PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一人の施設育ちとしては世間に楯突く態度で臨んでいきます

何も知らない子どもたち

 関連記事 2ちゃんねらー ランドセル贈って新聞に載る
 関連記事2 下関大平学園の子どもたちを応援して下さる皆さまへのお礼

 #関連記事と関連記事2は、経過的に繋がっています。なんとも生真面目な施設と、それ以前のふざけた2ちゃんねらーの対比を見た気がします。Maria、どうもありがとう。
 

 今回の一連のニュース記事の中には、ランドセルを送られて感謝の言葉を口にする子供たち、一部は顔をさらしているモノがあった。その記事を紹介するのははばかられるので、とりあえずSTOPの管理人さんとMariaにはURLを紹介しといたが・・・。送った方は顔を見せない(匿名)のに、送られた方は顔を晒す、しかも子どもなのにおかまいなし。

 何も知らないからこそ感謝の言葉を使える。わたしもMariaもそうだった。何も知らない子どもの時代は年齢が低ければ尚更、まじめにご挨拶する。

 乞食じゃないと言ったが為に話が本来とは違う方向へ流れてしまったが、この問題は乞食の定義なんていう一つの捉え方じゃなく、施設の子が・・・親の居ない子がどういう風に世間のガス抜きに用いられてきたかによると思う。

 この国は、一番弱い存在がいてこその、精神的な安楽を得る心の癖のある国で、困窮している一般の国民であればあるほど、自分を一番下の存在としては認められない。でも、その為にガス抜きに用いられる存在が必要だったんじゃないかと思える・・・。

 ランドセル問題

 小中学生の寄付や善意についても親は止めなかったんだろう。少ないお小遣いからでも、人に援助できる力がある事は素晴らしいけれど、受け取る同年代の施設の児童の気持ちを考える事はできなかった。親はそこを補佐するだけの考えもなかった。

 タイガーマスクは知らない人にとっては所詮アニメのキャラクターでしかない。アニメキャラの名が書いてある不特定(一般家庭では玄関先に知らない箱が置いてある状況と同じ)の物品が施設の前に置いてある事は、一般家庭では警察に届けるべき話となる。この間、一般家庭の車のボンネットにお金が置いてあり警察に届けたと記事にあった。
 
 本来なら、施設の門前に置いてある物品も同様の扱いな筈なのに、箱を開けちゃった。本当にランドセルだから良かった?ものの、他の危険物かもしれないのに・・・。それなのに一部の施設は顔を晒した子どもが「ありがとう」と言わねばならない状況。これは何かおかしい。危険な行為にも思える。

 一般家庭と施設ではこんなに何もかもが、根本的に違う、ルールが違うんだと思わされた。そういう一件だった。もう終わりにしたい、でも、すっきりしない、嫌なブームだった。
 
 実はわたし(たち)も施設に居た頃に新聞に載った過去があるので、元施設児童としてやりきれないのだ。大人になって自分の過去を探そうとした時、いかにも哀れな子どもたちの代表のように元気に感謝をしている能天気ぶりを発見すると、なんともやりきれない・・・。

 自己肯定が低いといわれるが、自己肯定は低さと高さなのか、重さなのか軽さなのかも分からない中で、わたしは自分には自己がどういうものなのかを問われても、よく分からない。

 他人が望む形を自己に見立てて、自己肯定感ができあがるとは思えない、アニメのキャラにお礼を言う施設の子は、現実味のない条件反射に慣れすぎている。だからこそ哀れにも見え、そこを期待もされていてツールのような扱われ方をしている。

 感謝しようにもアニメキャラでは・・・

 お礼を言わない施設育ちがいても、それはそれでありだと言いたい。それにアニメのキャラだなんて生理的に気持ち悪いからと言ってもいいと思う、人の自己満足を見せられ、しかも反応を求められるんだからね。
 
 ・・・このブログには返事しようがしまいが自己選択だと言いたい。施設に何か良いことしたよとおじさんがある日、この場所にコメントの書き込みしたからといって、生理的に受け付けなかったら反応はひどいものとなる。
 
 ここはそういうブログだから、感謝の気持ちを聞きたいならここではない、わたしとMaria以外の別の施設出身者&施設体験者のブログに行くといいとしか言えない。今では家庭から一時的に(数年の利用者意識)避難した施設育ちが、おのおのブログを立てていて、心温まる回答を得られるかもしれません。わたしとMariaは違うので、ご勘弁を・・・。

 #正しいとは言えない文言などあると思いますが、勢いで書いたものなので、どうぞご容赦ください。

|  このブログについて | 07時44分 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

Leiちゃん、ありがとう。

ひとりごと…って書いてあったけど、少しだけお返事させてね。

今、この時期に私との縁を感じるのは、自然な流れなのかもしれない…。
自分の課題と向き合い、前進しようとする気持ち。
その部分で共有できる事が、これからきっとあるような気がしています。

周りに応援者がいても、支える人が居ても、最初の一歩は、自分の意思で自分一人で踏み出すしかない。
だからそれには、とても勇気がいるのだと思う。
先の見えない道を目をつぶって歩き出すようなものだから。

その事を、きっとLeiちゃん自身も漠然と解っていて、Leiちゃんをそばで応援している二人も、きっと解っていて、複雑な心境を共に越えてきたのだと思う。
前進する決断をする時、そこに不安や躊躇する気持ちがあって当然だと思う。

それでも、その道を進む事で、開かれる道と、繋がる縁がある。

だから人との縁や繋がりは、時に重たく感じる事もあったりするかもしれない。
自分の意思を越えて引っ張られるような…。(笑)

でも、Leiちゃんは、きっと自分の課題を越えていける。そう確信してます!
応援しています。

| ミッキー | 2011/02/24 23:26 | URL | ≫ EDIT

諦めないこころ

ミッキーさん、独り言させてね。

「諦めない」事の大切さを、私はWolfさんの行動から学びました。

Leiちゃんと共に歩まれているWolfさんやMariaさんの存在に、心から感謝しています。
今のLeiちゃんがあるのは、きっとお二人の存在があったからなのでしょう。


 不思議だなあ・・・ありがとうね、この言葉はすごくうれしい。Wolfを知っているミッキーさん、二人を知っているわたし、Mariaを知っているわたし。

 確かにWolfの言葉はガツンと来るので、逃げ道がない。何より彼は行動を通して語るので自然に自分も自分に向かい合うしかない。わたしも・・・Wolfから無愛着と言われた時から、今に至るまでちょっと衝撃をどううまく吸収できているかはまだ不明。

 実際・・・わたしも課題に向かわないとこれ以上は付き合えない程の厳しさを感じてた。でもそれは、里親を目指そうとするなら、又はわたしのように里親をそれとなく応援したい人にとって、まずやらなければならないのは、自分の過去ととことん向かう事なんだね・・・。

 だってそうしないと無自覚なまま、里親としても実親としても子どもを縛り付けたり放置したりコントロールしたりしてしまうので、自分を知る事が必要なのんだなあ・・・と。

 ミッキーさん、わたしはようやく今、人のえにし(縁)に出会えたのかもしれない。ミッキーさんの事はWolfは守秘があるので詳細なことは何も語らなかったけど「彼女は信じていい人だ」と言外に様々教えてくれたの。

 わたしはそれをMariaに伝えて、Mariaもミッキーさんの事は会った事が無いながらも、わたしに友人が出来つつある事を喜んでくれている。

 確かに諦めちゃいけないね、諦めたら自ら何もつかめないものね。ミッキーさんがどうして「まず自分の過去を整理しているのかについて」理解してくれてるのか、今日のレスで納得できたように思う。

 ミッキーさんもWolfとの会話などを通し、そして現実の問題を通し、わたしが今、どうしてもやらなくちゃ気が済まない事を理解してくれているのだと知り、改めて感謝です。

 ありがとう。

| Lei | 2011/02/15 19:59 | URL | ≫ EDIT

応援してます♪

Leiちゃんへ

こちらこそ、私もお正月は忙しくて、こちらにご挨拶に伺えなくて…。
私が訪れた時には、お正月モードがすっかり終わっていました。(汗)
この場を借りて。。。『今年もどうか宜しくね♪』

ちなみに年賀状の返事はこれからも、なくて大丈夫です!
それよりも、自分の人生を豊かにしていく基礎作りにエネルギーを使って欲しいと思ってるので、安心してね。

私こそ、ただ応援するだけで、Leiちゃんに何もできなくて、「いつもごめん!」って思ってる。けど、それを謝ったりする事をLeiちゃんは望んでないと思うので、言わないだけだったりするの。( ^ー゜)b

私が自分自身の戦いを、今突き進めているのは、Leiちゃん達との出会いがあったからです。
私が未熟な親だった頃、コースアウトしかけた人生の分岐点での出会い。
その出会いは、私にとって衝撃的であり、人生の方向を決めるものでした。

Leiちゃん達の存在そのものが、(私にとっては)愛のムチとなり、私自身の声を導きました。
「何をやっているんだ!」と。
再び、現実社会と戦って生きる事を選択し、それからは健全な家庭を築く事が目標となり、自分の成長が追いつけば、里親になりたいと思うようになりました。

だから、Leiちゃんには本当に感謝しています。

自分が最も望まない経験をする事で、人は誰かを癒したり、導いたりする力を持ちます。
それと同時に、自分を活かす道を切り開く事もできるそうです。

Leiちゃんが歩いてきた道は、人の人生を変える程の力を持ちます。
けど、それは人の役にはたつけど、Leiちゃんにとってはどうでも良いこと。
Leiちゃんが自分を活かす道を見つけて、自分の望む人生を送る事をいつも応援しています。

道中、どんなに頑張っても、思ったようにはいかない事も沢山あります。
でもそんな時は、諦めずに進んでいけば、思っても見なかったような素敵な事が起きるときもあります。

「諦めない」事の大切さを、私はWolfさんの行動から学びました。

Leiちゃんと共に歩まれているWolfさんやMariaさんの存在に、心から感謝しています。
今のLeiちゃんがあるのは、きっとお二人の存在があったからなのでしょう。

全く同じ思いを共有する事はできなくても、共有できる部分がある。それだけでも、心強いものですよね。

私は、Leiちゃんと、そのLeiちゃんと共に歩んでいる皆さんを、これからもずっと応援しています!

…現実の生活ではいつもゆとりがなくて、時々しか顔を出せないけど、ずっと見ているね。(^-^)

| ミッキー | 2011/02/15 11:52 | URL | ≫ EDIT

ミッキーさん

 ミッキーさん、いつも本当にありがとう。今年も年賀状出しそびれてごめんなさい。

 わたしの事をずっと見てくれていた人はMariaとWolf以外にもミッキーさんもそうだったんだな、顔が見える相手で、実際に話せる人なんだな・・・と感慨深いです。

 わたしのひどい態度の頃から(今もだけど)知っている人だから、とても感謝している。支持してくれてほんとうにうれしいです。

 これからもどうぞよろしくお願いします。めげた時はドア閉めてちゃんと落ち込みます。でも必ず復活して、又意思表示しますから見守っていてくださいね、わたしもミッキーさんの事をちゃんと覚えて、長く交流したいです。

 今年もよろしく(年賀状っぽく・・・・)

| Lei | 2011/02/10 20:15 | URL | ≫ EDIT

Mariaへ

 連休はあしたからですね、一日間違えて閉じてしまいました。わたしが見たサイトで使われていた画像はeveryと書いてましたので日テレの夕方のニュースです。ほとんどの動画は今、顔が隠されていますが、そうでないものもあり、その顔がコピペされて主に、例のあのサイトなどを中心に貼り付けられてるようでした。

 #ところでコメントにデッドリンクみたいのがあるけど消していいのかにゃ・・・。

 記事の上の方で紹介した記事も例の大型掲示板の、人をからかっているような様子が見え、まじで吐き気を覚えていました。この騒ぎは収まると思いますが、自分の気持ちは収まるか不明です。あの子の写真はネットの海でただよい続けるんでしょうから。

 どの施設の子なのか、何故児童の顔出しを許したのかなど、気になる点がありますので施設の割り出ししたいと思ってます。

| Lei | 2011/02/10 20:05 | URL | ≫ EDIT

どーんさん、ありがとうございます

 どーんさん直接声を掛けさせていただくのは初めてですね。どーんさんからは2度目と記憶してます。ありがとうございます。わたしは普段一番身近な家庭育ちの夫と会話する事で勉強しているつもりですが、まだまだ分からない事ばかりですぅ。

 >あと世間というか、世間のダブルスタンダードに負けないでと言いたいです。
言葉尻をとらえる風潮からか、いかにもな正論に従うふりして、世間での実際の行動は違うことはよくあることで。


 という言葉、最近ひしひし感じています。今回の乞食の定義が間違っていると言われた一件もそうだと思っています。確かに定義に対してはおろそかでしたし、反省すべき点でしたが・・・それでも、あの記事に於いては「子ども時代の体験に基づいた記事」なので・・・事の正しさよりも自分が何を感じているかを、自分でも知りたくて、表記する必要がありました。

 理性が働きすぎると、心の塊がうまく吐き出せませんね。どーんさん、上から目線でも何でも(個人的には、そう感じませんが)いいですよ。要はわたしが、そう感じて不快に思うかどうかだと思います。
 
 これまでのところ、どーんさんの言葉は不快じゃありませんし、少し頭がおさまりました。正しさじゃないところで語っていきます。タイトルについては、酔っ払って書いちゃったので・・・はは。

 又読んでやってくださいませね、本当にありがとうございます。どーんさんの言葉には、わたしのテキストへの配慮が感じられます。それは一つだけの視点では出来ない事と思い、感謝します。  

| Lei | 2011/02/10 11:55 | URL | ≫ EDIT

色々考えて書いたつもりですけど、なんか上から目線ですね。
失礼ですね。
でも言いたいことは、Leiさんのテキストはべつにおかしくないんじゃないの、ということだったのです。
タイトルにある、世間にたてつく事でなく、べつに間違ってないのではという事です。
では失礼いたします。

| どーん | 2011/02/10 10:31 | URL |

私は家庭育ちですが、一連のLeiさんの主張はとても納得できます。
ちょっと筋がずれるけど、庶民が安月給でつつましく生きているのは、その思いが根底にあるからじゃないのかと。
昔は、そういうこと口に出して言っていた、少なくとも私の周りで。
ぼろぼろのお下がりが回ってきて、こんなの着れないわとか。
私が一連のやりとりで、一番いやだったことは、Leiさんは施設で育ったから、分からないと思うけども、といういかにもな感じです。
そんなことないと言いたい。
私はLeiさんの文章から、お金よりも絆を、顔を見せてほしいという気持なのではと感じていましたが、だんだんずれていってしまいましたね。
確かにニュースで言われたら、抗議されても仕方ないけど、これはLeiさんの魂の叫びのようなものなのだから、言葉尻をとらえるのは違うと思う。
つらい経験から、アレルギー反応を起こしてしまうのは仕方ないけど、その裏の思いに配慮すべきだと思う。

あと世間というか、世間のダブルスタンダードに負けないでと言いたいです。
言葉尻をとらえる風潮からか、いかにもな正論に従うふりして、世間での実際の行動は違うことはよくあることで。
ゆとり教育を行っていた公立学校の先生が、自分の子供は塾に入れて私学に通わせていたように。
事実から離れた正論はほんと、うさんくさい。
これからも正論を言われると思いますが、どうぞ、現実の絆をもつ人からの助言のみに従い、心を傷つけることがありませんよう祈っております。

| どーん | 2011/02/10 09:39 | URL |

みのもんたの朝ズバで放送

Leiちゃん、
この施設、2月2日に「みのもんたの朝ズバ」で放送された施設よ。
http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/blog-entry-1254.html#comments

録画してあるから、こんど見せてあげるわね。

http://datazoo.jp/tv/%E3%81%BF%E3%81%AE%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%9F%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%83%EF%BC%81/463858/5
ココロ元気week ~感動ストーリー~
タイガーマスク現象の始まり 児童養護施設に40年間届いた寄付と手紙 480通
山口県の児童養護施設、下関大平学園に昭和45年から40年間毎月寄付し続けた人物がいる。寄付とともに励ましの手紙が毎月送られ、三太郎という差出人名以外、住所も年齢も性別も不明。
スタジオに三太郎さんから届いた480通の手紙が並べられ、最後の手紙が読み上げられた。

| Maria | 2011/02/10 07:30 | URL | ≫ EDIT

下関大平学園のHP

Lei ちゃん、
下関大平学園のHPにランドセルとそれ以外の写真、お礼の言葉が有ったわよ。
http://www2.ocn.ne.jp/~taihei11/new4.html

さすがに子どもの顔写真はないみたい。

| Maria | 2011/02/09 19:39 | URL | ≫ EDIT

勇気のある発言をありがとう!

Leiちゃんの戦いを、私は支持します!

本当は、子供達の気持ちが一番大事なのだから、そこを伝えてくれたLeiちゃんの気持ちを、そのまんま皆さんが聞いてくれるといいですね。

自尊心は、自分を大切に思える気持ち。そして自分の意思を伝える事もその一つ。

自分が嫌なものは嫌と言える事。自分の意思を伝える事。
それらは、一番難しい課題だと思ってます。

現実社会でそれをやれば、たちまち1人になってしまう。
それをやっても、1人にならない為には、時間をかけて理解者を作り、自分が強くならなければ…。
そんな風に思ってます。

この場所は、Leiちゃんの場所だから、自分の為に100%活用してOKなはず。
誰に遠慮する必要もないと思います。
それを理解しない人への対応は必要になりますが…。

私も時々、せっかちな所があり、ずっと先の未来のLeiちゃんへ語ってしまう時もあります。
けれど、人が成長していく過程は、「今の自分の気持ち」から始まります。
いきなり飛び級はできないんですよね。

「今の気持ち」をLeiちゃんが語れば、過去に周りから受け取った不要なモノの清算ばかりになってしまうのは当然です。
それは、他人に気を使う事なく、吐き出して良いと思います。

それでも、公の場で本音を語れば、時に大衆を敵にまわし、矢が飛んできます。

自分のペースで、戦ったり、休んだり、無理なく進んで欲しいと思ってます。
自分が何かで弱ってる時に、戦いをあえて避けるのも有りです!
戦うのも、休むのも、どちらも自分を大事にする事だから…。

今回はすごくエネルギーを使ったと思うので、どうかしっかり休養をとって欲しいです。本当にお疲れ様でした!(^-^ )/☆

| ミッキー | 2011/02/09 13:02 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/1254-a5cde9a4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。