PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設内虐待の連鎖になかなか気付けない理由

施設にいる間の問題

 虞犯少年の吐き出しを受ける要養護児童

 養護施設の中に住んでいる子たちの中で「他の子の吐き出しを一方的に受け続ける子ども達は要養護の子ども達」だ。要養護の子どもは親から捨てられていて施設にいるので、乳児院・又は幼い頃から施設措置の子が多い。

 これから色んなものを受けとっていかなければならない幼児期や小学生の期間に覚えてしまうのは家庭虐待から措置された子や虞犯少年達の暴力性ばかり。反対に、愛着を教えてもらう事もなく、何が自分に起きているかよく分からずに過ごしてしまう要養護児童。

 親への甘えられない不満が虞犯行為になっている少年達の吐き出し相手が、皮肉な事に結果として親との関わりを持った事もない要養護の児童へ向う。やがて要養護の子も成長すると暴力性を内面に持ってしまう。

 指導員の暴力性も要養護児童へ向う
 
 それじゃ、職員は何をしている?
 職員は止めなかったのだろうか?

 わたしは、男の職員から殴られた事がある。理由は分からないが彼は自分を止められなかった。何故なら殴りながら興奮している姿を見てしまったから。この男は暴力性を全くコントロールできないという現実を目の当たりにした。

 大人がこれでは送致されてきた子を適切に指導できるだろうか。又は、竹刀を持ち歩き自分の身を守る事に余念のない大人が、集団で悪い事をする虞犯少年達を指導できるだろうか。

 実は指導員が向ける怒りの矛先も、殴られてもクールな反応しかしない要養護児童だとわたしは思う。何故なら、殴られている時に、無反応な為に怒りが膨れ上がるのが分かったから。いちいち泣いていられないので黙って殴られていただけだが、職員は職員で何かの反応を求めているので、泣かない相手を前に興奮し、殴ることを自分では止められない。

 職員にとっては可愛い面のある虞犯少年

 その点、要養護の児童の冷たい反応よりは、虞犯少年のむき出しの敵意や甘えや怒りに向う方が職員としてもやりやすい。職員も家庭からきた人なので少年達の怒りのツボも妙に理解している。そして「付き合った成果が見えやすい」のも虞犯少年達だ。だから職員はいつの間にか、虞犯少年ありきの児童養護施設にしてしまう。

 その為、クールな要養護児童は特別問題も起こさない為、ますます放置されてしまう。

 ところが全ての虞犯少年がその思いを受け取ってもらってるわけじゃない。時には施設を出たとたんに自殺をしてしまう子もいる。施設内で騒動を起こしてサインを出し続けていても、結果としてその子1人へ向い続けるのはむりな事。
 
 子どもは施設で適切な矯正プログラムを受けられなかった結果、暴力性をやめられず、そのまま組へ入ったりする

 虞犯少年のいない児童養護施設があるのか

 わたしのいた施設がとくに虞犯少年が多かったのかそれは判らない。他の施設の方のブログでももっと穏やかそうにみえる施設もある。でも、そんな施設でも愛着の問題は変わらずに横たわっている。まったく虞犯少年の入ってこない養護施設があるとは個人的に思えないけれど。

 家庭的な環境が必要だという事で保護処分される虞犯少年・・・。彼らは家庭では全く相手にされなかったのに施設では相手をしてもらえるという事で感動を覚える。でもそこへ至るまでにどれだけの親のない子への暴力が放置されていただろう。
 
 要養護の子は基本的に大人しい子が多いから今まで世間の認知が低かった。養護施設は親が育てられない子どもが入所していると世間へアピールしているのに、虞犯の子もいる現実は口を閉ざしてきた。

 だから、施設が何故暴力的なのか誰も分からなかった。養護施設では要養護の子はよほど自分を律しない限り暴力に染まってしまう。だから、要養護の子も成長したときに加害する側に回らないようにとのスタンスで、自分も人を殴った事があるという体験を書いた。

 彼らを家に呼びたくないという夫の本音

 夫は卒園生の集まりに一度参加した事がある。でも彼は正直、家に呼びたいと思える風貌の人は誰もいないと言っていた。あきらかにその筋の人になってしまった彼ら。近所で白い目で見られないためにも、卒園した彼らと付き合い続けるリスクを考えれば、交流を持たないようにしなければならなかった。

 施設を出た子で、昔ヤンチャやった仲間と思い、家に呼ぶ人がいるようだけど、普通の家庭生活を送るという点から考えた時に、それはなかなかできない事だと思っている。子育てをする環境に不良少年が普通に関わるためには、どうしても強制プログラムが必要。わたし達、施設育ちは暴力性に感化されているため、普通の人よりも彼らとの付き合い方に気をつけたいと思う。

 反社会的行動を、当たり前であるという意識を持ちたくない。モラルは必要だと思う、自分がどんな事を抱えていようと。モラルに対してあきらめたり、バカにしたりする人の心理を、被害者は慮る必要はないと思う。

|  養護施設にいる間の問題 | 09時51分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/211-42592c47

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。