PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親分だったわたしの断片的記憶



Lei&Maria、どっちがどっちだろうか


養護施設にいる間の問題

 なんとなく、記憶の片隅にわたしを「親分」と呼ぶ女の子がいて、いつも困っていた。わたしはグループを束ねるほどの人ではなく、一匹ドラゴンだから困っていた。群れたくなかった、子分という力を持ちたくなかった・・・。

 親分1人、子分1人。

 でも、相変わらず詳細な記憶がないので・・・その子が子分になった理由も定かじゃない。わたしは群れたくないから一人で生きていたいのに「そんなこと言わないで下さいよ、あたしが心に思ったんだから・・・」と子分になることを決めて、付きまとってくる子。

 でもわたしもまんざらじゃない。年下の子が信頼してくれる事を少し嬉しく思った。
 
 まんざらじゃないけれど、派閥を作るのはおかしいと思っていた。そしてわたしは誰かと何かしら絆を作る事をしなかった。彼女が求めていても、わたしは彼女を無視し続けた。
 
 施設はグループ闘争が激しいことを判っていて、彼女は何故わたしを「親分」と呼んだのか・・・その呼び方が今もわたしの心を突き刺している。彼女の姉でもなく、何故親分なのか・・・。

 あとはフェードアウト

 大人になって彼女が言ってくれた。

 「親分はあたしを屋上に呼びつけて、ズルはするな、卑怯な事はするな、まっすぐに生きろ、人を傷つけるな」と説教?していたって。もちろんわたしは細かくは覚えていない。

 わたしの態度が彼女に影響し、彼女は他の子からいじめられたのではないかと急に申し訳なくなった。今思うと、わたしって何だろう、何をしてたんだろう。その同じ屋上で彼女を拳骨で殴った事もあったからだ。そのことを覚えていたので大人になって謝罪したけれど、彼女はわたしから殴られたことを忘れていた。

 こんな風にわたしはいつも、どうしようもない人間なのに後輩にお説教していた。たぶん2人だけの親分と子分だったと思うけれど、彼女を殴ってしまった事があったのだ。

 わたし達は、大人が居なさ過ぎて、いつも指針になる人を探していた。でも、心に叶う人は誰もいないから気が狂いそうな、乱暴な世界観の中で、今思えば任侠のような、素人さんに手を出しちゃいけないというような誇りを持ちながら、生きていたんだと思う。

 わたしの中にチンピラのような世界観がありつづけ、その中で、どれ程堕落したとしても、これは言ってはおしまい、これをやったらおしまいというルールをきっちり付けて生きていこうとしてた。

 後輩の物笑いの種になっていたり、彼女に無自覚ながらに影響を与えてしまった事も考えながら、「育つ」という事は、その世界観をコピーする時期なのだと今更ながらに思う。子ども時代を軽んじてはいけない、子ども時代は大人になった時の情報のタンクだから、大人になれば、自分の育ち方からしか、情報を引き出せないのだから、わたし達施設全部育ちは、全くもって、一般の家庭の感覚からは違いすぎる世界で育ったのだという事を、苦しくても受け止めるしかないのだと思った。

 わたしは微妙な世界観を、できる限り家庭の人に誤解されても説明できるような思考を育てていこうと思う。その姿勢がいつか、きっと世の中を変える気がしている。

 親分なんかいらないし、子分もいらない。

 必要なのは、たった一人の大人を見つけ、たった一人の子どもとして育てられる事だと思う。

 

|  養護施設にいる間の問題 | 11時13分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

あちらでは失礼しました。


 うみぼうずさん、おひさしぶりです。あちらでは反応しすぎてしまい、申し訳ありませんでした。慣れている筈の言葉だけれど、やはり改めて、そのような言葉を使う人がいるのだと思い、気付いたらレスしていました。

 少し気にしていたので、削除しました。

 無意識に、判断している、その基準は、
子ども時代に、つちかわれていますね。


 ええそうですね。今の自分を理性で変えてきたものはともかくとして、無意識に判断しているものの基準は、子ども時代の情報を基準にしていると思います。
 
 ですから、親の顔が見てみたいとか、お里が知れるというような、本人を育てた環境に思い至るような言葉が使われるのだと思います。

 わたしは、施設で培ったものだけで生きていては家庭を作る概念が判らないままなので、ここでなるべく整理しています。
 

| レイ@うみぼうずさん | 2007/10/20 05:10 | URL | ≫ EDIT

『子ども時代は大人になった時の情報のタンク』
なるほど!そうなんですね。
無意識に、判断している、その基準は、
子ども時代に、つちかわれていますね。

| うみぼうず | 2007/10/20 01:12 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/399-1849804b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。