PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全然「生き辛く」はなかった者が、「生き辛い」と思えるようになった理由

コラム

 里親応援サイトでリンクしている資料に、こういうのがあります。議事録ですので臨場感があります。【第1回「児童部会社会的養護専門委員会」で構想検討に対する意見】です。


「しかし退所後、抱える生きづらさが大き過ぎるが故、その原因が施設で育ったことと必要以上に結び付けられてしまっている現状を感じています。一般の家庭がパーフェクトではないように、施設もどの子どもにとってパーフェクトになることは難しいと思います。改善するべきは、社会的養護の対象だった人たちが措置解除後に、必要以上に孤立感や生きづらさを感じないように済むようにすることだと思います。」


 この方(引用文の発言者)は施設出身者ですが、家庭から保護されて施設へ入所した方です。施設全部育ちではありません。この方のフィルター越しに意見をまとめられてしまうと、養護施設だけで育った方々の問題は見えて来ないと感じます。

 この方は自分の生き辛さを養護施設だけで育った事と関連付ける施設全部育ちをけん制する施設体験者だと思う。

 こんな風に家庭の影響を受けたかつての施設育ちから、施設全部育ちが暗にけん制されていたら、児童養護施設全部育ちの子たちは生き辛い現実を語りづらい。

 児童養護施設でしか生きられなかった者が児童養護施設へ理由を求める事を「必要以上」と言われる筋合いはない。養護施設全部育ちの生き辛さの原因となる問題のあり場所は養護施設にしかない。 

 必要にして充分、養護施設だけしか過去がない人間は、そこへ自分の現在の課題の発端を見出す。当たり前ではないか、何がおかしい、何が必要以上だ。それにパーフェクトじゃない児童養護施設がパーフェクトになる事に意味を見出さない。養護施設がどれ程進化しても家庭じゃない。

 意味もわからずボンヤリと言葉を使わないように気を付けるようにしているわたしとしては、ゆゆしき言葉だった。しかし、あまりにも言われ慣れていて自分たちのサイトでUPしているにも関わらず失念していた。

 今の自分は過去の積み重ねの結果だ、その過去が児童養護施設以外になければ児童養護施設へ過去から繋がる問題があるのは当然だ。

 わたしは施設で全部育ち生きていたけれど、自分自身では生き辛いと感じなかった。ただ、色んな事がうまくいかないと思った、たんに不運だとは思った。でも今のように認知について意識するようになってから、わたしは自分の心の癖が災いしている事に気づいた。

 その心の癖は児童養護施設で身に付いたとしか思えず、その為、養育環境について考える事になった、この事を考える当然の帰結だとわたしは思う。

 広瀬氏の周囲にいる大人が彼女が本来持っている家庭での問題を整理できるよう配慮するのも大事じゃないかと思う。ただ彼女を利用している大人が取り囲んでいるように思えてならない。なんとなく、彼女の問題は施設の問題ではないように感じられた。杞憂と言い切れない気がするが他人の事なのでこれで終わりにする。

 ただ、わたしが彼女の家庭での問題がわからないように、彼女も、施設だけで育った人の心理の代弁者になれないとだけ言っておきたい。彼女は家庭での育てられ方の整理も必要だと思う・・・。

 施設育ちは苦しいととか辛いと感じるセンサーが鈍い。だからあえて生き辛いと自覚しなくてはいけない、そうしないとどんどん転がり落ちてゆく。わたしが生き辛いと思うのは理性によるものである。

 無視されると思うけれどトラバします。

| └ コラム | 09時56分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

それでも、子どもたちを里親家庭へと言い続けるわ

あたしも、この表現にはカチンときたわ。

 意見書を読んでも、施設の話ばかり。あたしたちだけだけでない、Edwardさんも、「乳幼児は原則として里親家庭に出して欲しい」といい、意見書まで書いた。

 だけど、里親の「さ」の字も出てこない。あたしたちやEdwardさんは、施設当事者ではないかのように無視される。

 以前絡んできた、中途施設入所者も居たけど、結局家庭虐待で施設に来た人は、子どもたちが家庭に行くことになんか関心はなく、養護施設改善闘争しか興味がないの。

 でも、家庭を知らずに施設を出て行く子どもたちには、家庭を知らないハンデは大きくのしかかるの。

 自分の家庭への恨みを、子どもたちが里親家庭へ行くことに反対するかのような無視の仕方ではらしている印象があるの。

 あたしも日向ぼっこに聞きたい。

 子ども時代の全てを施設で育つことが、人道的に許されることなのか。
 なぜ、Edwardさんの意見を無視するのか。

 養護施設にいる乳幼児は、里親家庭で優しく抱きしめられ、愛されて育って欲しい。実親に戻るのなら、里親家庭から戻って欲しい。

 あたしは、哀しい…

| Maria | 2007/10/25 21:12 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/404-e7a53317

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。