PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記憶保持について「成績の悪さと記憶がない事」について悩む

整理中の記事

 わたしは自分が記憶保持がなかなか出来ない事を何となく知っていたが、記憶的断片の中に残留してしまったものの中に「非常に成績が悪かった」という事実が残っていたので、わたしは記憶保持ができないのは元々頭が悪いからと思っている。

 だから「記憶がない」とMariaが言う場合と、わたしが記憶がないと言う場合は根本的に意味が違うんじゃない?と思わずにいられない。ほんとに自分の頭の悪さときたら国家機密並み1らしく、知性がもう少し高ければ何とかなったのにと思う。

 施設にいた頃、わたしと同じクラスになった施設の子がいて、わたしが頭が悪い事を知っていてワザと「レイちゃん、明日の授業、何と何があるんだっけ?」とクスクス笑いながら聞いてきた。わたしは自分の衣類をタンスから出すところだった(その場面が写真のように残ってる)けれど、その子とその子の友だちが見守る中、耳がカーッと熱くなって、答えられなくなった。

 わたしは当時自分が頭悪いというレッテルを貼られている事を仕方ないと思っていた。頭が悪いから何を言っても理解されないだろう事もわかっていた。

 今朝、Mariaが面白い事を言った。

「レイちゃん、頭悪い子でも日々の生活の事は覚えているものよ」と。

 すると、記憶の断片にある、学校のスケジュールさえボーっとして覚えられない、集中できない事から同級生の施設の子からもからかわれる自分の場合は、一体どういう事なのかと考えてみる。・・・うん?成績は悪いし&日々の生活も覚えていられないなんて、結局、頭悪い事は変わらないんじゃ・・・。

 ともかく。

 成績が悪い子でも日常を覚えていられるのかという部分がポイントだと思う。その友だちのからかいの時「やっぱり」と感じてもいた。何も覚えられない事を笑われている事、みんながそれを知っている・・・。

 わたしは長い間、頭が悪い事を認識していて、どうしてもその壁を超えられなかったという気がしている。あの頃本当にわたしは生を受けた人間として生きていたのだろうかと、時々、不思議に思う時がある。

 あじさい



1 自分の過去を知りたい為、結婚を期に施設へ「通信簿をもらいたい」と言いに行き、当時の園長から「国家機密だから国の地下金庫にしまってある」と言われ、貰えなかった体験を持っている。

 

|  整理中の課題&記事 | 11時46分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

考えるね


 ウサギさんのブログは時々読ませてもらっています。言葉が大事に吟味されていて素敵だなと思っています。いつもありがとう。
 
 わたしは、この記憶についてはほんと、カウンセリングを受けてみたい気がします。つまり整理をもっと進めるという意味で。解決とかそうではなくて、わたしの考え方のコリをほぐしたい気がします。

 ウサギさんの記憶の失い方はどことなく理解できます。ただうまく文章化できないけれど、分かる気がする。小さかったウサギさんの処理しきれない事など。こんな大事な事まで書いて下さって心からありがとう。

 わたしは、靴の中に小石を入れてボーっとする事に対応していました。靴の中の小石を踏めば意識は保たれると思っていました。でも成績が悪いという事はうまくいかなかったのだと思います。それは普通の記憶にカテゴライズしていますが、意味までは考えていませんでした。


| レイ@おひさしぶりです | 2007/06/27 07:51 | URL | ≫ EDIT

忘れることでバランスを保つ

こちらにお邪魔してコメントするのは初めてかも知れません。
お久しぶりです、ウサギです。

子どもって、自分の心の中で処理できないことがあると
防衛反応として「忘れる」ってことがよくあるのよ。
「ボーーーッ」としていて集中することも出来ずに過ごしていたっていう状況は、
無意識のうちにも逃れたい現実とか、苦痛に対して
「感じないように」していたんだと思うのよ。
覚えていたくないことがあまりにもたくさんあったんじゃないのかな。

それから、極端に成績が悪いというのも、
生活面で落ち着けない(多動という意味ではなく)状況があると
知的発達に問題はないのに、
学力が極端に低い、ということもあるの。

私自身小5~6の頃、担任がクラスメイトに性虐待して辞めさせられるっていう事件があったんだけど
その頃の学校生活の記憶が殆どなかったの。
もう何年も、そんな教師がいたことすら忘れていたわ。
カウンセリングのトレーニング中に、突然思い出したの。
その教師が辞めてすぐに、私は自分のアルバムから
彼の写真を切り取って棄てていたの。
その時はものすごいショックを受けていたのに、
30年近くも記憶に蓋をしていたのよ。

| ウサギ | 2007/06/26 22:40 | URL |

と言うことは


Kasumiさん、こんばんは。

>成績と記憶は関係ないんじゃないかしら?

 この場合は記憶保持が出来ない成績が悪い、という事を、それぞれ分割した方が考えやすいのかもしれないですね。

 どちらにしても成績は悪かったという現実はシビアに圧し掛かってくるもののv-356、それと同時に、日々の生活さえ覚えていられない集団生活のストレスなどがあったと考えるのが自然なのかもしれないですね。

 どうも「成績も悪いのだから日々の出来事も覚えてないのは当然なのかな?」と考えてしまい、ごちゃごちゃになっていた・・・。記憶の壁によくぶち当たるけど考えるだけの材料がないのは困る事です。  

| レイ@なるほど | 2007/06/26 21:16 | URL | ≫ EDIT

成績と記憶は関係ないんじゃないかしら?

自分のことはさておいて・・・。

娘の記憶でいうと、本人曰く。

学童の指導員から苛めを受けていた時期の記憶はほとんどないと言うことが先日発覚しました。
あるのは4年間で5つだけでした。
本人は覚えてないことは忘れたいことだから「ま・・いいや」と笑っています。

もしかしたら、安定した環境を手に入れるということは、こだわらないことなのかもしれませんね。

娘は学力は飛びぬけてはいませんが、集中力はすごいです。彼女の笑顔の比率と、成績は比例しているように思います。

大人から「あなたは頭が悪い」と言い続けられると本人もそうなんだと思ってしまいます。
子どもがそのような言葉を使うのは、まわりの大人が使っていたんでしょうね。

人間頭のいい悪いでは判断できないことがいっぱいあるし、そもそも比較がよくないことなのに・・・と悲しい気持ちになりますね。

| kasumi | 2007/06/26 19:31 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/256-09ec944a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。