PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

わたしの感覚に残る「家庭」は非日常「施設」は日常というものを変える

コラム

 今日Mariaとお昼休みに話してて、わたしは1つ気付いた。それはわたし自身があと一歩後退すれば、養護施設で育てられた自分を肯定し、他者が絆を作ったり家庭を作る事を邪魔してしまう立ち位置にいるという事だった。

 わたしは家庭という世界のイメージを持たないから、家庭というものに身を置いているのに適応障害のようになっている。わたしはふと気付いたら、家庭生活なんかすべてやめて1人で何処かへ行ってしまおうと考えてしまう。確かに数年前、わたしは夫の家庭育ちの態度をウェットと感じ、非常に耐えられなくなって家を飛び出し数年間別居した事があった。
 
 わたしは一度家庭を逃げ出した前科がある。又やらないとは限らないのだ。夫から暴力を振るわれたわけではない、むしろ優しい。多少変わった一族ではあるけれど、それが家庭だと言われれば口を出せない。

 いつか、又逃げ出すんじゃないだろうかと内心では感じている。家庭という小さな集合体に定着できずに逃げ出す。優しい人が苦手なのかもしれない、何か自分の世界観にそぐわないのかも知れない。ともかく、ふと気付けば家庭や絆作りがシンドイ。と感じる自分に気付いた。なぜそう感じるかを自己分析しなくちゃいけない、そうしないと絆づくりが本当に破綻する・・・。

 イメージもできない家庭を肯定し発信するする行為は、わたしにとっては行った事もない夢の世界の案内人になったようなもの。自分に実感がないのに、里親家庭やたった一人の絆相手やパーマネンシーの話をしているうちに、自分らしかぬ世界観の話をしている事に気づいて、急に嫌な気分になり、全部否定したくなることがある。わたしの家庭への適応の努力をもっと進めなくちゃいけない。

 イメージできない家庭とイメージ過多になりおぼれそうな施設とを比べても仕方がない。施設退所後の生活の基盤を「家庭」に定めているこの社会生活では児童養護施設こそ非日常だ。

 その非日常の生活を前提として語る事の危険性をわたしは感じる。
 
 子育ての養育環境の基本は常に家庭養育であるという意識を大人が持たなくては子どもが、ありえない世界観を通常の感覚としてとらえ、家庭をむしろ非日常と感じてしまう大人になる。そのような大人が施設へ子どもを「預ける」事に対してハードルが低いことを、施設育ち大人は意識しておいた方がいいと思う。子どもなしの女がこんなこと言ってごめんなさい。

 

| └ コラム | 20時08分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントをありがとうございます

 ありがとうございます、家庭で育てられた方々と、違う問題と似ている問題とを、自分で分離して、独自の探さなきゃいけない事が多いなあと最近とくに感じます。

| レイ@Skatchさん | 2007/10/06 07:25 | URL | ≫ EDIT

わからない世界

自分が分からない世界・未知の環境を、自ら作り出すことは非常に困難ですね。自分にとって当たり前の環境が、自分にとっての日常であり普通である・・・・。

| Skatch | 2007/10/03 10:16 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/380-d610e04b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。