PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わたしの心の中のエネミーライン

dog


コラム

 わたしは養護施設で、誰も見てない事を言い訳にして幼児に暴力を振るいそうになった。言い訳が口をついて出てきそうな、全て今の自分に対し寛容で、もし目の前の子どもに暴力を振るったとしても、二重三重に言い訳が口を突いて出そうになっていた。

 1つの女性先輩との出来事を思い出し「わたしに対して誰がいろいろ止めてくれただろう」と考えるだけで破壊的な気持ちでいっぱいだった。わたしはたぎる力の虜になりそうだった。(この部分も自分に寛容な言い訳の1つ)

 でもわたしは普段から聖書を読んでいた。だから神の気配・・・臨在を強く意識し続け、その場面では暴力を振るわずにいられた。でも同時に、これから先、自分が幼子を前に何もしないでいられる自信が全く無くなった。子どもをう生む事を避けているのもその深層心理が働いているのかもしれない。 

 あの時からわたしは自分の中にエネミーラインを敷くようになったと思う。わたしに敵がいるとしたら外的な人物じゃない。わたしの中にある、わたしを言い含めようとする寛容な獣だ。わたしは偶然ながら自分の中の暴力性を自覚していらい、意識して暴力性を漏らさないように生きている。

 わたしの暴力性を見た人は数少ない。力のない人の前ではけして振るってはいけないと思ってからは、わたしより力の大きな人に対しては時々出してしまうけれど、自分を上手に少しずつ解放して語らせる手法に専念している。それが変な優しさに見える人もいるだろう。

 目的の定まっている発信だけじゃなく、体験記録の発信だけでなく、そのどれもを調和させて語る事に気持ちを注いでいる。誰も人はそれぞれの心理に手をあてて、潜行すると思うけれど手法は固有のものであり、心理カウンセリングを受けるほどには画一的とは言えない。

 わたしのやりかたはオリジナルだ。でもその道程で気付いた事は、自分の敵は虐待を容認してしまいそうになる自分自身だという事だ。これがわたしの中の境界だ。自分に向き合う自分の魂が発する全てがわたしを追い詰めるので、わたしは語る必要を感じているだけだ。

 わたしの気持ちの吐き出しは、時々膿を出す作業にも通じてしまう。人々がそれぞれ固有に抱いている理想に当てはまるとは限らない。わたしはわたしがきちんと自分は加害者になり得るという自覚の元で生きられるまではけして自分を(記憶があるものも、ないものも)被害者と表現する事を許せない気持ちになっている。

 わたしが、もし、被害者だった時期があると表現する事を許す時が訪れるとしたら(自分が許すとしたら)それは、わたしの中の禍々しい角を持つ獣をわたし自身がエクソシストとなって退治しきった時だろう。

 わたしは自分が強い力ある言葉を持つ唯一の聖職者になりたい。そして、心の中の真の敵を封じる、あるいは粉砕する必要があると感じてたから。

 少しでもたとえば「わたしはやめてもらえなかった」と、被害者意識だけを心に思ったら、わたしは暴走するに任せる加害者である事を容認してしまいそうになる。整理作業なんてやめてしまいたくなるだろう。

 だから、わたしは自分の中にある竜と対峙しなくちゃいけないと思っている。

 暴力性を秘めたわたしの中のエネミーラインを常に意識し続けていく事で、幼子への虐待の連鎖について考え、整理している。その際、わたしの言葉に敏感に反応した、他の人の中に住む子どもの人格については、とても申し訳ないがケアできそうにない。わたしは自分が語る事で他の人の心にどんな作用をもたらすかについて、まるで手付かずだ。

 文章を読み「暴力を受けた」と思うならばどうか立ち去ってほしい。わたしは優しくはないし暴力性を秘めている。それを自覚しているから、整理作業をしている。全ての人にあまねく気を使えない。わたしの心象風景を語る事でこうむる他の人への被害については、なかなかケアできそうにない。

 どうか傷つけられる前に立ち去ってほしい。

 #この話はもう少し整理する必要があるので続くかも。


 


Mariaが大好きな中島みゆきの「Fight!」という歌詞の中の

 あたしの敵はあたしです。

 という言葉が大好き。施設時代は知らない歌だったのが残念。口ずさんでみたかったから・・・。ダウンロード購入とかできるのだろうか。

 

動画情報 ニコニコ動画

| └ コラム | 08時43分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

Leiちゃん、
 エネミーラインって、軍事境界線のことでしょう。
 たしかに、自分の敵は自分なのよね。自分の心に向き合わずに、心の仮想敵を作り出し、見知らぬ相手に投影するから、ややこしくなるのよね。
 今回のことは、いい勉強になったわ。

 Wolfさんから、Leiちゃんへのメッセージが届いたから、あたしのところに載せたわよ。
http://prayermaria.blog74.fc2.com/blog-entry-122.html

| Maria | 2007/07/22 00:05 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/282-6356f733

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。