PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分なりに同姓に対する理解しがたい感情について整理しておく

メンタル整理

 女子について思うこと
 
 資料(STOP!児童養護施設内虐待にUP中) → すべての児童養護施設から暴力と性暴力をなくせ 
 
 という資料をSTOPにUPしたので、こちらでもご紹介。


 その中で、気になる一文があり、あまり気にしないようにしようと思っても気になって仕方ないので、いっその事文章にしてみるか・・・。

 

異性間レイプによる被害も問題ですが、同性による性暴力も、性アイデンティティを混乱させ、自身の性を否定させます。同性に対する恐怖から、同性グループから孤立しかねません。



 それは施設内性的な虐待は、何も異性間に限らないという事なのだ。わたしはその整理が全く出来てない。同性だから男子から暴力を受けるよりもいくらかマシな筈だと思おうとしたり、女子を加害者だと思いたくない自分の心の縛りがあるように思った。

 女子はあくまで被害者で、男子はあくまで加害者と思うあまり、女子の加害者については考えづらかったのだと知った。しかし本当は、現実はそんな生ぬるいものではない事を知っていた。

 きっかけ

 わたしはもしかしたら女子が怖いのかもしれないと気づいたのは、夫が「女性医師のいる婦人科なら安心でしょう?そこを受診してみたら?」と言われた時、唐突にパニックのような気分になった。

 「女性だから安心でしょ?」と言われたとたんに、今まで体験した事のないような気持ちになったが、夫には説明できない心理だったので黙っていた。

 今思えば、それが、自分が女性に対するわだかまりを何となく意識した瞬間だった。

 そして今まで考えて来なかったが自分は施設でそういう体験を持っている事を改めて考え、ずっと相手が女性だからと過小評価していたのではないかと思うようになった。

 施設にはすべての組み合わせの性的な問題があると書いてある。わたしは女性を過小評価するあまり記憶はごく日常として残っていて忘れてはいなかった。しかし、その代わり、考えられなくなっていた。

 出来事を語る事が相手を責める事になると・・・

 元々傷を持っている相手を責めるような事はしたくなくて、表現を自分なりに慎んできたつもりだが、心の中では、納得していなかった。納得できないのに、納得しようと自分をずっとごまかしてきた。でもそれでは、施設内虐待を許さない会の趣旨からも逃げている事になるのだと思う。

 ・・・そういう気持ちを言語化しないと、心が腐ると思う。

 なので、文章化してみた。

 わたしはそれでも、相手の受けたトラウマを理解し、受容していかなくてはならないのだろうかと、ずっと内心に疑問符が生じていた。だけど、誰にも言えないような内容だったと思う。

 不快な記事ばかり並べてすみません。ただ、これも施設の現実なので明文化しておきたいので書いておく。

 

| ├ メンタル整理 | 18時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1219-c8f03684

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。