PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる記事のCLIP10「10代の少年が暴力的なコンテンツを見過ぎると暴力への感受性が鈍る、米研究」

気になる記事のCLIP10

 

元の記事:10代の少年が暴力的なコンテンツを見過ぎると暴力への感受性が鈍る、米研究

 AFPNbbnews

【10月20日 AFP暴力的なテレビ番組や映画、ビデオゲームを繰り返し視聴した10代の少年は、暴力に対して鈍感になる傾向があるとの研究が19日、英学会誌「Social Cognitive and Affective Neuroscience」(電子版)に掲載された。

 研究者たちは長年、感情や外部への反応をつかさどり、「間違った行動」に対するブレーキとして働く脳の部分が、思春期にはまだ発達段階でぜい弱な状態なのではないかと懸念し、暴力的な映像は10代の子どもたちの心をより残忍にするのではないかと考えてきた。

 しかし、暴力的なシーンを眺めることが、10代の子どもたちの眼窩(か)前頭皮質(OFC)の外側部を中心とする脳にどのような作用を与えるかということについては、具体的な証拠が乏しかったため研究が進んでいなかった。

■長時間の暴力的ビデオ試聴で暴力に鈍感に

 論文を発表したのは米国立神経疾患・脳卒中研究所(National Institute of Neurological Disorders and Stroke)のジョーダン・グラフマン(Jordan Grafman)氏の研究チーム。グラフマン氏らは14~17歳の少年22人を対象に研究を実施した。

 ビデオ60本から集めた各4秒の短いビデオクリップを、前もって10代の少年たちに暴力の度合いで「低い」から「軽度」、「中程度」に区分させた。これをランダムな順番で機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)を装着した被験者の少年たちに1人ずつ眺めさせ、脳の活動を記録した。

 また、少年たちの指には、発汗量によって変化する皮膚の電気伝導度を測定するセンサーを取り付けた。このセンサーは、刺激に対する感情的な反応を確認するために有効だと考えられている。

 少年たちが暴力の度合いの強い映像を眺める時間が増えれば増えるほど、OFC外側部の活動は低下し、皮膚反応も低下した。一方、暴力の度合いの低い映像を眺め続けた場合には、この傾向は見られなかったという。

 グラフマン氏は「長時間にわたって暴力的な映像にさらされた少年たちの脳は、感情的な反応に関連する部分の活動が低下した。そしてそれはfMRIと皮膚伝導の両方のデータに反映された」と結果をまとめた。

■攻撃性を正当化

 また被験者との面接による判定では、暴力に対する感受性の低下が最も顕著にみられたのは、日常生活の中で暴力的なメディアにさらされる程度が最も高い少年たちだった。

 グラフマン氏は、人びとが攻撃的になっているときに活発になる脳のメカニズムに暴力的な映像が刺激を与えるのだと説明する。感情の抑制を実践的に教える人がいなければ、攻撃的になることは社会的に容認されると考えるようになるという。

「このことの意味合いは非常に大きい」とグラフマン氏は語る。「たとえば暴力的な映像にさらされ続けることで若者が暴力に鈍感になり、暴力を受け入れるようになり、攻撃的な行動をとる可能性が高まるということにもなる」

 今回の調査は少年のみだったため、暴力的な映像に繰り返しさらされることが少女たちにどのような影響を及ぼすかは調査されていない。

 しかし、これまでの研究で、暴力的な映像に対しては、女性は男性よりもはるかに反応が少ないことが知られており、これは男女の脳の違いによる可能性もあると考えられている。





今はもう暴力環境ではないのに

 バーチャルではない暴力空間で生きてた児童養護施設の子どもたちにとって、大人になっても、まだその環境が続いていると感じてしまう。
 
 不思議な事だけど、兵士が戦地から戻っても、まだ戦争が終わらない感覚が分かるような気がする。

 

| 気になる記事のCLIP10 | 11時46分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

休みがちでごめんなさい

serenさん、おはようございます。

施設の子は物心ついた頃から集団生活だからメンタルの耐性がとんでもなく高いと思ってます。

 これは違う・・・これは違うと思う。耐性が高いと自分でも思っていたけれど、それは違う・・・ただ、どんな風に違うか言えない、言葉になりません。

 でも分かってる事は、メンタルって耐性が高いとはどういう事なのかよく分からないという点だけ・・・。

 施設全部育ちのメンタル本が一般の本屋さんには売ってませんから、言語化されている正しい資料がないんです。どこにも。

 暴力への麻痺についてあなたは考えられるのですから、後一歩で、その暴力空間でどんな風にメンタルが影響を受けてきたのかを、何かを感じないからといって、何も感じてないのか、分からなくても、分からないままに考えてゆくしか方法がないと感じます。今更、ここまで気付いておいて、今更気付かなかったあの頃には戻れないでしょう?

 孤独だったんですね、施設全部育ちって。知りませんでした。

 「寝た子を起こすなっ」てこの事だったのでしょうか。「せっかく何も知らずに眠りほうけているのに・・・」と。
 
 職員が、確か大人になった時に過去探しをしているわたしに、そう言ったんです。寝た子を世間だと思ってたけど、ちがう・・・寝た子は何も気付かされず眠り続けた子ども達だと、今は思う。

 口がすべる職員のおかげで、ヘンデルとグレーテルのように、過去の道を辿る戻っている気分。

| Lei | 2010/12/03 07:31 | URL | ≫ EDIT

Leiさん

これは相対的な話じゃないかと思ってます。
施設の子に関しては暴力がおきやすい状態を「いじめ」や「いたずら」と過小に表現してしまう傾向があると感じますが、

一般の家庭の子は施設の環境と違う育ち方してるとLeiさんはいつも言ってるじゃないですか。家庭の子にとっては学校という集団が初めての集団だけど、施設の子は物心ついた頃から集団生活だからメンタルの耐性がとんでもなく高いと思ってます。

愛子様を考えても、今までは両親の元温室の中で育ってきたんだから学校での集団生活に溶け込むには時間が掛かると思います。でも私たちはそんな配慮も一切なくていきなり集団生活、しかも、暴力の暴発を抱えた子たちの中に投げ込まれてます。

だから学校のいじめはいじめで良いんじゃないかと思ってます。施設の場合は暴力空間だって感じてます。これ、おかしいですか。施設の私だから学校って安全だと思っていましたから、こういう意見になるんですが、Leiさんは、他人から指摘されたくないから言葉に気をつけ過ぎて本当に気持ちから離れてませんか。
それで納得できてるなら良いんですけど・・・。

| serendipity | 2010/12/02 05:51 | URL | ≫ EDIT

保護じゃなくて収容

エマさん、
やはりそうなんですか・・・
傷害(刑法第204条)や暴行(刑法第208条)といった
犯罪が横行するところにいると、そうなっても不自然ではないかな・・・

今でも夢で飛び起きる子は結構いる。夢の世界は無力ですからね、起きてから今は施設じゃないと思って心を落ち着けるけど、会社に行けない日もあります。
今朝もそうでした。死にたくなるのに施設では死人になるまでは暴行しない。暴行に失敗したら監督不行き届きになるし上級生は間違いなく少年院行き。暴行もリンチも首の皮一枚の所でやめれば言い訳になる・・・殺したらそれは失敗・・・。
施設に入れっぱなのは親に里親制度も教えないんだから緩慢な殺人だと思います。そんな親に意思確認しても意味ないだろうけど。育てないんだから自分の知らない世界だと思うよ児童養護施設の事なんか。言いすぎかもしれないけど。
で、「今は孤児はいません、親がいる子がほとんです」っての中身の事ですが長期入所の児童が施設で育っても親がいるって事になるんですよね。家庭で育っているかどうかとか、もっと厳密にならないんですか。

| serendipity | 2010/12/02 05:16 | URL | ≫ EDIT

そうなんですか・・・

>>施設では流血沙汰は普通にありまして、どっか麻痺というか血や暴力に対する恐怖感が無いんです。

やはりそうなんですか・・・
傷害(刑法第204条)や暴行(刑法第208条)といった
犯罪が横行するところにいると、そうなっても不自然ではないかな・・・

| エマ | 2010/11/29 18:50 | URL | ≫ EDIT

好きなように書いて消して下さい

 serenさんの事はMariaとも話した事がありまして。施設全部育ちが何か書くのは勇気が必要だけど、書いた後で急に怖くなって消してしまうと・・・。

 わたしだって意見するのはドキドキします。気にしないで消したり書いたりして下さい。残しておくも自由、消すのも自由。その人自身を否定しないなら、意見への反論も許される範囲内でよろしいと思います。世間へ向けて書く、表現する事にナーバスになるのは仕方ない事だと思ってます。特に施設全部育ちの方ならば。

 ところで施設では血を見ても動じない世界観でしたね、確かに。でもその感覚を一般社会で通じるとは思わないでしょう?

 一般の家庭でも、夫婦のドメスティックバイオレンスの現場を見せ続けられる子どもは被虐待児です。

 施設の子に関しては暴力がおきやすい状態を「いじめ」や「いたずら」と過小に表現してしまう傾向があると感じますが、24時間の生活空間で起きる事を、学校のいじめと同列には扱えません。
 
 暴力を暴力と言ってもいいと思います。

| Lei | 2010/11/29 15:57 | URL | ≫ EDIT

感受性

Leiさんも私も必要な情報の摂取、まだ早い情報の開放、これから必要になる情報との向かい方への挑戦と諦め、コメント欄で消したり又書いたりしている状態なんですね、すごい流動的ですよね。思考錯誤の最前線みたいです。施設で全部育っただけじゃ言いたい事なんて特にないしブログ書くほどのものじゃないと思ってましたが、MariaさんやLeiさんやエマさんやミッキーさんとのやり取りを見てると、何も言わなかったからって何も感じてなかったわけじゃないのかもしれないと思いました。
資料やデータ的なものさえテキスト化してるLeiさんはまだるっこしいけれど、これはこれで良いと思います。

あと元記事を読んで思ったんですけど、施設では流血沙汰は普通にありまして、どっか麻痺というか血や暴力に対する恐怖感が無いんです。この元記事で施設の雰囲気思い出すなんて言ったら誰かからバッシングされそうなので思いっきり言い切れないんですけど、感受性が一番強い時期にこういう世界がゲームじゃなくリアルであるっていうのが、かえって現実味を感じられなくて自分が嘘つきみたいに思えてしまいます。

| serendipity | 2010/11/29 07:04 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1227-3d9ba752

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。