PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アリスさん、確かにここは日本ですが

養護施設を出てからの問題

アリスさんへの私信

 アリスさん、確かにここは日本です。(#Kasumiさんの場所を荒らされたくないから、アリスさんここへポストしてほしい)

 アリスさんを苦手な個人的理由は、彼女はズカズカと質問してくるからだ。そして答えなくてもいいのに、いそいそと答えようとする自分の態度に後になってムカッとするからだと気付いた。この癖は何とかしなくちゃ。相手ペースに呑まれてしまっては、自分のリズムを保てなくなる。

 ただ、書いて消した昨日の文章はまだ嫌に心にささくれを起していて、消して見えなくなれば気がすむわけではないと気付いたので、改めて整理しようと思う。彼女に質問されて答えるのではなく、自分の意志で書くべきだと思いなおした。

施設で全部育ったことのケアを受けましたか? 

 という題名で昨日記事を書いたけど、改めて読んで怒りがぶり返しそうになり削除した。今思っても、施設(孤児院と訳した)だけで全部育ったとメール友達に言い、「そのことのケアは受けましたか?」と返された事が、思ったよりも、数年も経っているのに自分の中で新たな怒りを生じさせるらしい。

 確かにわたしは、施設肯定と施設否定のボーダーにいる。養護施設で子ども時代の全部を育つべきじゃないと思っていながら、あの施設時代を乗り切って生きてきた自分を正当化しようとも思ってる。今の強い自分がいるのは施設で根性が身についたからだと思っていた。その頃に、海外のメール友だちから、孤児院(施設)で育った事でケアを受けたかと言われて激怒した。わたしは星の数ほどの人々の恩恵を受けたのだと反論した。


ほんとは指摘されたくないわたしのリアル


 そうだ、わたしは子どもさえ作らなきゃ施設的に生きててもいっこうに構わないと心の深い所で思っていた。ようは子捨ての連鎖をしなけりゃいい、自分はこうなった以上仕方ない。自分の事はあきらめもつくが、ほかの子にその荷物を負わせたくない。

 そのうえ、自分の事と切り離して発信すれば、自分の事とは思わなくすむという、逃げの気持ちがあるのがわたしの心理傾向。家庭で育つ事ができなかった事実を自分の事としては考えたくない。これは物事から回避しようとするわたしの癖。

 そのかわり絆づくりの作業では、絆作りそのものを否定してMariaとWolfをボロボロにしてしまう。わたしの内部矛盾がリアルとネットでの態度の明らかな違いとなって現れている。

 確かに人に指摘されることは本当に悔しい。しかもこの国という生息権に住まない人に指摘される事は妙に悔しい。今まで施設で育ったことの偏見差別や侮蔑には山ほど出逢ったけれど、ケアという視点で指摘されたことは一度もなかった。だからアリスさんが言う、ここは日本、という考えに共感しそうな自分もいる。

あれからずっと施設で子ども時代を育つ事について考えている


 わたしは、やはりあの時のメール友だちの指摘がわたしに何かをもたらしたと思っている。この国で受けた偏見や差別は施設の事を誤解されているからだと思っていた。でもそれは違うと今は思う。施設という役割がきちんと機能し切れていない為の問題なのだと知った。

 あの指摘はショックだったし悔しかったし、情けなかったけれど、彼女に対して二度と喋りたくないと言ったりしたけれど、今、時が経ち思う事は、わたしは全く家庭に不向きな人間であるという事実だけが残ったなという実感。

 わたしのリアルは、施設で育ちながら施設で育った事をほぼ失念している。それでいながら施設で育った事をケア対象として考える事に抵抗があり、怒りを持ちやすい。施設で育ったくらいでごちゃごちゃ言うなと思う内面と、時々、感じる妙な空白とか・・・。

自己矛盾を超えて

 わたしは上記のような、矛盾だらけの女だ。でも不思議なもので、わたしの内面によく似ている施設肯定派のほかの人の文章やスローガンを読んでいると妙にゲッソリとする。自分に似ていて嫌なのか、考え方そのものが嫌なのかわからない。#草間氏に至っては研修でカナダまで行ったというのに・・・でも先進的な海外の思考に触れたとたんに、日本的思考へ引きこもりたくなる気持ちは判る。

 言える事は、施設世界で育ちきった自分には施設の影響だけが残ったが、わたしは家庭で生きる以上、この施設感覚、施設の匂いを、何とか断ち切ろうともがいて生きているという事。この社会で生きていくと決めた以上、わたしは施設で育った事について考え、施設ではない生き方を模索したいと思っている。

 まずは自分が、施設的思考から抜けていかれるようにがんばろうと思う。ここが日本だと強く感じたのは皮肉な事に海外の人視点の指摘があったからこそ。そうでなくてはわたしの場合はいろいろな事に気付けなかった。

 どんな情報も、きちんと扱わなければただの雑音だと思う。

|  養護施設を出てからの問題 | 09時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/387-b934df08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。