PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無愛着な人間は愛着が無くても特に困らないが、困るのはむしろその人間に愛着を持つ周囲の人なのだ

メンタル整理


 愛着について


 無愛着人間に「愛着」を意識させる作業は、里親にとって言葉で説明できない程の切なく、辛い事の方が多い大変な作業ではないかと感じるようになってきた。


 わたしはソウルメイトに会うまでは、他人から「冷たい人間」と揶揄されたとしても陰口に反応できなかった。それはわたしが、単に無愛着なので「冷血」「思考停止」を殊更悪口と感じる心的な基礎が備わっていなかったから。

 たぶん他人から「冷たい人間ね」と言われて言葉に傷つく為には、あらかじめ愛着というものが分かってなくては功を奏さない。単に本当の事を言われても人は傷つく事ができないのだ。


 愛着の為のルーチンワーク


 愛着が着く前、と、着き始め、と、着いてる途中、と、着き終わり揺るがない関係になっていく状況を、今、丁度自分に呆れながらも傍観しているところなのだ。

 現在、固有の関係性での愛着の接着の工程については、何となく、その印象がぼんやりと見えてきたので、里親家庭が小さい頃あったら良かったのに、一瞬でも、得られなかった子ども時代を惜しむようになってきた。

 日々決まった時間に電話を掛け合う、声を掛け合う、互いの家庭の様子を語る、日々の天気、ブログの事、活動の事、想いなど、全ての要素を繰り返して話し合う事で、愛着の萌芽のようなものを感じてきている。


 愛着の寝床でもある絆という土台づくりについて


 絆という言葉が安っぽく叩き売り状態のように見えるので、最近はこの言葉を使うのも安易に感じるようになってきた。

 という事は、絆というものは、叩き売られるような性質のものではなく、その個人にとっては取替えの効かない固有の繋がりをいうのだと感じるようになってきた。


 いい子だから繋がっていられる、悪い子だから捨てられる、という世界観を持つ家庭の子と話す機会は多かったが、わたしの場合は、わたしが悪い事をしたから施設へ捨てられたという解釈に流れる必要はなかったと感じている。

 それよりも施設長期入所児や全部育ちは「社会的にネグレクト状態」にある事が、本質的に向かうべき課題だったと解釈している。

 どんでん返しのない捨てられ状態を、どう取り繕っても捨てられてるのだ。

 捨てた生物親たちも、自分が社会から咎めを受けるのは嫌なので、施設に入れっぱなしなのを、言うに事欠いて「預けている」と表現する。子どもはおかげで「待ち続ける児童」となり、皮肉な事に親が生きている為、施設から出られず、家庭知らずの大人になってゆく。


 関係性の変わらない相手が必要な理由


 今、絆づくりを通して思う事は、絆というのは日々の「関係性の変わらない互い」として関わり続ける事で繋がっていくネットワークを指していう言葉ではないかと思うようになった。そのネットワークは常にセキュリティに気を配り、安定した状態にあるべきと思う。ましてや、固有の相手もなく、人間関係がしょっちゅう変わるのは不安定に向かってしまう。


 社会では「個を考える事」自体はエゴイストではない


 社会に出て、個人として生きる必要性が出てきた時、思考停止になってしまうクセがあった。わたしは常に背中に集団の気配を感じてしまい、急に不安になる。職場の改善の話をしていても、自分勝手に意見を言う事がいけない事のように思える・・・。

 個を意識するのは施設全部育ちにとっては戦いを挑む事に等しい。でも職場では、自分が会社の為に出来る事を突き詰めなくちゃ使い物にならない。

 施設で集団に楯突いた事がない元児童ほど、個を意識して、個として生きる事への不快感と否定と拒否感覚がある。

 なので、ゾウリムシより単細胞な自分は(何のこっちゃ)、やはり手っ取り早いのは里親委託をされて、里子と里親が絆を繋げる作業が効率的にも子どもの最善の利益に繋がると思う。

 2才で里親家庭では遅すぎる。生まれてすぐ、里親と対面できるようにしてほしい。


 私怨があり趣旨が生まれた
 

 その為には、施設で「思考停止の羊の群の一頭」になってる場合じゃなく、一刻も早く、絆づくりを通して愛着を身に付け、社会の中で自分は何をなすべきかを考えられるように固有の愛着による育ちの土台を作ってほしい。

 「愛着の構築」については児童養護施設ではムリだったとつくづく思う。わたしには私怨がある。

 誰も無かった人生をそれなりに生きてきたけど、ソウルメイトと絆づくりをした事と、夫親子を見ていて、わたしは、どういうカンジな生き方をしてたのかを知った。

 以上ここまで

 #WolfとMaria2人に対して「いつもありがとう」の思考の中身を書きました。
 
 

| ├ メンタル整理 | 22時38分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

一言で済むのに

Leiちゃん、

もう3週間逢っていないわね。

「逢いたい」って、ひとこと言えば済むのに、なんで延々と記事にしなければなならないわけ?

| Maria | 2010/12/15 22:51 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1239-5ccae8c4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。