PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

施設育ちと周囲の人への共感

ろーずまりぃ~

養護施設を出てからの問題

 ほんとに驚くべき事だけど、リアル世界とネット世界とほぼ変わらない内容の事で相手が怒っている。ただリアル世界では、夫とわたしは少し歩み寄るようになった。それは「互いを分からなくて当たり前」という前提で会話をする事に決めたのが功を奏している。わたしを家庭を知らない人だという事を彼は受け入れざるを得なくなり、わたしも彼が施設を大変誤解していたという事を知る事で、丁寧に説明するようになった。

 わたしは歩み寄るまで大変彼から不気味がられ、嫌われ、拒否され、宇宙人と言われていた。もう性格の悪さ以外何も考えられない、わざとオレを困らせているんだと言われ続けてた。それは違うという事を、ここ最近諦めと共に知る事になったのは、ひたすら養護施設の養育環境を説明したから。

 わたしの態度を知る事は施設という養育環境を知る事へ繋がると彼は思うようになったらしい。

 里親家庭へいきなり引き取られ、今日からこの家の子よと言われてもピンとこない気持ちを家庭の人が理解する為には、児童養護施設という世界を知らなくてはならないし、スローガンとして施設が発している「施設は家庭・大きな家族」という言葉をそのまま信じていたら、目の前の施設で育てられた人の家庭の常識を知らない態度に怒りがわくだろう。
 
 夫は、Wolfの怒りの元の体験話(断片だし、わたし視点だけど)をわたしから聞かされると

 「うんうん、そうだ、Wolfさんの言うとおり、そこに頭に来るんだよ、こんな女と結婚した不運なオレの状況を理解できるのは彼だけだ」とこれまた「理解できる部分に依存しようとしている」のは彼の家庭育ちの心の癖だけど、それはおいといて、夫は養護施設出身者が、明らかに家庭で育った人とは違うのに、それをきちんと世の中では常識として捉えられていない事の孤独を感じてるらしい。

 里親が施設から来た子の独特の態度の示し方に触れて困惑しても、家庭環境しか知らない周囲の人にはあまり理解されない。養護施設という世界観を、虐待だけに絞ったら無愛着・愛着障害については何も語れない。

 養護施設という養育環境で育てられた意識は大人になっても変わらず、その中でも、言わなくても分かり合える共感性の欠如について、里子を向える人はある程度覚悟しておいた方がいいと思う。施設の子は相手に依存しないから愛着もないし、愛着を確認するための一切の行動を起さない。

 だから自分以外の他人と共感できないものは、そのままにしておく癖がある。家庭の人はそこをとても嫌う。全然前進しない関係、何年付き合っても家庭の人視点では冷たい関係のまま、このくりかえし。

 でも、当の施設育ちは、周囲が怒っている事は分かっても手の打ちようがないという気持ちなのだ。家庭の人はどういう風にしてくれたらうれしいかさえ知らないし、知っても施設とは違いすぎるのだ。だから時間がとにかく掛かる。

 わたしは大人だから、自分を自分で分析しているに過ぎない。これが子どもなら周囲の大人との関係に直接響くので大変な事だと思う。

|  養護施設を出てからの問題 | 12時05分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

sidoさん、Leiちゃん、こんばんわ。

「甘え方を知らない子ども」というのが、とても印象に残りますわ。
 あたしも、彼から「全然甘えないで、自己完結なので哀しい」と言われます。
 見よう見まねで甘えると、「水商売の女みたいだ」とけなされるし…

 「悪かったわね、テレビで、それしか見ていないから、しょうがないでしょう」と反論するけど、たしかに、「ヒザを奪い合う」なんて、「椅子取りゲームでもしているの?」というイメージしか浮かばないわ。

 あたしも、Leiちゃんの究極の無愛着ぶりに怒ることがあるわ。あたしの無愛着とLeiちゃんの無愛着がぶつかっても、さらに無愛着になるし、意味無いのだけど、あたしの方が、少しは愛着を持っているかなって、思うわ。

ところでLeiちゃん、

> わたしが出た施設の職員が「知らなくてもいい世界を教えるのは残酷だと言ったんです」

この話、もう少し詳しく書いて欲しいわ。

あたしの記事「養護施設は長く生活するところではありません」
http://prayermaria.blog74.fc2.com/blog-entry-113.html
にも書いたけど、子どもたちに積極的に里親家庭を教えている施設もあるの。Leiちゃんの施設は、子どもの権利条約の「家庭で暮らす権利」を知らない施設ね。

| Maria | 2007/08/06 23:25 | URL | ≫ EDIT

具体的で勉強になります


 sidoさん、ほんとうにこちらこそお世話になっています。ここで1人で吼えてると正しいかどうかわからなくなってきていました。

 そんな変なのはお前だけと内なる声がしてましたから。里親さんの具体的な話は判りやすいです。

 子どもは、眼で見てイメージできるものしか模倣することはできません。特に甘える事を知らないで育って来た子どもは、どう甘えていいかイメージすらありません。
 
 でも・・・読んでも遠い話です。甘え方を知らない事を悩んでいい環境がこの世にあるなんて施設の子ども達は知らない。

 わたしが出た施設の職員が「知らなくてもいい世界を教えるのは残酷だと言ったんです」その職員は、だから里親家庭を教えたくなかったのかしら?と思ったりします。そしてその職員は親に関する告知(今どうしてるとか)も教えるべきでないという人でした。

 わたしは教える事は残酷だと称して、親から捨てられた子ども達に里親家庭の「さ」の字も教えるつもりのない大人になりたくないとおもいました。今までこの言葉の意味が分からなかったけど、少し分かった気がします。

 ひざの奪い合いを知ってほしいです。レスを本当に感謝します。ありがとうございました。sidoさんも充分気をつけて下さい。


| レイ | 2007/08/06 16:40 | URL | ≫ EDIT


 Leiさん、いつもお世話になっております。乳児院・養護施設から来た家庭を全く知らない子は、けして里親を困らせようとしているわけではないです。子どもだって大人に好かれたいし、そのために頑張る気持ちはあります。

 ところが悲しいかな。どう反応していいかわからない、どう行動していいかわからない。そこで実子がいない、又は他の里子のいない里親家庭では、子どもは途方にくれてしまいます。

 我が家の場合は、2歳10ヵ月で来た時に実子は6才、まだ親に甘える年頃でした。そして里子は実子を見ながらそれを模倣しているところがありました。お父さんのひざに乗って甘える事も当然模倣するので、ひざの取り合いになる事もありました。

 実子を見て学んできたと思います。今では実子が何年生の時に何々を買ってもらったとか(携帯電話とか)そういう事を覚えていて、その時まで待てるようになりました。

 子どもは、眼で見てイメージできるものしか模倣することはできません。特に甘える事を知らないで育って来た子どもは、どう甘えていいかイメージすらありません。ですから、里親が一歩踏み込んで子どもを抱きしめて、甘え方を具体的に教える。温もりを伝える、それが里親に求められるものだと思います。

 Leiさん、いつも発信ありがとうございます。私の知る里親仲間はいつもLeiさんのブログを読んで学んでいると言います。これからも妨害に負けずに頑張って下さい。それから、韓国の里親会の会長さんは、里親制度を宣伝しすぎて暴漢に襲われたそうです。

 そこまではいかないにしても、養護施設の体制を覆そうとする者はそれなりにバッシングを受けます。身辺に気をつけてご自愛ください。

| sido | 2007/08/06 12:33 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/301-388a02f6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。