PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「正月明けの職員の怒りっぽさ」に対して、どうやって配慮するかという悩み

めんたる整理

 正月明けの不機嫌な職員に対する心の癖がぬけない

 わたしは正月明けの職員の態度が苦手だった。彼らは「今日から仕事だ」と不機嫌な態度丸出しだったから・・・。家庭で家族とゆっくり過ごした職員は尚更、施設の子供達の顔を見ると「オイオイさっそく仕事かよ~」とブツブツ言い、不機嫌な態度だった。

 ・・・気を使ってしまう。職員は気づいてないと思うが、施設の子どもたちは腫れ物を気遣うように感じていた。家庭で過ごしている所を施設の児童に関わらなくちゃならないので仕事モードにならなくちゃいけない。職員のそんな傷ついているような態度に対して、どこにも行けずに正月を施設で過ごした子どもたちは変に気を使わざるを得なかった

 「ボクたちがいるから、彼らはゆっくり家族で休めなくてかわいそう・・・」と思っていた。彼らの気持ちを刺激しちゃいけない気分があったので、尚更滞り無く過ごす事に集中した。

 施設の子たち(全部ではないかもしれないが)は、そういう風に休み明けの職員の不機嫌さに気を使って、やんわりと遠巻きにしてた。保母も指導員も、職員の顔に戻るのには多少時間がかかっていた。

 今思うと、施設の子は家庭の子になる瞬間もなく常に施設の子なのに、一方家庭のある職員は、職員に戻るための時間がどうしても必要だったので、施設の子ども達は彼らの不機嫌さの意味も分からずに気を使っていたように思う。

 わたしは今も、なんとなく、その癖が抜けない

 休み明けのソウルメイト二人についても、もやもやする。わたしが電話したりして、嫌な気分にならないだろうかとか・・・。わたしが連絡取り、せっかくの正月気分に水を差すような態度取ってしまうことにならないだろうかとか・・・無愛着だけど気を使う。

 だからいつも、正月明けのソウルメイトには「もう仕事なんだから電話しましたよ、休みじゃないから良いでしょう?」というようなノリでしか電話できず・・・。

 家庭育ちの夫は、わたしのこういう考えなど全く意味不明らしい。親と子、親戚・長い付き合いなど、好きな時に常に連絡を取り合える仲らしい。

 わたしには、そんな風に居るのが当たり前な相手がいないらしい。
 些細な繰り言だけれど、わたしは平日が始まってくれてホッとする。


 この世界に、自分の側から自由に連絡をしても後ろめたくならない相手がいれば、きっとその相手が固有の相手なのかもしれないと思う・・・。

 いつも誰もいないのが当たり前すぎて、全く考えたことがなかった。正月明けに水をさすわたしは、いつまで経っても、誰かにとっては他人で在り続ける。

 なのに無視覚悟で、休み明けに電話をしてしまった・・・元無愛着児の心の癖は今も人を求めさせず。

| ├ メンタル整理 | 08時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1244-8c14e4bb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。