PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

里親を応援してるのに温かさが感じられない言葉を紡いでる

コラム

 わたしは里親制度を応援している一般市民だけれど、同時に養護施設全部育ちでもある為、他の家庭で育てられた人のかもし出す優しさや温かさや温もりを伝える事は至難の業。

 かなり耳に付く言葉として「里親さんを応援しているのに何で冷たいんだろう」「あなたがそんなだと里親さんになろうとする人は引いていく」「温かさが感じられない」などといったもの。

 温かさが感じられないなら、温かそうなところへ行ってほしい。

 このブログの管理人は、あくまで「養護施設全部育ちが応援する里親制度」という独自視点を持っているから、わたしの荒涼とした?語りに嫌気がさすならば、温かさをかもし出している他の里親さんサイトへ行ってくれたらうれしい。

 わたしは他の施設出身者が「自分らしくいられる場所」という言葉を紡いだ時にさえ、施設の人と思えないと違和感を覚えた女なのだ。

 このブログでは里親さんを応援していながらも、わたし本来の心象風景を反映した言葉が出てきてしまう。

 わたしはもちろん里親制度を応援しているけれど同時に里親さんの子どもへの扱いなどについて、気になる事があったらどんどん書いていく所存。

 養護施設職員の事も散々書いてきた。養護施設職員だけが子どもの運命に関わる存在じゃない(正しくは運命にさえ関わっていない)、里親という大人も子どもに色濃く影響を残す。全ての子ども時代を里親家庭で育つ事も、機能不全家庭との絡みで考えて行かなくてはならないと思っている。

 わたしは里親応援ブログをMariaと共に開設しているけれど、里親なんでも万歳ブログを開設しているつもりは毛頭ないので、とくに里親希望者だからといって、全て手放しで愛想が良くなるわけではない事を伝えておきたい。
 
 里親制度は、子どもがいない大人の為の支援制度じゃなく、親が育てられない子どもの為の制度だから、そこをきちんと軸に置いて里親制度というものを考えられる人に里親になっていただきたい。

 わたしは、この間からどうも、わたしが愛想がない事がまるで里親制度に影響するかのような発言をする人が(たまに現れる)事に対して、一体里親制度というものは、誰のものだろうかと考え込んじゃったので、この親記事を書いた。

 そして、わたしは温もり、温かさ、たった一人の子ども、そういうタグが瞬時に理解できる人間ではないので、このブログに温かい家庭的な雰囲気を求めて来るとしたら、お気の毒と思うばかり。

 養護施設全部育ちに温もりを感じる文章を書けという事がなんだか無理がある。わたしの心の中はこれでも一面の花畑になったとエドワードさんに言われる程になった。でも家庭で育った人の一部からは、これが極寒の冬景色に感じられるのだろうなと想像した。

 このブログに「家庭育ちが暗に求める温もり」はない。

 何故ならこのブログはどうしてもわたしの場所だから、わたしの心象風景の影響が色濃く支配してしまうから。わたしが児童養護施設全部育ちである事、一度も誰からも愛されたことがない事、温もりに質があるのかそもそも判らない事や、それらが影響しているいる場所である事を改めて伝えたい。

 

| └ コラム | 09時27分 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

 
 ありがとうございます。でもどうか謝らないで下さい。それぞれにコダワリがあり生きている人間同士なので、明らかな誹謗中傷などでない限りは、お互いの認識の問題だと思うのです。

 でもcatさんに不快な思いを持った事は一度もありませんから、どうぞ気になさらないで下さい。

| レイ@catさん | 2007/09/18 10:31 | URL | ≫ EDIT

いろいろな人が見ている場で、
自分の思いを正確に見つめて綴れるということは、
すごいことだと思います。

「温かい」「冷たい」、その他の心理的な脅しに対して、
怒るのは当然と思います。

先日は余計なコメントをしてしまいました。
本当に、申し訳ありませんでした。

| cat | 2007/09/17 23:44 | URL | ≫ EDIT

現段階では答えがうまく書けないですが・・・。


 うまく言葉にならなくてすみませんでした。どんなレスをしても自分が言いたい言葉と微妙に違うような気がしていますが、概ねそんな感じです。

 里親さんを応援している人=優しそうで温かそうな人というイメージで捉えられてもわたしの場合はかなり困っていくのが先々見えてるから・・・・です。

 気を使わせてしまいました。それでは。

| レイ@でんでんむしさん | 2007/09/17 14:23 | URL | ≫ EDIT

お返事ありがとうどざいます。

そういう人は所詮は冷やかし程度かなって思いますけど。

優しさとか、愛だとか考え出すと止まらなくなっちゃうもので。

こちらこそお手間をかけて御免なさい、失礼しました。

| でんでんむし | 2007/09/17 11:54 | URL | ≫ EDIT

お手間を取らせました。

 でんでんむしさん、こんにちは。

 わたしは別にどうみられてもいいんですが、優しそうなブログを運営していない事が原因で里親さんになろうとする人が引いてしまうというニュアンスが好きじゃないのです。

 ただそれだけです。一度消してごめんなさい。

| レイ@書き直し | 2007/09/17 11:19 | URL | ≫ EDIT

失礼します。

そうなの?、私には温かさも優しさも感じられますけど、要するに受け手(読み手)側の問題なのかな。

そしてレイさんが、温かさや優しさを出せないとするのも解る気がするのですが、レイさん自信は他人に温かさや優しさを求めることは無いのでしょうか?


また、人に温かさや優しさを求める気持ちは無いのでしょうか?

そして、人に温かさや優しさを与えたいと思うことは無いのでしょうか?


少し気になりまして、不快な質問なら無視しといて下さいな。

| でんでんむし | 2007/09/17 08:29 | URL | ≫ EDIT


 jtwさん、ほんとうにすさまじい状態でしたね。資料もなく、捨てられた子の心理の解明もされていない状況で、親も子も苦しまれましたね。

 言葉もないです。

 書いて下さってありがとうございます。わたしは、わたし視点となるけれど、自分の心象風景を語り続けます。

 

| レイ@絆づくりは戦い | 2007/09/16 12:20 | URL | ≫ EDIT

里親会の寄り合いで 「そのうち落ち着く」と言われ、児相主催の里親・施設職員のための講演会で(年に一度あった、しかし施設の理事は 来ていなかったのでは ないかと思い出す)心理学の教授に 「子どもは柔軟だから 心配するに 及ばない」と言われた。児相にいる嘱託医・児童精神科医も診察するだけで 何かの障碍が あって 治療が要るとも言わなかった。
思えば これは 慰め 優しさ 温もりだと 言えない こともないけれど、何の意味もなかった。親に捨てられ 虐待された子どもの世界は 優しさだけで どうなるものでもない。
癌患者に マッサージだけしているような もので なかったのかと いま思う。

| jtw | 2007/09/16 11:55 | URL |














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/360-679288c6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。