PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイガーマスクさんたちの善意に水をささず、ともかく現実的な話を

養護施設にいる間の問題
 
 #STOP!施設内虐待掲示板から引用しました。

入進学支度金はどこに? - Edward 2011/01/12(Wed) 22:14 No.9290

 小学校に入学予定の子どもに、ランドセルを贈るのは、送る方の心やさしい気持ちの表れですので、それでいいと思います。

 ただ、気になるのは、「どうしてランドセルなのか?」ということです。

ネットでは、児童養護施設の子どもたちはランドセルを買ってもらえず、上級生のお古(上級生が6年間使ったもの?)や普通のかばんを使うとのこと。 
↓教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6428648.html

 「児童養護施設の子どもたちがランドセルを買ってもらえない」ということが理由で、せめて、新しいランドセルで「ピカピカの一年生」で入学して欲しいという心やさしい方たちなのだと思います。

 しかし、Edwardは「子どもにランドセルを買ってやれない児童養護施設」に疑問が生じます。

 国や自治体から児童養護施設や里親に支払われる養育費には、「入進学支度金」があります。小学一年生、中学1年生の「入進学に際して必要な学用品等の購入費」です。

↓※富山県の例です
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1201/00006391/00279022.pdf

↓※厚生労働省の全国児童福祉主管課長会議資料(平成22年2月25日)です
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/02/s0225-9.html
(3) 別冊(交付要綱、実施要綱等)(PDF:11,640KB)の142ページ

 小学一年生の入進学支度金の国基準は39,500円ですが、東京都では46,200円となり、6,700円の都加算があります。このお金が、小学一年生のいる児童養護施設や里親家庭には、人数分が自動的に支給されます。

 さて、ランドセルは、安いもので1万円前後からあります。

↓価格.com
http://kakaku.com/baby/ss_0013_0096/0003/0001/query=/?minp=&maxp=38999&sort=priceb&act=Opt

 我が家でも、子どもたちには、そんなに高いランドセルは購入していません。入進学支度金の1/3から1/4あれば購入できます。
 児童養護施設では、学習机は、備品として部屋に備え付けられていますので、ランドセル以外に高価な入学準備品ないと思います。子ども一人に一つの机がない施設もありますが、それは論外として…
 入学式の服は、一回きりのものですからレンタルでも数千円でしょう。レンタルでなくても、数万円もするスーツは普通買わないでしょう。

↓キッズフォーマルウェアレンタルブティックLEcru
http://item.rakuten.co.jp/lecru/c/0000000103/

 今回の一連の「ランドセルの寄付」報道で、「養護施設の子どもたちには入進学支度金があり、そこからランドセルを買うことができます」とコメントした施設職員はないように思います。
 なぜ、児童養護施設では、小学一年生にランドセルを買ってあげられないのでしょうか。入進学支度金は、何に使われているのでしょうか。

 「同じ」社会的養護といわれる里親家庭では、ランドセルを買ってあげられない家庭はないでしょう。養護施設と同じ額の入進学支度金が支給されています。

 もし、小学一年生にランドセルを買ってあげない里親家庭があったとしたら、それは大きな問題になるでしょう。

 ちなみに、母子家庭や父子家庭の「入進学支度金」は、一万円程度のようです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&newwindow=1&biw=1165&bih=513&q=%E5%85%A5%E9%80%B2%E5%AD%A6%E6%94%AF%E5%BA%A6%E9%87%91&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=


 現実的視点

 タイガーマスクという善意の方の話を知らなかったので、Mariaから電話で聞き、テレビを付けたりして・・・。エドワードさんのコメントでのリンク先の、”教えてgoo”などでは、堂々と?施設ではランドセルは買えないですと答えている人がいてびっくりした

 だから、冷静にエドワードさんのレスを読み、学んで欲しいと思った。わたし自身、この騒ぎは、一過性である事を知っているからこそ、施設職員、また、施設で育った者はきちんと、ランドセルを施設では買える状況にあると、答える必要があるとおもう。制度で保証されている入学支度金は一過性のものではなく、必要経費として計上されているので、そこも理解した上で行動されたら良いと思います。

 親が育てられない子だけでなく、子どもが本当に必要とする支援とは何か?について、考えるよい機会だと思いました。

|  養護施設にいる間の問題 | 05時50分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

広い空さん

ただ、今回のような事があって、養護施設が一人でも多くの人達に認識される機会ではあったと感じています。

 そうですね、家庭虐待の影響もあり、児童養護施設という場所が最近は随分見知られるようになっては来ていますが、このようなニュースを通して、改めてどういう場所なのかについて考える機会になると思います。

 すぐに忘れられそうな場所だからこそ、こうして又、問題提起されていく事は、きっかけ作りになると思います。

 でも施設を知るきっかけとして、常に支援対象としての施設という現実だけでは元施設児童としては複雑な心境になってしまいます。ここ最近の明らかに熱病に掛かったかのようで、どう流れていってしまうのか不安な気持ちになっています。

 

 

| Lei | 2011/01/18 08:17 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

全国のタイガーマスクさんにはいろんな意見が出てくることと思います。私個人は気持ちはわからなくもないですが、一時的に便乗する人が増えるだけで、ずっと続くものだとは思えないので、特別心に響くことはありませんでした。それが、ずっと続く人間社会であれば、施設で暮らす子どもが増え続ける国になんてなってないのではないかと思います。ただ、今回のような事があって、養護施設が一人でも多くの人達に認識される機会ではあったと感じています。しかし、ニュースで心暖まるニュースと言うアナウンスを聞いたとき、かなり違和感を感じました。彼らが何故施設にいるのか。その本質に迫ろうという姿勢は見られず…。タイガーマスクの説明する時間があればもっと伝えて、問いかけないけん事があるのに…と思ってしまいました。

| 広い空 | 2011/01/15 00:35 | URL |

食傷気味なんだ・・・

Maria

 わたしは昔、ランチ友に「どんな顔の見えないプレゼントよりも
、顔を知ってるプレゼントくれるたった一人がいれば嬉しい」と言った事がある。

 わたしはどうやら言葉がヘタで、誤解を受けやすいんだけど、当然友達からは引かれた・・・。

 でもMariaは、じっくり付き合ってくれて、実は「顔の見えないプレゼントの山よりも、たった一人の親がほしい、つまり、養育おや・里親」がほしかった事も整理した。

 施設にモノ(良いとか悪いとかの品じゃなく)が溢れてるのは見てきた、でも、同時に、一般からの善意の気持ちを踏みにじるわけにいかない・・・。だけど本当は、きちんとお金は国から出てる。

 その説明をするのは、施設関係者の義務と責任だと思うのに歯切れが悪くて、すっきりした答えがない。

 個人的には、ランドセルはたった一人の絆相手からもらえるのがベスト。その相手として里親さんだったらうれしい。

 顔も見えない人から、色々贈ってもらうことには一定の理解を覚えつつも、個人的には、ちょっと食傷気味だと思った。

| Lei | 2011/01/14 17:58 | URL | ≫ EDIT

Beautiful_Mindさん

 Beautiful_Mindさん、こんにちは。

 わたしも施設育ちとして、Edwardさんの発信はとても勉強になっています。目に留めていただき、感謝します。新しいHNにされたのですね。新しい、クリアな朝のような雰囲気のイメージの名と感じました。

| Lei | 2011/01/14 13:38 | URL | ≫ EDIT

同情商売なのよね

Leiちゃん、
転載してくれてありがとう。あたしも、こんなお金が出ているって知らなかったわ。

 あたしが施設にいたころにも、この「入進学支度金」があったのかな? たぶん、金額は少なくても、あったのだと思うの。入学や進学には一定のお金がかかるのは、昔も今も変わりないから…

 でも、施設職員は、「お金がない」といって、倉庫にストックしてあるお古のランドセルを子どもに選ばせていたわ。入学式のとき、ピカピカのおニューのランドセルを背負ってる家庭の子たちの中に、デザインの古臭いおんぼろのランドセルを背負っている施設の子たちがいた。
 同じ施設の子でも、親や親せきがランドセルを送ってくる子もいた。その子たちは、誇らしげな顔で新品のランドセルを背負っていた。施設の中でも、格差があった。

 入学式の服だって、おしゃれな格好をしている家庭の子たちに比べて、一見してお古と分かるスーツやワンピースを来ているのが施設の子だった。文具だって、一括購入の鉛筆や消しゴム、象が踏んだのかへこんでいる傷だらけの筆箱が一応支給されていた。

 Edwardさんの記事を読んで、改めて、タイガーマスク騒動で、「施設に入進学支度金が出ている」とコメントしたニュースが無かったことに気付いたの。施設にランドセルを贈る心やさしき人たちも、知っていたら、別のものを送ったと思う。
 施設職員や一部の施設出身者たちは、「養護施設が理解されていない」というけど、その割には、このような「同情商売」的な施設の対応には何も言わない。

 「社会保障制度の中で、施設の子どもたちの入進学の経費も保障されている」と社会に理解してもらい、その原資は税金であること、国民の生存権としての社会保障だということを出していくべきだと思うの。

養護施設の子どもたちは乞食ではない

 施設職員に胸を張って言ってほしいわね。ま、入進学支度金でランドセルを買わない施設には、無理な話だけど…

| Maria | 2011/01/14 03:24 | URL | ≫ EDIT

久しぶりにコメントします。
以前は、アムリタというHNでした。

エドワードさんは、私が考えた範囲外の視点から書かれているので学びになりました。
児童養護施設にも支度金が出ているんですね。
私も自分の記事に自分自身でそれを調べて、追加したいと思います。

| Beautiful_Mind | 2011/01/13 12:21 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1247-2033cea4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。