PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分が出た施設が(今はもう)かなり改善されている事を知った時

めんたる整理

 きっと”良い施設”を出たのだろう

 わたしが出た施設は良い施設との評判が元々高かったらしい。そのような施設だからわたしは、虐待を知らず?(定義が分からないという、のほほんぶり)に生きてしまったらしい。


 結婚して家庭に入ってから、一気に無愛着の問題が起こり、自分は良い施設を出た筈なのに?という疑問符が浮かび始めた。

 施設内カテゴリと児童のニーズの違い

 長い葛藤があり、ようやく「出身施設の虐待の有無について、わたしの中ではどっちだとしても、わたしの問題は、それとは別のところにある」という事に気づいた。それが一度も絆を誰とも持った事のない施設全部育ちの問題だった。

 たぶん、このブログに来たばかりの人の視点では「いつか何かあった時は施設に預けるかも知れない親の視点」でこの記事を読むだろう。だからあくまで家庭での被虐待児にとってのニーズがメインとなり、「施設が良質であれば」目的に叶うと思っているだろう。さらに虐待施設など、当然ながら問題外だと思う。

 ・・・だが、誰もいないわたし視点ではしつこいようだが、捨てられた児童のニーズには、この良い施設は叶っていなかった。が、それでも、一般社会に家庭虐待があり続ける限り、児童養護施設はあり続けるし、親が育てられない子ども達が施設長期入所児として、施設としては必要とされているのだと思う。

 このブログに今まで来た人の中で、不快感を示すレスを残したゲストの人々は、わたしの言葉を聞くとイラッとして、感謝を知らない元児童だと嫌気がさしてしまうのだという事は理解している。

 わたしが、感謝を知らない元児童という目で見られるのも・・・それは仕方ないだろうと。衣食住足りている施設全部育ちは、物心ついた時から、施設の中で飢えた事はないし、電気が止められた事も水が出なかった事も無かったから。

 でも、その一方で衣食住も与えられない一般の家庭の子がいて、虐待を受け続けている子がいる、その現状を知らずにいたのだから・・・。さらにわたし達元施設児童は、親から育てられてないのに栄養も足りて幸せそうに見えて、生きているのだから、里親委託が何故必要かなんて、わからない人はいるだろう。”施設で十分だろう?”と思っているだろう。

 でもここまで書いた内容は、同一施設内で、別のカテゴリの問題を持っているそれぞれの違うニーズを持った児童が集団生活をしていた結果、生じた葛藤をそのまま現しているという事でもある。


 変わった施設の姿を見て現状を受け入れる

 このニュースで取り上げられていた児童は実親との絆がある子だった。この施設は記事の中で、今では施設内で調理実習をしていると書いてあり、びっくりして固まった。自分がまるで戦前の古い施設出身者みたいで・・・(流石にちがうよ)。

 時々わたしは、無愛着児だった過去の自分と、今では一般社会で生きる大人として、地域の子どもの育つ環境を考えている自分の間に、少し心理的な軋轢があり、脳内で反駁しあってしまう。

 わたしは、自分が出た施設が良くなっていく姿を見ていくしかないと思う。施設が未だに変わらない事への怒りがあり始めたブログだけど、心情吐露を目的に頑張って書いてきたけど、変わった部分と、変わったら長期入所児童は救われるのか?などなど、まだ言えてない感覚がある。

 この記事を読み改めて確認した。この施設は、今までSTOP!にも一度も虐待で掲載されなかった。そんな、いわゆる良い施設で育ったのに、何故未だにわたしは、自分の、施設時代にOKを出せないのか、不思議ですらある。

 その記事のソースをさすがに貼り付けるわけにはいかない(自分が出た施設なので)が、文章だけを読んでいると大抵の人は「家庭で虐待を受けるなら、早くこのような施設へいれてあげたい」となるだろうと思った。

 児童養護施設という世界を、どの視点から捉えるかで、全く違うそれぞれの印象がある事は分かった。

 この施設が今はもう変わってくれてよかったと思う。他の施設も、最低でも虐待のない施設であろうと努力してほしい、児童間暴力も、性的な問題も・・・。

| ├ メンタル整理 | 07時15分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

「貧・社会的養護」にあったわよ

Leiちゃん、
わかりづらいけど、「貧」のなかの「社会的養護」というカテゴリーにあったわ。

養護施設は、里親もだけど、「貧困」というくくりなのね。「子どもの生きる権利」としての社会的養護というとらえ方ではないのね。ま、親がいな子どもたちへの社会の視線がわかるわね。

| Maria | 2011/01/14 03:35 | URL | ≫ EDIT

和田さんへ

 えっと「ある方」が見えないのですが、わたしとソウルメイトのMariaの二つのブログを知っている方なのですね。

 できるのなら、その「ある方」の目星が付けば良いのですが・・・。ただURLからブログを拝見しました。児童養護施設の問題のみならず、貧困問題や、社会的なありとあらゆる問題を集中的にリンクされているようですね。

 まだ何とも言えませんが、又、お伺いしてきちんと読ませていただければと思います。最終的にMariaと相談して、こちらからのリンクを考えさせていただきます。

 ところで、私たちのブログがどこにリンクされたのか、リンク集があるわけでもなく、見つからなかったので、カテゴリが何処かだけ知りたいです。

 ありがとうございました。

| Lei | 2011/01/12 03:47 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

はじめまして。
 ある方のご紹介で知りました。私は「生きるアシスト.com」の管理者です。
当サイトで是非ご紹介させて頂きたいので、どうかよろしくお願い致します。
なにかありましたらご連絡頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

| 和田 一郎 | 2011/01/11 12:03 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1246-76d6b8c1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。