PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世に氾濫する言葉に執拗にコダワル訳

整理中の課題&記事

見捨てられた事はない

 捨てられた感覚を持っているという事は、捨てられる前の感覚を知っているという事じゃないかと思う。見捨てられ不安というのは、見捨てられる前を知っているので見捨てられる不安にさいなまれ、時にはある特定の人の後を付いて回るのだと思う。わたしは相手が誰でも、人間は星の数ほどいると思っていたので見捨てられ不安は持っていなかった。

取り戻すものもない

  人間としての尊厳を取り戻すという表現を読むと違和感を覚える。取り戻すべき尊厳ってなんだ?といちいちつまづく。そのつながりとして誇りを取り戻すという表現もある。取り戻すべきもののイメージを持たないのに取り戻しようがない。

 子を施設へ入れる生物学的親をひたすら待たされて、全ての子ども時代を養護施設にいる子がいる。そのような子については、親がいる子として扱われてしまい里親家庭への道はますます遠のく。そのような子は、捨てられている事も知らず、延々と待たされる。当てもなく待たされる。

修復すべきものもない
 
 親子修復という言葉にも違和感を覚える。修復すべきものなどない。何も関係を築かずに施設へ入れた親と入れられた子は修復すべき家族などではない。

 世に氾濫している言葉を判った気になって喋るとだんだん自分にとっての本質から離れていく。とくに児童養護施設の子は、取り戻すものとは何か、修復すべきものとは何か、権利とは何か、自分は人間であるか、自分はどこの国の人か、自分は誰か、と数え上げればキリがないほどの不確かさの中、生きている。家庭の人が「当たり前に知っている筈」と思う事は、施設だけで育てられた子にとっての当たり前とは言えず。

里子を人間としてカテゴライズする

 里親独占名称を目指しているのも自分が人間であるという定義を確かなものにしたいから。

 多くの人は自分が人間である事に気づいている。でもわたしは時々、施設の子の動物的ともいえるような振る舞いを見る。そのような子には「人間なんだからちゃんとしなさい」と言いたくなる。意識から人間として育てないといけない。と感じている。家庭の人にとっての当たり前と感じる里親名称1つにしても、施設の子、里子にとっては人間とは何かという定義に直結する内容だ。だからこそこだわるのだ。

無愛着は見えない後遺症だ 

 養護施設でたんに育っただけ。そのどこが問題なのか見え難い。世には施設も家庭も虐待報道の嵐。その中、これほど目立たない家庭で育つ事が出来ない子への社会的養護というシステム的虐待を語りづらい世の中だ。捨てられた子、養育放棄された子らの施設在所期間10年以上について、どう語れば伝わるか難しい。虐待報道の嵐の中、虐待を受けて施設へ入れた子は命を長らえる事ができる。

 施設がどこもいっぱいで入れないと騒ぐ中、生れ落ちた時から乳児院・養護施設という場所で育つ子がいかに、子どもが家庭で育つ権利を奪われているかを語る事は難しい。

 難しいけれど語るしかない、しかし難しい。継続あるのみ。

|  整理中の課題&記事 | 04時22分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>どちらがましか、という議論ではなく、よりよいものを作っていくという意味で、レイさんに、発信を続けてほしいです。

あたしたちは、施設より里親がいいと言ってるんですけど…
あたしたちの意見をやんわりとを牽制するコメントは止めて欲しいわ。

| Maria | 2007/10/25 08:39 | URL | ≫ EDIT

遅れてごめんね


 きれいにHTML化されていてすごいですね。夫がワードとエクセルじゃなく、全部フリーソフトで賄おうとする人なので、彼の影響を受けていて、あまり近寄れなかった。

 でも、わたしも夫からだけじゃなく、ソウルメイトたちのIT技術の高さがせっかくあるんだから、教えてもらう事にした。

 そうか、パソコン技術もスリコミってことか。はぁ。それじゃホームページビルダーだって使えるようになるのかも。メモ帳とTerapadと秀丸だけでウェブを作る癖は追い払おう。

 ・・・って話がズレた。ごめん。引用させて。
 

| レイ@Mariaありがとう | 2007/10/25 07:45 | URL | ≫ EDIT

確かに、難しいことですね。
施設に入るよりも、虐待家庭にとどまるほうが、ましではないか、と考えてしまう人がいるのも、無理もないことです。
かつて、わたしは、子どもが施設に入った後のことを考えていたら、虐待家庭の対応はできないので、あとのことはあえて考えないようにしていたと、思います。
しかし、どちらがましか、という議論ではなく、社会的養護をよりよいものにしていく、そのためには里親をすすめるという意味で、レイさんに、発信を続けてほしいです。
(一部訂正しました)

| うみぼうず | 2007/10/25 03:33 | URL | ≫ EDIT

http://prayermaria.blog74.fc2.com/blog-entry-179.html#more
↑これ、Leiちゃんのところにも転載してちょうだい。

| Maria | 2007/10/25 01:59 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/402-f2de270e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。