PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スリコミと洗脳:絶対に叶えられない望みから目を逸らさせる為に

メンタル整理

複数の施設体験
 
 わたしは数箇所の養護施設を渡り歩いたと思う。記憶にあるのは2つ。でももしかしたらもっと多くの施設を旅したのではないかと推測している。少なくとも二度めの施設へ措置されるまでに、わたしは心のどこかで、

 ここを園長は良い施設だと言うけれど、他の施設と何ら変わらない。
 どの施設も同じような施設である事に変わりない。

 と、実感を伴う感想を抱いている。

 身柄がどこへ措置されようが、養護施設から養護施設へと渡り歩かされるだけの事であって、子ども側は施設が違おうが何の違いも感じない。表現はおかしいかもしれないがある囚人が、護送車に乗せられ、少し遠くの地の収容所に移送されるような、そんな気分を味わっていた。
 
 今、わたしは、養護施設間に横たわる不変の問題について考える癖があるが、それは、違う施設を渡り歩いた時の体験に基く思考だと考えている。

 養護施設が少し良くなり、新生・○○学園になったり、大舎が中舎になったり、職員が昔よりは少しきめ細かく児童に対応できるようになったり、施設内虐待はないと説明されても、複数の施設を渡り歩いたわたしにとっては、施設業界の塀の中での多少の、所謂良心的配慮でしかない。

職員らによる独りよがりな心的操作

 施設では『絶対に叶えられない望みから目を逸らさせる為』に、親のいない子ども達を心的トリックで惑わすようなところがある。

 捨てられた子どもの真の望みは、家庭で育てられたいことの筈なのに、職員が

 「どうだ、家庭的だろう?」
 「下手な家庭以上に家庭だぞ(大笑いしながら)」というから、ここは家庭になる。
 
 でも職員は知らない。親も家庭も知らない子ども達は、実は惑わされてもいない。たんにスリコミされる事はあっても、ここを家庭だと言う職員の頭に浮かぶ家庭イメージは、そのコトバを聞かされている親のない子ども達の脳裏には全く浮かんでいない。体験した事のない家庭を知らないのにどうやってここは家庭とイメージできるだろうか。
 
 そんなことにも気付かずに、家庭育ちの職員は「どうだ、ここは家庭だろう?」と畳かける。そのせいで、子ども達は惑わされずにスリコミされる。ここは家庭と、額面通りに。

 激しい頭痛に苦しんでいる子がいたら職員は言う。

 「お前の方がましだぞ、あの子はひどい腹痛だ」と。

 子どもは一瞬「?」と思いながらも、なんとなく自分の頭痛はあの子の腹痛に比べたら大した事はないんだと思い、自分の頭痛の問題を忘れて、腹痛の子を心配している・・・。

 そういうトリックとワナとロジックの温床のような職員達が、俺は「児童心理学を学んだんだぞ」とうそぶいているが、単に児童養護施設側で日々行っているダマしのテクニックでしかないと思っている。子どもを誤解させたり、騙したりするために児童心理学を利用しているのかと思ったので、わたしは心理学というものにさえ抵抗を感じてしまう。

 絶対に与えたくないものの代替を常に職員は用意する。
 どうしても訴えたい気持ちから目を逸らさせる。

 子ども達はいとも簡単に心理操作されてしまい、これが自分が望んでいて一番欲しかったものだと誤解してしまう。

 養護施設を家庭だとわたしも思った事があるし今も思いかけるが、そんな時、思考をやぶるように男性職員の「ガハハ、下手な家庭にゃ負けないぞ」という幻聴が意識に入り込んでくる。このバカ笑いがなければ、わたしも我にかえらずにすむのに・・・。

 そういうわけで、親から捨てられた子ども達にとっての養護施設は収容所である。家庭から保護された子にとっての養護施設は、本人に救われた実感があるなら救いの場となるだろう。



脱・洗脳(スリコミも含む)

 わたしにとって養護施設は、絶対に望みが叶わない望みを持っている事に気づかせないまま放置されている収容所。絶対に叶わない望みというものから目を逸らさせる為に「下手な家庭よりはずっと家庭だ」という職員に、長い間親のない子らはごまかされていたし、
 
 大人になってもごまかされ続けていたいんだと思う。たとえ、色々気付いたとしても、施設時代の感覚を受け入れないと、自分にとってキツイ心理状態になるのだと思う。

 わたしが自分の心理に着手している行為は、時々、脱・洗脳に近い行為なのだと思う時がある。だからわたしに抗議するわたしの中の、いろんな考えがせめぎあうのだと思う。


| ├ メンタル整理 | 04時43分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

 きみ(職員)が

 ここは 家庭と いったから

 ここ(施設)は 家庭


 昔、知り合いのやくざが言ったことがあるの。

 親分が白いといったら、黒いカラスも白いんだ、と。

 家庭からきた子も、親分(職員)に丸め込まれているの。親分さえ自分に向いてくれれば、ここも悪い場所ではない、と…

 親分にとり、たくさんいるシノギの手段でしかなのに…ツルを持たない(措置満了)子分は、破門でしかないけど、親分さえ自分に向いてくれれば… 

| Maria | 2007/11/21 08:41 | URL | ≫ EDIT














http://escapeorgoodfight.blog85.fc2.com/tb.php/429-f6c875f7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。