PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

失うものがない人から、失いたくない者を得た戦いへ・・・。

盗賊カモメのジョナサン

Mariaが全てに優先する

 わたしは性的虐待受けた事はないという通り名で、それならば、怒りの波動を全部つっこんじゃっていい奴という扱いを受ける事をなんとも感じない。

 ありえない事を受けた子は正当に怒るための道しるべを欲し、捨てられた者は捨てられたなりにやられてもしかたねえなという立場で生きる。

 ふん、何が正当かさえも判らない。

 ここから先は嘘の話です。何故嘘かというと全く証拠がないからです。たんにそう感じられるからです。




 「俺、今なら少年Aだぜ」と笑う男の子。

 その意味も理解できずにいて、彼らは養護施設に措置された事をもって「運が良かった」と豪語する。全て知っている、どういう措置理由で入ってきたか彼らは知っていて采配を振るう大人をコントロールする。何も知らない捨てられた子だけが、何が何やら判らずその場面を受け入れる。
 
 ならば、やられるだけの子は荒廃のカルテの通りに生きれば理解できるのか?

 親から捨てられ、世間から蔑まれた人間の行き着く最後の愛着さえも犯罪になるという、いかにもありそうな捨てられた子の物語に投影すれば解決するのか?

 わたしに殺意がないとはいえない。

 Mariaをここまでこきおろされたという理由そのひとつで、はしごたんを破壊したい。甘えたおかず女が性を逆手に好き放題。でも、たんなるエンターティメントでしかない。

 あいつには伝えたいものがある。無力でどうしようもなく破壊された性の固まり人形だ。でもある意味豪快で素晴らしいよ。今までそんな家庭育ちはいなかったからね。

 でもウザイのはギャラリー。その場限りの表現と体現を、自分には直接被害がないという事で覗いていたい奴らに吐き気がする。わたしは、ずっとそういう男たちと付き合ってきたから奴らが何を望んで楽しんでいるか判る。

 はしごたんが他人事な奴らに囲まれて、下品なお水あそびを展開するなら好きにしろ。

 それこそ、家庭育ちが壊れようが自滅しようがどうでもいい。アクセスカウンターの多さを自分の反吐が出そうな汚い文章への賞賛だと思っている哀れな女め。

 わたしは、全てから捨てられても、カウンターが一度も回らなくても発信をやめない。この世界から捨てられてもMariaの側にいる最後の人間は自分だ。

 確かに今回の事で、世間が施設全部育ちをあざ笑うことは理解したが、だからといって家庭で虐待を受けた人間を絶対にあざ笑わない。お前らからやられてもやらないのがわたしのポリシーだ。わたしはMariaの地獄を見たものだからこそ、彼女が高潔なのだと理解した。

 理屈や理性の通じない奴を目の前にしたら、わたしも止まらないのかもね。今まで失う者はないから強いと思った、でも今は、失いたくない人の為に戦う。

 

|  Soul-Family-projct・別館 | 12時01分 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

あたしも一人でやってきたから

 シセツでは、家庭の子にやられたって、シセツの子にやられたって、全部、自分一人で背負ってきたから、Leiちゃんが反応しないのは、当然なの。

 あたしも、「Leiちゃん、助けて」なんて言葉が出てこなかった。もっと早く、Leiちゃんに泣き言を言えば、Leiちゃんも、あたしの心がまいっていることを伝えられたのに。ごめんね。

 シセツの子は、やられたって、殴られたって、罵られたって、靴をゴミ箱に入れられたって、体操着を焼却炉に入れられたって、靴に画鋲が入っていたって、背中に張り紙されたって、銀杏を筆箱になすりつけられたって、満点とったらカンニングしたと言われたって、いつもいつも、一人で対処していた。

 誰かに助けを求めたり、愚痴を言ったり、泣き言をいう相手なんていなかった。

 今回も、一人で処理しようと思っていた。でも、Leiちゃんが怒ってくれたので、記事を読んで泣いちゃった。休憩時間の間、涙が止まらなくて、お化粧直しが大変だったのよ。

 でも、本当にありがとう。コードレスマウス、持ってくね。

| Maria | 2007/08/25 09:59 | URL | ≫ EDIT

気になるなあ、この表現


 ごめん、ほんとごめんね、Maria。まだ3日くらいしか経ってないかと思ってたよ。
 
 もう、相手の記事から一週間以上経っているけど、怒らないLeiちゃんが、あたしのためだけに怒ってくれたのは嬉しかった。

 怒ってるのは事実なんだけど、ネットへ反映されてなかったよ。色々壊しまくってたんだ、実は。それなら、文章でぶつけた方が被害が少ない。あなたを思っているのに、怒りを沈めて大人的対応を取ろうとするのが悪い癖だね。

 ごめんね、少し遅れちゃったよ。  

| レイ@微妙に・・・ | 2007/08/25 09:46 | URL | ≫ EDIT

私は、ここは怒っていい場面だと思います。

いつもいつも四方八方に怒るのは良くないかもしれません。でも人間、怒る時には怒ることも大切だと私は思います。
いつ果てるとも知れない争いはせずに、無視する。
それも1つのやり方でしょう。そちらのほうが実は賢いのかもしれません。賢く生きようと思うなら、賢くブログをやろうと思うなら、無視するに越したことはありません。

でも、Leiさんの選択は間違っていないと思います。

Leiさん。

>Mariaが全てに優先する
>この世界から捨てられてもMariaの側にいる最後の人間は自分だ。
>今まで失う者はないから強いと思った、でも今は、失いたくない人の為に戦う。

そこまで言い切れるほど大切な人なんですね、Mariaさんは。
それならばLeiさんは、Mariaさんを守る戦いのために自分が傷ついたとしても、後悔はしないでしょう。逆に、保身のためにMariaさんが傷つけられるのを放置するほうが、何万倍も後悔するはずです。
Mariaさんを見捨てて生き残るくらいなら、Mariaさんを守るために自爆するほうを選ぶでしょう。
Mariaさんのブログを見ていても、お2人の絆がそれほど強いことが伝わってきます。

厄介な相手には関わらないほうが賢いのもまた事実。
しかしLeiさんとMariaさんの関係は、賢いとか賢くないとか、そういう次元のものではないようです。それなら、他人がLeiさんの行動について、どうこう言えるような問題ではありません。Leiさんが信じる通りに行動するしかない。その結果が泥仕合になろうが消耗戦になろうが、ギャラリーにどう思われようが、そんなことは問題じゃない、と思います。

大切な人のために、損得を超えて怒りをぶつけるのは、醜いことだとは思いません。人間として、間違っていないと思います。

Leiさんが信じる通りにするのが一番正しいと思います。

| 読者A | 2007/08/25 04:58 | URL | ≫ EDIT

あたしのために怒ってくれてありがとう

Leiちゃん、

 あたし、ものすごく嬉しい。Leiちゃんが、あたしのために、こんなにも怒ってくれることが。

 もう、相手の記事から一週間以上経っているけど、怒らないLeiちゃんが、あたしのためだけに怒ってくれたのは嬉しかった。

 あたしのために怒ってくれたのは、Leiちゃんと、Edwardさん、施設サバイバーさんだけだった。でも、あたしの大切な人が、あたしのために思ってくれることが、あたしの一番の癒しだわ。

 あたし自身、本当は怒っていいのか判らない。大人的対応をとらなくちゃ…、って、ずっと思う一週間だった。

 でも、あたしの一番身近にいるLeiちゃんが、こんなにも怒ってくれた。だから、あたしも、怒りを怒りとして自覚できる気がするの。

 今回は、あたしは一方的にやられている気がするのに、単なるケンカみたいな捉え方をされたり、「どっちもどっち」みたいな意見もあった。

 あの人の被害を受けたブログのリストから、「自分は被害を受けていないからはずして欲しい」みたいなコメントもあった。ああ、あたしの被害は、誰の被害でも無いんだな、って思ったわ。かなりへこんでいたの。

 でも、Leiちゃんが、こんなにも怒ってくれたから、あたしも、自尊心を取り戻し、いつものMariaに戻れる気がするの。

 他人を利用して自分の怒りを出すのは駄目だけど、大切な人を攻撃されたら、まず怒るのが正しいと思った。今回のことで、誰が、あたしのことを一番におもっているか、よく判ったわ。Leiちゃん、本当に、心から、あなたに感謝するわ。

 あなたは、あたしの迷いを、あなたの怒りで吹き飛ばしたの。あたしは、胸を張って、あの人に「ふざけるな」と言える気がする。
 あたしの生物学的母は、狂ったまま死んだけど、あんな感じだった。あたしは、あの怒りをどうなだめようか、そればっかり考えていた。でも、Leiちゃんが怒ってくれたことで、もう吹っ切れたわ。いつもタカビーなMariaに戻るからね。ありがとう。

| Maria | 2007/08/25 02:14 | URL | ≫ EDIT

理不尽な怒りはあって当然。

私も、怒り爆発中で、実生活に影響が。。。

なにが・・・って、言葉にです。
だけど、自分を見ているみたいで・・・。

私には、「だれかとめて!」と見えるのです。

Leiさんの記事にあったように、「どうして誰もとめないのだろう?」って思うからです。

だけど、怒りがあって当然です。
あのおちゃらけた感じ、人を小馬鹿にしたあの感じ。

妙に自分みたいで、嫌です。(T_T)

なので、封印していたものを溶かそうと手紙を書いていますが・・・。

おまけに「記憶がでてきた」ので、まだまだ一杯あることがわかってうんざりしてきました。


元里親さんのコメントの、スルーするのがカッコいいって言うのは、私はどうもなぁ・・・と思いました。

ここは怒っていい場面だと思います。

>それでも頭にきて我慢できないのなら、どうぞ喧嘩をしてください。
私にはレイさんの発信の邪魔をする権利もなければ、そんな手段もないじゃないですか^^

この言い方は少し高ビーで嫌ですね、親の年齢くらいだと言われればもっと、嫌です。

HNを大勢で括る人も嫌ですけど。
(施設サバイバーとか、通りすがりとか、野次ウマみたいで)
自分に名前くらいつけたら?って思いますね。


| kasumi | 2007/08/25 00:40 | URL | ≫ EDIT

ああ、書き忘れました。
それでも頭にきて我慢できないのなら、どうぞ喧嘩をしてください。
私にはレイさんの発信の邪魔をする権利もなければ、そんな手段もないじゃないですか^^

| 元里親 | 2007/08/24 21:26 | URL | ≫ EDIT

レイさん、マリアさん、まず呼び方の件、了解しました(HNでお分かりのとおり、お二人の父親であっても不思議ではない年なので、気楽に使ってしまいました)。

施設育ちだから怒る自由がない、なんてまったく思っていません。
あの人が相手だからやめたほうがいいと思ったのです。

ご承知と思いますが、ネット上の喧嘩は、親記事と反論とコメントがこんがらがってきて、泥仕合になります。そうなると口数が多いほうが、一見勝ったという印象をギャラリーには与えます。
あの人はいくらでも書きますし、屁理屈も理屈もちゃらちゃら使い分けますし、“弱者の権力”も多用しますし(そのこと事態はあの人にとって大い不幸なことで、お気の毒と思っています)・・
そんな人とガチで喧嘩して、対抗上、悪罵をせっせと書き込んだら、あなた方も醜く見えることになるから、やめてほしいと思ったのです。(今のあなた方は純に見えています)

そもそも“強きをくじき、弱きを助ける”喧嘩ならかっこいいし、意味があります。そういうのは大いにやってください。でもネット上の悪罵の投げあいなんて、意味がないじゃないですか? 笑ってスルー、のほうが素敵ですよ。
反論しなくてもmoonさんのような普段は声なきギャラリーもやり取りの正邪はほとんど見抜いているのですよ。でも参加するとこんがらがるから、ただ見ているのです。

そんなことにエネルギーを割かず、お二人の体験を聞かせてください。お二人の書かれるものには、人間に関する深い発見があって目が開かれます。私も“エドワードの樹”に少しでも近づきたいと思っている者ですが、お二人の書かれるものは、その手がかりを与えてくれると思っています。
(そのときの流れでどちらかのブログに書きますが、いつもお二人へのコメントのつもりです)

| 元里親 | 2007/08/24 21:18 | URL | ≫ EDIT

わかりました。

お体大切にしてくださいね。

では、またロムに戻ります。

| moon | 2007/08/24 20:02 | URL | ≫ EDIT

乱暴な言葉を失礼しました


 moonさん、言葉が乱暴になり失礼しました。怒りを出さなかった弊害の方が大きい場合もあります。今回は言われるままで、相手を非難してはいけないと我慢をしてきました。

 でも実生活ではMariaと電話で話してもケンカになるし、ケンカしなくていいお互いがギクシャクする始末でした。わたしも怒りを押さえ込みすぎてすぐに爆発するという状況でした。

 この親記事は、自分が怒ってる事を自覚するための確認作業でもあります。それと同時に施設の子がいかにマイノリティゆえに我慢を強いられてるかを書いたものです。

 彼女のところへ乗り込もうとは「現段階では」とく思っていませんが、ただ、発信の邪魔をされたくないとは思っています。

 怒りを怒りと認識するために書いています。里親記事を書けるようになるまで、今しばらくお待ち下さい。今はたしなめられても爆発してしまいます。当事者ですから。施設育ちはいつもたしなめられ、我慢をさせられてきているのです。

 全ての家庭育ちの人がそうでないからといって、今自分が受けている痛みを痛いと言えない事を理不尽だと言いたいだけです。そのあたりの記事はMariaの方が丁寧に表現していますのでお読みください。

http://prayermaria.blog74.fc2.com/blog-entry-143.html

| レイ@moonさん | 2007/08/24 19:53 | URL | ≫ EDIT

「ちゃん」ではなくて「さん」とお呼び下さい


 Mariaのところでもお見かけしました。ありがとうございます。ただ、わたしもMariaも成人の女性であり、自立して生きています。

 「ちゃん」づけではなく、「さん」を付けて呼んで下さるとうれしいです。
 
 怒りのコントロールは確かに必要だと思います。ただし、今までわたしはどちらかというと怒り出す事を恐れるあまり、怒りを封じてるようなところがありました。
 
 あの人の所はいきません。気がすんだら里親関係、養護施設関係の記事を書いていきます。今は少し怒らせといて下さい。

 Edwardさんの大きな木のイメージは本当に素晴らしいとわたしも思っています。いつかそんな風に思えるようになれたらと思います。




| レイ@元里親さん、はじめまして | 2007/08/24 19:48 | URL | ≫ EDIT

そうはいいません。

でも、ここじゃないところで怒ったほうがいいんじゃないですか。

でも、そんなに怒りたいならどうぞ好きにしてください。

ただこれ以上不毛の戦いは無駄だと思います。

| moon | 2007/08/24 19:00 | URL | ≫ EDIT

全ての家庭育ちがそうじゃないから怒るなと?


 はじめまして。

>世間が施設全部育ちをあざ笑う
ということはないと思いますよ。

少なくとも全部ではありません。


 だから?

 全ての家庭育ちがそうではない事をたてに1人の家庭育ちから言われるままなのを我慢しろと?

 わたしは少なくとも自分のところで吼えてるだけだ、放っておいてくれない?

 ともかく全ての家庭育ちがそうじゃないからという理由で怒るなというなら聞き飽きた。過去においても散々怒るな怒るなと言われてきた。

 施設育ちの方をたしなめる人はいるが、好き勝手言う家庭育ちを注意する人がいないから自分で怒る。それだけ。

 あの人を、全ての家庭育ちがそうじゃないという理由で怒らない理由は何もない。この世の家庭育ち全員から言われるまで待てというつもりじゃなきゃ、勝手に怒ってるわたしを放っておいてほしい。

 それとも施設育ちには散々叩かれても、怒る自由もないと?

 養護施設から里子に来た子が、もらわれっ子と言われていじめられたらどうする?里子がいじめられる事例なんてごまんとある。

 それでも怒るなと?

 そんな人間に里親になってもらいたくない、こっちから願い下げだ。


| レイ | 2007/08/24 18:47 | URL | ≫ EDIT

失礼しました。

>近寄りがたい・・・から下の文は消そうと思ったものです。

ごめんなさい。

| moon | 2007/08/24 17:28 | URL | ≫ EDIT

レイさん、はじめまして。
家庭育ちのmoonと申します。記事を見ていたたまれなくなっててコメントしています。

>世間が施設全部育ちをあざ笑う
ということはないと思いますよ。

少なくとも全部ではありません。

レイさん、マリアさんの記事に動かされて意識が変わり、何とかして世の中を変えないとと思う人たちが増えてきているのではありませんか。

“施設の子すべてを里親家庭へ”という大きな願いを持ってらっしゃるのでしょう。

そのことですでに、勝っているではありませんか。

元里親さんも言ってらっしゃいますが、はしごたんさんとのこれ以上の関わりあいはやめた方が良いですよ。



近寄りがたいので、なかなかコメントができないという私みたいな人も多いと思います。

どうか、味方が誰もいないなんて思わないでください。
そして、ただ

| moon | 2007/08/24 17:25 | URL | ≫ EDIT

Leiちゃん、はじめまして。Mariaちゃんのところでもコメントさせてもらった者ですが、こちらも頭を垂れて拝読しています。
<失いたくない人の為に戦う>ってカッコイイですが、おやめになることを薦めます。少なくとも今回のケースでは。
あの女はMariaちゃんのブログにもリンクが張ってあるように、お騒がせ女として有名なブロガーです。
たしかに彼女は、あなた方を口汚くののしってビューを稼いでいるのでしょうが、それがあの女の可哀想な生い立ちであり、性格であり、芸風でもあるのです。
それに乗せられて戦うなんてつまらないことです。相手はゴキブリより生命力がありますし、徒労感と自己嫌悪が残るだけでしょう。
それよりキーワードはEdwardさんのイメージです。
どうしたら彼のイメージを、日常生活のなかで追及できるのか。
別に思想の問題ではなく、毎日の暮らしの具体的な一つ一つのなかでやるしかありません。とりわけ触れ合う人たちとの関わり方でしょう。
たぶん“汝の隣人を愛せ”ということになるのでしょうが??、これはお二人それぞれで追求してください。あ、私は別にクリスチャンでもなんでもないですよ。
僭越を申し上げましたが、Leiちゃんがあんな女と関わりあわないことを心より願っています。

| 元里親 | 2007/08/24 14:17 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/327-6b32398b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。