PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

児童養護施設全部育ちの自分としては「絆相手がいない」子ども達の問題を意識している

趣旨

 絆を理解できない事と絆がない事とは違う 

 ある方とのやりとりで、整理を必要とした為、スレッドを立てました。絆を理解できない事と、絆を理解しようにも、誰もその対象者がいない事は別の課題だと思います。

 家庭育ち夫の場合

 夫も絆を理解できなかったらしいが、彼は、今では親との絆は後になってゆっくり気づくタイプのものだと認識したらしい。だから、その年齢になれば自然に意識できるものだと知ったそうだ。絆はあるが自覚できなかった場合はそうだ。

 夫も優等生だった。彼の母親(姑)から認められる為には成績が良い事が一番効果的だと思い、勉強を優先し、その一方では甘えが足りないので発達障害気味だそうだ。#成績が良くても発達しきれない精神面がある事をこの時初めて知った。

 さらに彼は親に対する共感性が高く「自分が真面目な子どもに見えなくては」周囲から育て方を批判されるのは親なので、親の言う事を守り生きてきたそうだ。大人になれば、親が自分に対する育ての責任を問われる事を知っている彼は「仕方ない親だなあ」と思いながらも、親の決定に従って生きていたという。それに、自分を養育した結果を引き受けるのは親なので、子どもの彼は親を全面的な責任者として認識し、親の言う事を聞いてきたそうだ。

 施設全部育ちわたしの場合

 まず、1年毎にシャッフルされる人間関係が当たり前である事、新しい子が入って来ては居なくなる事。固定された人間が居ないのと同時に集団生活なので、施設の規律を守る事は当然の事だった。

 施設の集団生活の規律を守る事で「いい子」という評価は実は与えられない。施設で施設の規則を守る事はいい子だから守るわけじゃなく、守るのが当たり前だからに過ぎなかった。集団生活の規律を守る事の理由については、ほかに言い様がない。

 そのような環境で絆を作る必要性はなかったし、小さな頃から固定された相手が居ない為、当該児童も、愛着が自分には付いてない事に気付いていない。だから親の立場をおもんぱかる為の表面上いい子とかの使い分けもない。

 施設で規律を守ったわたしは、表面上いい子だったわけじゃなく、本気で規律を守ったにすぎない。だから内面はすっきりしている。裏表の使い分けは施設全部育ちには理解しがたい難解な技術だと思う。

 自分の脳で考えられない問題も、施設では感情で子どもを育てず、集団の子どもを管理して育てている。だから施設生活が長い子程、感情で動いているのではなく、マスゲームに従っているに過ぎない。又、そういう環境で育ったとしても施設を出たら、自分の脳で考える事が出来なかった事の責任を誰にも取ってはもらえない。

 措置解除後は、当然ながら社会に出て自己責任で生きてきたが、一般の社会生活や家庭生活に対して無知な為、ドロップアウトする子が後を絶たない。中卒の子の問題は特筆しておくべき問題だと思う。皆失敗すればその後行方不明になるか、性の知識もないまま避妊もしてもらえず若年で子どもが出来てしまい、育てきれずに又、施設に子どもを還元するかのような、中卒の施設女子も多かった・・・続く。

 なので、わたしの抱える問題と夫の問題は違うという事を理解し合った。わたしの持ってる特長は、施設生活しか知らない為の、かなりマイノリティな問題だが、世間で家庭の人が使うキーワードと同じモノを使うので、同じ印象を持たれてしまうのだと思う。

 ことばを奪われたくないから・・・

 施設児童の特徴について使う単語が特に見当たらない(専門書にはあるのかな)為、テキスト化の際の(一般論化)へのリスクは常に感じているが、それは仕方ないのだと思う。

 なぜなら施設病という言葉でさえ、偶然見つけたブログによると「家庭の子も施設病のような症状を抱えている」と言い出す人もいて(ソース元が見つからない・・・)、施設の子に特徴的な問題が家庭の子の問題と混同されている印象があった。施設病の最たる原因は養育者が固定しない事にあるのに、家庭できちんと愛されなかった子の問題と一緒くたになっている・・・。

 家庭の子の問題を、施設全部育ちに特徴的なケースを雛形として利用され、語られてしまう前に、ブックレットに収める必要性を感じている。「声無き声の乳児院の子どもたち」のケースを、きちんと独自に抽出していかなくては、3才以下の乳児に対する施設収容が国家による暴力であるという国連の声明が薄らいでしまう。

 #家庭のみなさん、何故分けるかについては、分けないと施設だけで育つ問題が抽出できない為です。家庭の人と社会の中で共存する為にも、あらかじめ施設全部育ちの問題をとことん整理しておきたいのです。

|  このブログについて | 06時32分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

ありがとうございます

捨てられてる事も無自覚な傷
虐待とは違うから傷と分からないだけ
施設で他の児童から暴力を受けるのは傷の上塗りでしかない

レイさんへ

戦場で敵を害してもヒーローと言われますが、一般社会で人をいきなり害すると犯罪者です。戦場で人をあやめてはいけないと平和主義者が叫んでも嘲笑されておしまいでしょうね。
その世界観は分かりました。

マリアさんへ

どれほどひどい虐待を受けていても、捨てられ切った子を前にするとトーンダウンするようです。俺は「そこまではいってない」と。どうやら人は、一番恐ろしいのは捨てられきっている事かも知れません。さらに恐ろしいのは、それをごく普通に語る人の言葉を聞く事なのだと思います。

ミッキーさん

サイトに無愛着の情報があるなら参考にします。でも実際は古い資料やどこかの教授の資料じゃ物足りません。やはり無愛着本人の語る話は内容はともあれ躍動感があると思います。ミッキーさんの家庭の問題を語る雰囲気も強いメッセージだと思うので引き続き読ませてください。

| serendipity | 2010/11/20 04:31 | URL | ≫ EDIT

わが子が家にやってきた~里親制度が結ぶ新しい絆~

http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/19th/10-219.html

第19回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品
『わが子が家にやってきた~里親制度が結ぶ新しい絆~』
(制作:テレビ西日本)

番組では、「家族」になっていくいくつかの「里親家庭」を取り上げる。<T家の場合>これまで「里親」として認可されていたT家は、今年2月、「グル-プホーム」の認可を受け、預かることができる子どもたちの数が増えた。T家の里子は、身体や心に障害や問題をもった子どもたちが多い。T家の「里親」はなぜそのような子どもたちを預かるのか? その背景には、かつて生死の境をさまよった、T家の里親のある過去があった…。
<2010年11月19日(金)27時5分~28時放送>

| Maria | 2010/11/19 17:06 | URL | ≫ EDIT

Mariaの三行詩

家庭で虐待を受けた子が、
自分の方がまだマシと親に捨てられた子をなぶる。
それが児童養護施設という世界。

| Maria(Lei口頭を代筆) | 2010/11/19 13:17 | URL | ≫ EDIT

Leiちゃんへ。

Leiちゃんが、今はまず『施設全部育ち』の課題を整理したい気持ち、わかりました。(^-^)

改めて、Leiちゃんの話しを聞いて、施設で育つ事は、心身の発達において、子供へ与える影響がどれだけ大きく、またその人生を厳しいものとするのか。。。しみじみと感じ、胸が痛みました。
辛い過去を語らせてしまったけど、こういう現実があるのだという事を、皆が知る必要があると強く感じました。

Leiちゃん、本当にどうもありがとう。。。


serendipityさんへ

横から失礼します。
愛着障害(無愛着)がどういうものか、勉強できるサイトを探して、それを理解しなければ、進まない話だと思います。

人には、意識と無意識(潜在意識)があります。
喜怒哀楽の感情を、リアルタイムで感じる気持ちを失っていても、潜在的な意識にその感覚だけは、残っています。
新たな言葉も感情も、潜在意識の中に、すべて残ります。

そして、蓄積されたものは、自分のコントロールの範囲を超えた段階で、いつか形となって現れてくるものです。

人は、必要とされている存在かどうか?自分が大事にされているかどうか?
全身で感じています。
相手が居ないという事は、自分の生命を蜘蛛の糸で支えるようなものです。
生きる事自体が、戦いなんです。

このツリーは、別ツリーの中で、私が『施設と家庭を同じ土俵で考えている』と思わせてしまう、誤解を生む発言をした事で、家庭と施設は違うという事を訴えてくれたものです。
どうか、そこをご理解下さい。

| ミッキー | 2010/11/19 13:07 | URL | ≫ EDIT

じゃ

 それがどうした、あんたも一時そこにいた群集でしかない。
 捨てられてる子どもの吹き溜まりで今更何を虐待という?
 戦場で「人を殺してはいけません」と叫ぶ愚かな兵士があるのだろうか?

| Lei | 2010/11/19 09:33 | URL | ≫ EDIT

自分の過去についても淡白である事

もしですよ・・・仮に児童養護施設で親が育てない長期入所児が性的な虐待などに遭ったとしても、やっぱり根本的に無愛着児なのでPTSDの症状を抱えないですむのでしょうか。
自分の過去を覚えていられない程の人間関係の流入出がある中で、ただえさえ記憶の保持が困難で、他人に興味がないように自分にも興味がないから、虐待されても気付かないんじゃないかと思って・・・。捨てられている状態なのにさらにそこに暴力的な事があったとしても、それをどうやって暴力的な事だと、日常じゃない非日常・特異な出来事だという風に認識できるでしょうか。相手もいないのに傷つきようもない気がします。
良い事も悪い事も悲しい事も苦しい事も痛みも涙も怒りも、感情の起爆装置が働かなきゃ出てこない気がするんです。

Leiさんの文章は長すぎます。三行で答えて下さい。

| serendipity | 2010/11/19 07:32 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1233-8f218b71

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。