PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪夢:「お前ら、虐待っていう意味を知っているのか?」と笑われる

整理中の課題&記事:変な夢

 Mariaへ私信みたいなもので・・・。

 Mariaと仲良く話していて、思わず調子に乗ると必ずその夜に夢を見る・・・。それは彼女とわたしが切り離されてしまう夢だ・・・。だからMariaと話すのがいや、好きになるのがいや、思うのがいや、自分の心の動きに敏感なわたしの内部の監視者がわたしをとことん追い詰めるからだ。

 夜中に夢を見て飛び起きる。

「お前ら、虐待というのは、本来ならされてはいけないいたいけな子どもが暴力を振るわれる事を言うんだぞ? だからお前らと違い、地域の子ども達が親から暴力を受ければ虐待になる、それにお前らが手を出せば暴行になるんだ」

 なんか・・・自分は虐待って言葉を使えない気がする。でも家庭から来た他の子が「虐待じゃん、これ」と言う・・・。わたしには指導と虐待の差が判らない。

 その夢とMariaは関係ないっちゃないんだけど、彼女も施設を出た子だって事を忘れるほどナーバスになる・・・・。

 わたしは 地域の家庭の子を守らなくちゃいけない。他の施設の子がこらえきれなくなって地域の家庭の子をぶん殴るところへ遭遇したら全力で阻止しなきゃいけない。(そういう場面があったかどうか判らないけど)我はロボットの三原則、アイザックの小説に泥を塗るような嫌な夢。

 なぜか冒頭のような言葉が自動的に心の中に再生される。

  親がすぐに吹っ飛んでくるような子や、友だちが大勢居る子とは違い、とことん見捨てられている子は現状を受け入れるしかないから、そこを皆判っているから愉悦に浸れる。だれもが野獣を内面に抱えた生き物だ。その瞬間は人間ですらない、人間に戻るためにはエネルギーを何処かで使い果たさなくちゃならない。

 そういうエネルギーの充満した場所では、常に、虐待された子なんて存在しない。何か暴力を受けてそれを虐待だと騒ぐ子はまだまともな一部のシナプスのきれっぱしが残ってる。そしてそういう子は養護施設のような特殊な空間には必要ない。

 昼休みにMariaに、さすがに泣き言を言った。

 「あなたがとても好きなのに、そういう風に気を抜くと変な夢を見るんだよ」と。Mariaは昼休みいっぱい、わたしの話を聞き続けてくれて最後の十分以内で気持ちを言った。

 「違う施設なのに、何故あたしはあなたの世界がわかるの?」と驚いているみたい。

 わたしも彼女の言葉にびっくり。でもほんとは彼女がそう感じている事をわたしは心の何処かでわかっているのだ。彼女の世界観とわたしの世界観は育った施設を超えている。それはつまり、施設全部育ちという不変の問題を表していないだろうか。

 #でも今のわたしは家庭で虐待を受けた人でとても好きな人がいるので、そこを考えると施設育ち同士という部分だけでMariaと気持ちが通じたか判らない。

 施設育ち同士だから全てを排しても分かり合えるわけじゃない、単なる1つのファクターでしかない。Mariaを好きなのは、もっと育ちを超えた部分かもしれない。

 ・・・いろいろ言ったけど
 
 もしあなたがいなかったら、わたしは気のおかしい人としてまともに意見すら語れなかった。ありがとう、Maria、心から感謝している。(ごめんSOUL FAMILYで書けばよかったね)



追記

 これは体験的記憶じゃなく、飛び起きてしまう夢だったり、わたしに憑依しているような、自動的に再生されるイメージだったり、そのような形で吐き出されるものだから、本来はブログのメインコンテンツではありません。
 
 やはりいくらイメージがあっても根拠のないものなので、自分だけが抱える内面イメージという範囲を超えられないのです。なので、適当にスルーして下さいませね。心象的なものだから、抽象的表現でごめんなさい。

|  整理中の課題&記事 | 14時49分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

 こんばんはCheeseさん。このような夢(イメージ)の中に立ちすくんでいると、起きた時に夢の続きを続けてしまうのです。
  
 今回、自分でこの記事を書いてみて思った事は、ソウルメイト(Wolfさん記載の場合が多い)の目から見たわたしの話とは又違う、自分自身が感じる話を書く事も大事だと思いました。そこの部分をどこか逃げていました。

 きのうCheeseさんのレスを読んでから眠りについて、嫌な夢を見ずにすみました。きっとこういう夢ばかりみてしまう事を、悲しいと自ら思えなかった事も原因のような気がします、ありがとう、うれしい。

 追記

 ほんとは題名のところに、悪夢って書いたら怒鳴りつけられる(誰か判らない大人)ような気がして、悪夢と書くだけで手のひらが汗びっしょりでした。あの夢の場面を悪い事と位置づけるだけで、制裁があるような気持ちがしていました。

 そこのところを自覚できつつあります。Cheeseさんも、どうぞ心の痛みと苦しみが少しでも・・・少しでも和らぎますように。

 本当にありがとう!





 

| レイ@ありがとう | 2007/11/11 18:24 | URL | ≫ EDIT

Leiさん、こんばんは。

私は、あなたのような素敵な、ちゃんとした
ひとが、悪夢にまとわりつかれることが、
とても悲しいの・・・。
ごめんなさい。お大事に。

ぐっすり眠ってくださいね。
おやすみなさい。
良い夢を。

| Cheese | 2007/11/11 01:08 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/415-8a0ffbf5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。