまずは我が子を大切に、愛情を注いで自分の気持ちを確信したいと思います。いつも長々とすみません。では、また。

| 広い空 | 2010/09/08 00:06 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1203-7254ab3f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。