PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「誰もいない自分」への強い依存を意識している今日この頃


整理中の課題:固定された相手をつくらせない心の中の説教者

 大人のわたしが今、絆づくりを完成させたくない1つの理由は「この人と絆が出来たと思う事が恐ろしいから」だ。わたしは絆を作らない事で、持つ事ができない他の子らを裏切らないで生きていると思いたいらしいが、その気持ちの発生源が明確ではないまま、このような気持ちを持ちやすい。

 絆を作ってしまったら、本来なら持つ事ができないカテゴリの自分なのに裏切り行為を働いた事になり、しめしがつかないと感じやすい。それは同時に、わたし自身が、持てる他の子に嫉妬心を抱いていながらもその嫉妬心を隠し通しているからであり、もし、自分が絆相手を持ったなら、持てる子らを非難めいた冷たい視線で見つめていた自分の整合性が損なわれるからだ。

 誰も何も持たない暗黙のルールを破る事を恐れている自分がいるのだと認めるしかない。そして同時にそのような心の癖を探る時”養護施設で育った事に原因を持っていってはいけない”と、内なる説教者がわたしに言う。それなので、過去に原因を探る事を、いけないことをしているような気分にさせる。

 ただ・・・なぜ、後ろめたさを?

 なぜ、後ろめたいの?

 施設の子だから、捨てられた子だから何も持ってはいけないのか、普通の家庭ならお兄ちゃんも弟に嫉妬して赤ちゃん返りをするという。施設の子だけが、誰もいない集団生活の中で誰もいないままに生活し、その感覚が抜けず、一生を終えなくてはいけないのだろうか。やきもち、嫉妬をするだけで、自分を自分で責めなくてはならない施設育ちが、人と温かい関係性を作るのは至難のわざ。

 今思うとわたしは、人からバッシングされるのが嫌で人と絆を作らずにいたのかもしれない。今日から特別な相手がいる生活へ突入させられたら、里子は固まってしまうんじゃないだろうか。

 でももっと深刻なのは、このように感じてしまう心の癖がとくに家庭で育った人には理解できないという事だ。いつも直接話をする夫も「何が、どこが問題かわからなくて困る」そうだ。

 「単に人に甘えられないだけなら、相手ができればすぐに治るだろう」と言われてしまう。

 この世に誰もいないわたし、ぼく達だと思うまでの長い道のりは全て子ども時代に培われてしまった。大人時代は、子ども時代の情報タンクから引き出しているだけ。その情報タンクが施設的概念のデータベースしかなかったので、家庭の人には理解しづらい。

 今、大人になった施設育ちは定義づくりで忙しい。人生全て掛けて定義しなおして、又再定義して、そんな風に、情報の混乱や錯綜や誤解や、構築にいそがしい。こんな風に誰が育てた?と思えてならない。

 わたしは、乳児院の子ども達が絆を作れるような環境で生きてほしい。その為には、わたしはやっぱり心にある影のような、嫉妬する気持ちや汚い心を懺悔しなくてはいけない気がして。そうでなくては子ども達に申し訳ない気がして、それとも、そんな風に感じる必要もないのかもしれない。

 でも、この数日間は 絆を作った宣言 の影響で、後ろめたくてたまらなかった。理性は必要だけれど、理性では説明できないタイプのカオスを、どう取りまとめたらいいのか判らなくて、随分記事を何度も消してしまった。

 この記事は晒しておく。

 誰かに愛着を持つ事は、問題行動では無いし、誰もいないわたしへ依存すれば他人を祝福できなくなると感じるから・・・。でも、A子は1人の保母に愛着を示した為に職員会議に掛けられ、厳重注意を受けた。絆を求める事は悪なんだ、という気持ちを持っていたわたしは、彼女を心の底では非難していたのだと思う。だから、何度も彼女の話を記事にしてきたんだと思う。

 彼女の話じゃなく、今はわたしが職員会議に掛けられているような気分だが、あえて晒しておく事にした。しばらく考えたい・・・人に愛着を持つ事がどういけないのか、どう正しいのかを。





#ピクミン愛の歌だけど、動画はエヴァ(汗)



 引っこ抜かれて叩かれて食べられて~。

Mariaが気にしているフレーズの歌。彼女に付き合って聞いてるうちにしみじみするようになった。求める事は許されなくとも利用される事は常にある・・・。

ピクミンの動画じゃなくて、某アニメのシーンを背景に、愛の歌が・・・。へんなの。

|  このブログについて | 11時55分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/401-b10f4bf1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。