PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「永久なる試し続ける子ども達」に告ぐ! by 自称インチャイのいない女

地雷原かも


 わたしは人から投影される事が多い。何故そうなのか考えてみたら「記憶が無い」事ゆえの確かな時系列の無さを、彼ら永久なる子ども達から見つけられてしまったのだと感じる。子どもって「見つける」のが上手だから、判らなくもないけど

え?、それはないでしょう?

 と思わぬでもない厳しい指摘が時々ある。色のついていない(記憶のない)わたしに色をつけたいのかと思うが、それも親のない子と親から捨てられた気分の子の競争意識が働いているのだと思うと悲しくなる。自分で自分を育てられないから誰かを代用にして怒りを向けるのか。でもその怒りの出し方も競走になる。それはパワーゲームとなる。

 わたしは子どもの雰囲気(イメージ)がないから、子ども心を持っている人がドヤドヤやってくると感じる。それはいいのだけど、子ども心であり続ける事を選んだ以上、きちんと整理してほしい。最近は怒りをぶつけられても別に気にならない。たくましくなったマザー・キャラです。

 ネットだけで阿鼻叫喚の小さな子ども人格の吐き出しを見つめる。どうか「わたし」を通して「やってはいけない事」を学ぶ大人になれと尻を叩きたい。わたしは自由闊達に「子ども側の怒りを吐き出す子ども」の気持ちが判らぬでもない。生霊なのよ、見捨てられきった子達なの。わたしは時々、魔法の杖をふるう魔法使いのような気分。わたしはエクソシストになれない時がある。

 子どものお試し行動を大人になってもやめれない人々へ。

 お試し自体悪いことじゃないけれど、見知らぬ相手に吐き出す時は気をつけて。

 ネットツールを使うのだから、子ども心を持っていたとしても通報される時がある。

 でも学べ!

 やっていい事と悪いことを、きちんと伝えることができる大人になれ!法的にやってはいけない事をされてたと知った大人になったかつての子どもが思う事に責任もてないのなら・・・。

 「情けない大人のわたし」を通して語るのでなく「自分自身を見つめて語れる人」になってほしい、わたしは自分のごまかしをごまかさないように生きていきたい。虐待者にならないという事はそういう事だ。自分を時には子どもの立場じゃなく、虐待をしてはいけない大人に置き換える必要がある。

 幼い自分を救う事は間違いじゃないけれど、もし大人ならば、大人の厳しさを内面に持ってほしい。
  
 以上。(ああ・・・なんて体育会系なわたし)
  
 


| └ 地雷原かも | 09時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/287-e987aa28

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。